オフショア

ARアプリを作成しよう【前編】

AR/VRは「Unity」と呼ばれるゲームエンジンを使って、開発します。この記事ではUnity上で実際にARアプリを作成するための準備についてまとめました。今回は「Vuforia」というSDKを利用して、ARアプリを作成します。Vuforiaのアカウント作成からARアプリ開発に必要なDevelopmet Keyの作成方法、Target(マーカー)の登録方法をまとめています。ぜひ参考にしてください。

詳細を表示 »

【外国人人材活用】 ベトナムオフショア開発拠点作り支援

昨年より一定期間ITエンジニアをアサインするラボ型開発と受託開発を採用していただいておりました。昨年はベトナム人エンジニア採用面接会に参加していただきました。また昨年には駐在員事務所の設立も弊社がお手伝いして完了しています。さらに次の一手として今回ベトナムでのオフショア開発拠点作りとして「ホーチミントップ大学ベトナム人ITエンジニア採用面接会」に参加していただきました。2020年に10名のエンジニア採用を目指して5月にも「UIT大学ジョブフェア採用面接会」にもエントリーされています。

詳細を表示 »

【2020年最新】「はじめてのオフショア開発入門セミナー」導入から注意点まで内容を全て公開

海外へシステム開発やアプリ開発をアウトソーシングすることをオフショア開発と呼びます。オフショア開発することで「開発コストの削減」日本で不足する「エンジニアの確保」という利点があります。一方ではじめてオフショア開発をするには、海外のエンジニアとどのようにコミュニケーションするのか、どの国に発注すれば良いのか、など多くの疑問があると思います。 今回は、はじめてオフショア開発を導入する方へ向けての入門セミナーの内容を全て公開します。

詳細を表示 »

日本で働きベトナムでエンジニアを採用してわかった「優秀なエンジニア」の特徴とは

「ベトナムエンジニアの特徴は」 「ベトナムで外国人エンジニアを採用するには」 「ベトナム人エンジニアと一緒に働くには」 日本でベトナム人を採用することを検討している企業、ベトナムでオフショア開発を検討している企業、急にベトナム人と一緒に働くことになった方、ベトナムに進出して開発拠点を作ろうとしている企業の採用担当者にむけてベトナム人エンジニアの特徴をお伝えします。 日本で働き、ベトナムで起業してシステム開発会社を経営している社長がエンジニアを採用してわかった評価の高いエンジニアつまり「優秀なエンジニア」とはどのような特徴があるか、ベトナム人エンジニアの課題は何か、を知ることにより外国人エンジニアとの接し方のについて言及します。

詳細を表示 »

オフショア開発はDX(デジタルトランスフォーメーション)活用

オフショア開発はDX(デジタルトランスフォーメーション)活用・推進の起爆剤!データとデジタル技術で新たな企業環境の対応とデジタル競争の勝者へ DX(デジタルトランスフォーメーション:Digital Transformation)によるビジネス活用を検討しているが、いまいち具体的な指針が見つからず困っていませんか?DXそれ自体は概念であり、デジタル技術とデータによって「各社に存在するDX可能な領域を言語化し解決する必要性」があります。そこで、DXの話題に触れながらどうやってDXへ企業対応していくべきかをお伝えします。

詳細を表示 »

発注者目線でオフショア開発の外注先選びのコツについて

海外へシステム開発を外注するオフショア開発という手法は知っているが、いまいちどう頼めばいいのか?どこに頼めばいいのか分からず二の足を踏んではいませんか?この記事では、オフショア開発の外注先IT企業を探す時の注意点・メリット・デメリットに触れながら、見極めるポイントについてお伝えします。良いIT企業の外注先を探したい担当者様はぜひご覧いただければ幸いです。

詳細を表示 »

オフショア開発における文化の違いを解消する手立てと考え方

ソフトウェア・システム開発におけるオフショア開発は「海外の企業」へ仕事を発注するため「リモートワーク(情報通信技術を通じた勤務体系)」が前提になります。そして、開発スキルと意欲・能力があり、労働コストが格段に低い外国人労働者へ業務委託する反面、コミュニケーションコストが高くなる傾向があります。 その為、オフショア開発企業はコミュニケーター(ブリッジSEのように意思疎通を図る職種)が相手国企業の「文化の違い」を理解した上でプロジェクトの成功へと尽力する必要性があります。そこで、この記事ではオフショア開発で生じやすい文化の違いについて触れながら、具体的な解決策についてお伝えします。

詳細を表示 »

オフショア開発 の課題点・問題点はなにか?

オフショア開発 の課題点・問題点はなにか?お互いの認識の食い違い(認識違い)を改善し続ける行動が重要 オフショア開発はエンジニア不足の解決ができる、低い開発コストである点が注目されています。 一方オフショア開発の課題は海外開発者へ仕事を任せた時に生じる「よく起こる認識違い」が主な原因になります。そこで、この記事ではオフショア開発で起きる「認識の食い違い:お互いの勘違い」に関する問題点に触れながら解決策についてお伝えします。オフショア開発で言及されやすい「コミュニケーションの課題」に関する具体的な事例・解決策(勘所)を知りたいご担当者様はご覧ください。

詳細を表示 »
お問い合わせ
お問い合わせ