admin

ホーチミンのバインミー事情とサイゴン発東京下北沢「バインミーバーバー」誕生物語とは

今、日本で人気急上昇のバインミー!バインミー(Bánh mì )とは、ベトナムの国民食です。フランスの影響もうけています。東京、下北沢「バインミーバーバー」のルーツであるサイゴン(ホーチミンシティ)のバインミー事情とバインミーバーバーの誕生物語をご紹介します。

詳細を表示 »

AR/VR業界スタートアップ企業のNextVRをAppleが買収

NextVRというスポーツをメインにVRのライブ配信を行なっているスタートアップ企業をAppleが買収しました。 AppleのCEOティム・クックはAR事業について好意的であると公表していましたが、2020年5月にVR事業にも強い一歩を踏み出しています。 AR/VR分野におけるApple社の狙いとはどのようなものでしょうか。

詳細を表示 »

オフショア開発はDX(デジタルトランスフォーメーション)活用

オフショア開発はDX(デジタルトランスフォーメーション)活用・推進の起爆剤!データとデジタル技術で新たな企業環境の対応とデジタル競争の勝者へ DX(デジタルトランスフォーメーション:Digital Transformation)によるビジネス活用を検討しているが、いまいち具体的な指針が見つからず困っていませんか?DXそれ自体は概念であり、デジタル技術とデータによって「各社に存在するDX可能な領域を言語化し解決する必要性」があります。そこで、DXの話題に触れながらどうやってDXへ企業対応していくべきかをお伝えします。

詳細を表示 »

発注者目線でオフショア開発の外注先選びのコツについて

海外へシステム開発を外注するオフショア開発という手法は知っているが、いまいちどう頼めばいいのか?どこに頼めばいいのか分からず二の足を踏んではいませんか?この記事では、オフショア開発の外注先IT企業を探す時の注意点・メリット・デメリットに触れながら、見極めるポイントについてお伝えします。良いIT企業の外注先を探したい担当者様はぜひご覧いただければ幸いです。

詳細を表示 »

オフショア開発における文化の違いを解消する手立てと考え方

ソフトウェア・システム開発におけるオフショア開発は「海外の企業」へ仕事を発注するため「リモートワーク(情報通信技術を通じた勤務体系)」が前提になります。そして、開発スキルと意欲・能力があり、労働コストが格段に低い外国人労働者へ業務委託する反面、コミュニケーションコストが高くなる傾向があります。 その為、オフショア開発企業はコミュニケーター(ブリッジSEのように意思疎通を図る職種)が相手国企業の「文化の違い」を理解した上でプロジェクトの成功へと尽力する必要性があります。そこで、この記事ではオフショア開発で生じやすい文化の違いについて触れながら、具体的な解決策についてお伝えします。

詳細を表示 »

世界の企業が導入しているVR研修の事例を紹介

世界の企業が導入しているVR研修の事例を紹介 VR(ヴァーチャルレアリィティ:仮想現実)の世界では、スタンドアローン型と呼ばれるVRヘッドセットが発売され、企業研修や教育現場でのアプリケーションが普及し始めています。 人手不足が叫ばれる中の複数店舗を持つフランチャイズチェーンなどでVR研修の導入が始まっています。全国に拠点を持つチェーン店のトレーナーは日々全国を東奔西走しながら激務をこなしています。

詳細を表示 »

オフショア開発 の課題点・問題点はなにか?

オフショア開発 の課題点・問題点はなにか?お互いの認識の食い違い(認識違い)を改善し続ける行動が重要 オフショア開発はエンジニア不足の解決ができる、低い開発コストである点が注目されています。 一方オフショア開発の課題は海外開発者へ仕事を任せた時に生じる「よく起こる認識違い」が主な原因になります。そこで、この記事ではオフショア開発で起きる「認識の食い違い:お互いの勘違い」に関する問題点に触れながら解決策についてお伝えします。オフショア開発で言及されやすい「コミュニケーションの課題」に関する具体的な事例・解決策(勘所)を知りたいご担当者様はご覧ください。

詳細を表示 »
お問い合わせ
お問い合わせ