ベトナムでオフショア開発 | 信頼第一のONETECH

Icon Serviceベトナムでオフショア開発 | 信頼第一のONETECH

■ オフショア開発とは

海外で活動しているIT企業に開発業務を委託(アウトソーシング)して、アプリやシステムを制作する方法がオフショア開発(オフショアリング)です。一般的にインドやベトナムといった人件費の安い国でオフショア開発を実施します。

日本では少子化による人手不足が続き、ITスキルをもつエンジニアは少ないです。企業は海外の企業にアウトソーシングをするつまりオフショア開発することで人材を確保でき、安定して開発を続けられるメリットがあります。

 ONETECHのベトナムオフショア開発

 

■ ベトナムのオフショア開発事情

ベトナムにおけるITエンジニアの月単価の相場は1人当たり25万円から40万円です。日本のITエンジニアに比べて月単価の相場が半分以下であり、人件費を削減するのにオフショア開発は役立ちます。
インターネットやスマートフォンの普及により、ベトナムではIT産業の規模が急激に拡大しています。
ベトナムにおけるIT開発によると、IT産業における2010年の総売上が約76億USDであるのに対し、2016年には約500億USDを達成。
オフショア開発を実施する企業も過去10年間で増えています。

 

■ ベトナムオフショア開発が注目を集める理由

「わざわざベトナムで開発する意味ってあるの?」と思う人は中にはいるでしょう。人件費の削減や人材の確保以外にも、ベトナムでオフショア開発することには次のような魅力があります。

コストメリット

豊富なエンジニアの人材の供給

親日国家という背景と日本語人材の多さ

ITシステムの開発や運用管理など海外に委託(アウトソーシング)するオフショアは、圧倒的なコストメリットが特徴です。
現在オフショアのトレンドではコストメリットが出にくくなってしまった中国に変わりベトナムが注目されています。

どの国でオフショア開発すべき?国別の特徴や動向を解説

ベトナムでオフショア開発するには?注目を集める理由と注意点

ONETECH ASIAでベトナムのオフショア開発を選択する理由

 

概ね日本国内のベンダーと比較し30%〜50%のコスト削減効果が見込めます。
ベトナムにおけるITエンジニアの給与の相場は2019年現在、新卒で$600ほどとなっています。
日本のITエンジニアに比べて月の給与も半分以下であり、人件費を削減するのにオフショア開発は役立ちます。
ベトナムではIT分野に進む外資系企業に対して、4年間もの免税期間を用意しています。
また、4年経過した後には9年間も法人税が減額されて、コストが大きく下がるのが利点です。
2点目としてベトナムは今まさに人口ボーナス期であり、平均年齢は約28歳と若く、今後人口も1億人を突破すると見られていています。
そしてベトナムにはIT人材を育成するための教育機関が多く、実力のあるエンジニアが増えているのもポイント。
国がIT産業をサポートすることでベトナムは世界から注目を集めています。

三つ目として日本語人材の多さが挙げられます。近年では日本に来るベトナム人も過去最高になり労働者だけでなく観光客も増加しています。
またベトナムに進出する日系企業も様々な分野で増えています。ベトナムへの投資国は日本が2番目となっています。
ベトナムに行く観光客も増えています。政府も外遊先の優先国としてベトナムに注力しています。
官民ともベトナムに注力し、ベトナム国内には日本語を教える教育機関も増え続けています。

 

■ ONETECHのベトナムオフショア開発

ONETECHはホーチミンシティに拠点を持ち、日本企業様向けに要件定義から設計・製造・テストまでの一連の業務(システムインテグレーター業務)を受託しております。
ONETECHはベトナムオフショア開発12年以上の経験のある日本人とベトナム人3名が設立したITカンパニーです。

オフショア開発は安いだけではなく、クライアント様の期待を超える品質を目指し日々努力を積み重ねています。
徹底的にコミュニケーションを図ることにより品質・納期を遵守し日本と変わらない開発体制を構築しております。

数百名体制の大規模プロジェクトから、数名体制の小規模プロジェクト、スマホアプリやオープン系から 汎用機、組み込み系までありとあらゆるタイプのプロジェクトに応じることが可能です。

ONETECHのベトナムオフショア開発

 

■ ベトナムオフショア開発のデメリット

反面、オフショア開発課題としてコミュニケーション、マネジメントの問題により品質に問題が生じ 日本で開発するよりかえって高くなってしまったケースも見受けられます。
ベトナムのオフショア開発は、劇的な勢いで増えていますが、それにともないベトナムオフショア開発デメリットがいくつか浮き彫りにされています。
現在ベトナムオフショア開発デメリットとして上げられているのは以下などが挙げられます。

 1.コミュニケーションの問題で、高品質なシステム開発を担保できない

 2.単発で小さな案件の場合、コストメリットができない場合がある

 3.設計書(仕様書)の手間や、進捗管理などに時間がかかりすぎる

 

■ ベトナムオフショア開発の成功のコツ

これからシステムをオフショア開発したい企業が注意すべきポイントは次の2つです。

  1. 開発状況を定期的にチェック
  2. 的確にコミュニケーションする

それぞれの注意点について詳しく見てみましょう。

ベトナムにはプライベートを重視する文化があり、仕事に没頭するエンジニアは少ない傾向です。
開発を丸投げしていると思うようにプロジェクトが進まず、失敗する可能性が高くなります。
スケジュール通りに開発を進めるためには、定期的な会議や現地を訪問して状況をチェックすることがオススメです。
プロジェクトの担当者が確認することで進捗が分かり、問題点を改善しやすくなります。

またオフショア開発で一番注意すべきポイントは的確なコミュニケーションです。
エンジニアとのコミュニケーションが不足してしまうと、意図したことが伝わらずに問題が増える場合があります。
なるべく曖昧な言葉を使わずに、高い頻度で開発側とコミュニケーションすることが成功のコツです。

外国人とのコミュニケーションで注意!日本語で話すときのコツ

 

■ ONETECHのベトナムオフショア開発のつよみ

オフショア開発の課題のほとんどはコミュニケーション、マネジメントによるものです。
弊社では日本のIT企業において10年以上在住しての勤務実績のあるベトナム人BSE(ブリッジSE)が在籍し、すべて日本語でお客様の対応を進めます。
また日本人コンサルタントがお客様へご訪問し、課題や解決方法を一緒にご相談しながら進めていくスタイルです。
徹底的にコミュニケーションを図ることにより品質・納期を遵守し日本と変わらない開発体制を構築しております。
2015年から本格稼働して50社以上の上場企業や中小企業の日本企業様とお取引をし、200以上のプロダクトを納品、プロジェクトの成功を実現しております。

ONETECHのベトナムオフショア開発のつよみ

 

ONETECHのベトナムオフショア開発のかたち

※1 受託開発

原則、仕様書をいただき、それをもとにウォーターフォール方式で下記の工程で進めます。    
・設計(基本設計、詳細設計)    
・コーディング    
・機能テスト(単体テスト、結合テスト、総合テスト)    
・非機能テスト(セキュリティーテスト、性能テスト、ロングランテスト) ※費用対効果を相談しながら任意で実施

企画、要件定義から設計・製造・テストまでの一連の業務(システムインテグレーター業務)をサポートすることも可能です。
その際は日本側の担当者が請け負います。見積もり時点で工程ごとの工数を算出します。

ソフトウェア開発工程モデル

※2 ラボ型開発

柔軟性の高い御社向けのエンジニアチームをベトナムオフショアで提供するイメージです。
準委任契約として一定期間クライアント様のご要望のブリッジ、エンジニア、テスターの体制を提供します。
アジャイル方式の開発の場合や、チームで似通ったプログラムの複数の案件を開発する場合、保守、運用のプロジェクトの場合、PoC開発、MVP開発、モック開発などにお勧めしております。
御社側でプロジェクト管理者をたてていただきます。

※3 日本常駐対応

最近成功しているのが、短期的、長期的に弊社エンジニアが日本のクライアント事務所で常駐してノーハウや要求を理解して開発、もしくはベトナムオフショアのブリッジの役目をするスタイルが成功しております。こちらもラボ開発同様、アジャイル方式の開発の場合や、チームで似通ったプログラムの複数の案件を開発する場合、保守、運用のプロジェクトの場合、PoC開発、MVP開発、モック開発などにお勧めしております。

 

■ ONETECHのベトナムオフショア開発の体制

管理体制

 ONETECHのベトナムオフショア開発の体制

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロジェクトマネジメントに関するPMBOK® (Project Management Body of Knowledge) ガイド に基づいて社内で実施しております。

Nguyen Hong Anh Tuan Project Management Body of Knowledge Certificate 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セキュリティマネジメント

ONETECHのセキュリティポリシーおよび情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に準拠して事業リスク管理、情報セキュリティの確立、導入、運用、監視、見直し、維持および改善(PDCA)をしております。

情報セキュリティコントロール項目

  • セキュリティポリシー
  • 情報セキュリティ組織
  • 資産管理
  • 人事管理
  • 物理的、および環境的セキュリティ
  • コミュニケーション、およびオペレーション管理
  • アクセス制御
  • 情報システムの取得、開発、および保守
  • 情報セキュリティインシデント管理
  • 事業継続管理
  • コンプライアンス

オフィス環境

  • 指紋認証による入退管理
  • クリーンデスク運動による書類管理を徹底

開発機器管理

  • 開発サーバ専用ルーム管理
  • サーバ/PCのHDDの暗号化
  • BIOS、OS等の各種パスワード管理(ノートPCは指紋認証)
  • 開発PCの社外持ち出し禁止(ワイヤーロック管理)

プロジェクト管理ツール

オフショア開発のプロジェクト管理ならびにプロジェクト状況に関して、お客様とのコミュニケーションを効率的に運用するため、以下のプロジェクト管理ツールを活用し、プロジェクトマネジメントを実施します。
お客様の環境やセキュリティポリシー、費用対効果等をご相談しプロジェクトが最も効率的に進行するための最適なツールで対応可能です。

ONETECHツール:PMSシステム(Project Management System)

  • Redmine
  • Github
  • email
  • Chatwork
  • Skype 

 

■ ONETECHのベトナムオフショア開発の対応範囲

対応システム  

VR/AR/MRアプリケーション

・ Hololens(1,2) アプリ開発、AR/VR/MR開発

・ Oculus/HTC VIVEアプリ開発

・ スマホ向けVR/ARアプリ開発

・ ブラウザ向けVR/ARアプリ開発

・ nReal、各種スマートグラス 向けAR /MR開発

・ Kinectアプリ開発

・ AI・人工知能・ディープラーニング開発

CG/CAD制作

・ 3DCG制作、モデリング、レンダリング、モーション、テクスチャリング

・ デザイン、画像処理

・ 3DCAD制作

Web制作・Webデザイン

・ ウェブサイト制作・デザイン

・ スマートフォン・モバイルサイト制作

・ ECサイト・ネットショップ構築・運用

・ 運営・更新・保守・SNS運用

Web・システム開発

・ Webシステム開発・プログラミング

 ・ ソフトウェア・業務システム開発

 ・ Windowsアプリケーション開発

 ・ Macアプリケーション開発

その他

・ ゲーム制作・開発

・ サーバー・ネットワーク構築

・ データベース設計・構築

・ ハードウェア設計・IoT開発

・ その他(システム開発)

 ・ 株・FX・仮想通貨ツール開発

・ スクレイピング・データ収集

スマホアプリ・モバイル開発

・ iPhoneアプリ・iPadアプリ開発

・ iPhoneゲーム開発

・ Androidアプリ開発

・ Androidゲーム開発

・アプリケーション開発

・ Facebookアプリ開発

運用・管理・保守

・システム管理・保守・運用

・サーバー管理・保守

・セキュリティ攻撃対策

・テスト・デバック・検証・品質評価

・データクレンジング

業務システム・ツール開発

・顧客管理・CRMシステム開発

・Salesforce・SFAシステム開発

・受発注システム開発

・予約システム開発

・勤怠管理システムの開発

 

対応技術

 ✦ サーバー系 : Windows Server, Linux,  Ubuntu,...

 ✦ クラウド系 :AWS, Windows Azure,...

 ✦ 開発言語

  • オープン系 :Python, Java Hibernate/Spring, C, C++, PHP Lavarel,HTML,..
  • Windows系 :Visual Studio, Visual Studio.Net, Unity
  • サーバー系 :Nodejs, ShellScript,bash,...
  • AI系 :Python,R

 ✦  データベース  

  • Windows系 :SQL Server, Oracle,...
  • オープン系 :MySql, Posgrest...  

  ✦ マイグレーション

  • Windowsアップグレード
  • データベース:

     ・ バージョンアップ:SQL Server, Oracle,...

     ・ 載せ換え :SQL Server → MySQLヘ、 Oracle → SQLServerヘ

 

■ ONETECHのベトナムオフショア開発の日本語能力

 日本語レベルに合わせ毎週3回日本語クラスを開講

 日本語検定取得推奨(報奨金制度あり)

 75%が日本語検定を取得済み

 グループ会社GROWUP※の「日本語ビジネスマナー講習」参加
 ※GROWUP JVは日本ビジネス能力認定協会のベトナム代理店です。

ラボ型開発

 ラボ型開発は、半年間以上で承っております。

プログラマー (PG)

PG経験2年以上

20 万円

3名以上のチームリーダー経験者

23 万円

ブリッジシステムエンジニア(BSE)

PM経験(3年以上)

40 万円

BSE経験3年以上/日本での実務経験3年以上

40 万円

BSE経験5年以上/日本での実務経験5年以上

50 万円

 

1) 業務システムとは
2) 業務システム開発の要件定義で大切なこと
3) 業務システム開発の提案依頼書(RFP)・要求定義・要件定義の違いとは
4) 業務システム開発で使われる開発言語
5) 業務システム開発の手法
6) 業務システム開発の工程
7) 業務システム開発の見積もり方法
8) 業務システム開発の外部設計と内部設計
9) 業務システム開発の単体テストと結合テストと総合テスト
10) 業務システム開発の運用テスト
11) 業務システム開発のリリースと運用保守
12) 業務システム開発の略語と英語

 

 

お問い合わせ

お問い合わせ