Top / 開発実績 / AR/VR/MR 開発 / 2016年VR元年に開発したオリジナルVR動画視聴アプリ

2016年VR元年に開発したオリジナルVR動画視聴アプリ

2016年VR元年に開発したオリジナルVR動画視聴アプリ
Data
内容

2016年VR元年に開発したオリジナルVR動画視聴アプリ

放送局の作成したオリジナルVRコンテンツが視聴できるiOS/Andoroid向けスマートフォン用アプリの開発しました。

独自のVR動画コンテンツを、専用のアプリで視聴することで、通常の動画とは異なる非常に臨場感あるリアルな映像を体験することができるサービスです。

無料で手軽にVR(バーチャルリアリティ)を体験できます。
Unityで開発しました。

 

オリジナルVR動画視聴アプリの特徴

クライアントはサーバ経由でVR動画のアップロードができます。

ユーザーは、アプリのVR動画一覧からVR動画をダウンロードして視聴することが可能です。

汎用的な設計ですのでプラットフォームとして利用できます。

  • まざまなカテゴリーの360°動画や画像をお楽しみいただけます。
  • スポーツ、音楽、ゲーム、世界の絶景、ファンタジー、、
  • ハンズフリーでコントロール可能です。
  • 360°動画や画像を簡単に切り替えることができます。
  • 動画や画像を検索できます。
  • お気に入りに動画や画像を登録できます。
  • 視聴履歴が確認できます。
  • 360°動画や画像などのコンテンツは随時更新されます。
  • 操作がとても簡単です。

スマートフォンをGear 360 VR, Google CardboardやVRヘッドセットに装着すると様々な360°動画や画像をお楽しみいただけます。

近年は、スマートフォンなどモバイルの分野でも、超高速・大容量の通信ができる技術が次々と進化しつつあります。それと並行するように、膨大で迅速な情報処理が必要となるVRやAR(拡張現実)といった次世代の高度な視覚技術も、さまざまな分野で実用化が始まっています。

 

AR/VR/MR開発

AR/VR/MR開発は2015年より取り組んでおります。UNITYの技術者育成に力を入れて取り組んでいます。HoloLens/Oculus/HTC VIVE/Nreal Lightなど最新のデバイスも取り揃えています。

フロントエンド、バックエンド、サーバサイドの開発も一括して受けられます。
AR/VR/MRアプリ開発、AI開発、3DCG制作HoloLensアプリ開発に興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

実績一覧

バーチャル空間で実際にオフィスにいるかのように、VR空間上で会議や共同作業をします。 TapStrap(タップストラップ)をつかったタッチタイピングも可能です。 VRバーチャルオフィスアプリを開発しました。Oculus Questに対応しています。

橋梁やトンネルなどの保守点検業務のDX(デジタルトランスフォーメーション)のための研究開発案件です。点検履歴は通常設計図に補修箇所や補修箇所の情報を手書きで書き込んで残しています。今回はまず紙データの点検履歴をデータ化します。そしてホロレンズ上で点検履歴を現物と照査してAR表示する研究開発を実施しました。

デジタルツインの活用として、本アプリは作業者と遠隔地にいるエキスパートとリアルタイムで作業の状況を共有することができます。今回のアップデートでARマニュアル機能と、セブンセグメントのデジタル数値を認識する機能をアップデートしました。

ウィズコロナ時代のニューノーマル非接触型コミュニケーションとして期待されているVR会議システム、VRオフィスシステム。2020年7月のセミナーで披露しましたが、非常にお問い合わせが多く9月に再度バージョンアップを行いました。

2016年7月ベトナム広告制作会社様の駐在員事務所の設立をしました。弊社代表のグエンラムタオが現地責任者となりました。この広告制作会社様はWEB開発、アプリ開発を多く手掛けています。特に最近はxR分野に力を入れている会社です。日本の地方都市に会社があり、エンジニアの人材不足に課題を持っておりました。