オフショア

オフショア開発 の課題点・問題点はなにか?

オフショア開発 の課題点・問題点はなにか?お互いの認識の食い違い(認識違い)を改善し続ける行動が重要 オフショア開発はエンジニア不足の解決ができる、低い開発コストである点が注目されています。 一方オフショア開発の課題は海外開発者へ仕事を任せた時に生じる「よく起こる認識違い」が主な原因になります。そこで、この記事ではオフショア開発で起きる「認識の食い違い:お互いの勘違い」に関する問題点に触れながら解決策についてお伝えします。オフショア開発で言及されやすい「コミュニケーションの課題」に関する具体的な事例・解決策(勘所)を知りたいご担当者様はご覧ください。

詳細を表示 »

HoloLens2をつかったMRソリューションの事例紹介

マイクロソフトが2019年2月に「HoloLens 2」を発表して早1年が過ぎようとしています。 Mixed Reality(拡張現実、MR)が様々な活用をされ始めているのでいくつか事例をまとめました。今回は自動車業界、建設業界、コールセンター業界の事例の紹介です。 ONETECHでも既にベトナムに2台の「HoloLens 2」が到着していくつかアプリの開発を同時進行しています。「こんなこともできるんだ」などのインプットを増やして自社の業務に応用できないか検討してみてはいかがでしょうか。

詳細を表示 »

オフショア開発導入と企業選びのコツ

オフショア開発の導入を検討しているのに「頼れる企業」を探せずにお困りではありませんか? そこで、この記事では「オフショア開発の導入する前に知るべき事柄」に触れながら、オフショア開発で企業選びをする上で失敗しない方法と考えをお伝えします。オフショア開発で最も大事にしたい「信頼と情熱」を持って、開発業務に取り組む会社を通じて、業務課題を解決させる秘訣をお求めのご担当者様はぜひご覧ください。

詳細を表示 »

インフラ業界でAR(拡張現実)の業務へ応用が進展

様々な業界で活用が期待されているAR(拡張現実)技術が現在どのようなシーンで使われているか気になりませんか? インフラ業界ではすでにARの導入が進んでおり、従業員や製品の安全性や業務効率、顧客満足の向上に活かされています。 自社の業務に応用できないか検討してみてはいかがでしょうか。

詳細を表示 »

オフショア開発 の重要性

オフショア開発は海外のいる技術者たちへ仕事を頼む手法になるため、コストメリットがある反面、問題点や失敗事例などが多数あります。そのため、オフショア開発を頼むことへ不安を感じる担当者の方もいるのではないでしょうか?そこで、この記事ではオフショア開発を行う企業の改善事例をお伝えしながら、どのように現場が改善をし続けているかをお伝えします。

詳細を表示 »

ラボ開発(ラボ契約)とは?請負契約との違いも徹底解説!

ラボ開発(ラボ契約)とは?請負契約との違いも徹底解説! 「ラボ開発ってどういう意味?オフショア開発と関係ある?」と疑問に思っている方はいませんか。 海外にチームを持てるオフショア開発は、開発する上でのリソースを海外に置くことによって、開発コストを大きく抑えることが可能です。 そんなオフショア開発の中の契約形態の1つにラボ型開発(ラボ型契約)があります。 この記事では、ラボ開発とは具体的に何を指しているのかに加えて、メリット・デメリットについても詳しく解説していきます。

詳細を表示 »

AR/VRエンジニアの人気は前年比14倍?!人気の理由と仕事内容!

近年AR/VRの技術は、ゲーム業界に留まらず、様々な業界で実験的に利用され始めています。 求人サイトの「Hired」が作成したソフトウェアエンジニアに関するレポートによると、2019年の1年間でAR/VRエンジニアの求人数は前年比の14倍にも伸びていたことが分かりました。 まだまだ発展途上の技術ではありますが、今後ますます需要は伸びていくと予想されており、将来的にも非常に明るい技術であると知られています。

詳細を表示 »

オフショア開発 の改善と現地開発の技術者たちとのコミュニケーションの重要性

オフショア開発は海外のいる技術者たちへ仕事を頼む手法になるため、コストメリットがある反面、問題点や失敗事例などが多数あります。そのため、オフショア開発を頼むことへ不安を感じる担当者の方もいるのではないでしょうか?そこで、この記事ではオフショア開発を行う企業の改善事例をお伝えしながら、どのように現場が改善をし続けているかをお伝えします。

詳細を表示 »

ベトナムでのオフショア開発の「しくじり」(失敗)から学んだ大事なこと

「ベトナムオフショア に興味はあるけど、コミュニケーションは大丈夫か心配」 「ベトナムでオフショア開発して、失敗したことがある」 ONETECHではベトナムオフショア開発を始めて5年目になります。正直申し上げますと期待していただいたお客様へご迷惑をおかけしたこともありました。この場をお借りしてお詫びいたします。しかしながら失敗したこと「しくじり」は日本サイドとベトナムサイドで必ず時間をかけて振り返っています。そして改善策を講じております。それはプロジェクト管理ルールやフォーマットとして開発者にも伝えて運用しております。

詳細を表示 »

ベトナムオフショア開発でMVP(実用最小限の製品)開発をして分かったこと

MVP(実用最小限の製品)とはなにか?自社に適した必要最小限の機能を持つ製品・サービスを開発するための概念 MVP(実用最小限の製品:Minimum Viable Product)という概念に基づき、プロダクトを顧客へ提供するための具体的な企業活動が、どんなものか疑問ではありませんか?そこで、この記事ではMVPについて触れながらクライアントと対話を続けながら必要最小限の機能を持つモックアップを作り上げる考え方・手法についてお伝えします。私たちもベトナムオフショア開発のラボ型開発である企業様とこの概念を共有し実用最小限の製品を開発し、クライアントの営業がエンドクライアントへプレゼンテーションし、フィードバックがあり修正するということを実施しております。

詳細を表示 »

先端IT技術者が足りない!不足の原因や需要のある分野と対策を解説

ビッグデータやAI(人工知能)、IoTやロボットが私たちの生活のなかで当たり前に活用される時代が少しずつ始まっています。先端IT技術を正しく使用するには、技術の構築や管理を行うIT技術者が必要です。ところが、近年の先端IT技術の拡充に伴い、先端IT技術者が不足してしまっています。 ここでは、先端IT技術者が足りない背景にある原因と今不足している職種、需要のある分野を解説します。IT技術者不足への対策方法についても紹介していますので、まさに先端IT技術者不足に直面している状況の人も、ぜひ参考にしてください。

詳細を表示 »

DevOpsとはなにか?開発手法のメリットや実現方法を解説

「システム開発の効率をさらに高めたい」 「DevOpsの実現方法が気になる」 合理的な開発手法と便利なツールにより、素早くシステムを開発する方法がDevOpsです。信頼性や拡張性などDevOpsにはさまざまなメリットがあり、手法を導入する会社は増加傾向です。 本記事ではシステム開発を効率化したい人に向けてDevOpsのメリットや実現方法を解説します。

詳細を表示 »
お問い合わせ
お問い合わせ