Top / 開発実績 / AR/VR/MR 開発 / [Oculus Quest]企業の研修コスト削減!飲食チェーン接客トレーニングVRアプリ開発

[Oculus Quest]企業の研修コスト削減!飲食チェーン接客トレーニングVRアプリ開発

[Oculus Quest]企業の研修コスト削減!飲食チェーン接客トレーニングVRアプリ開発
公開の場合:制作物の画像です。
Data
内容

■企業の研修コスト削減!飲食チェーン接客トレーニングVRアプリ開発

Oculus Questで飲食業の従業員向けの接客トレーニングVRアプリの開発
VR(バーチャルリアリティ:仮想現実)コンテンツとVRアプリ開発を行いました。
新人やアルバイトの従業員がOculus QuestのHMDを装着して
飲食店にお客様が来客してからお会計までのトレーニングのシミュレーションができます。

■研修やトレーニングのコストがクライアントの課題

最近の飲食店では人手不足により新人研修や外国人労働者への対応が課題となっています。
研修やトレーニングは、事前の準備や片付けに多くのコストがかかることや
危険性の高い業務などは説明のみでは身につかないなど課題がありました。

■トレーニングVRアプリの特徴

ゲームのようなVR空間で一連の流れが体験可能
VRトレーニングでは、再現が難しいトラブル対応など状況でも再現できます。
お客様への対処法など特別な状況もVRで学習
Oculu Questのスタンドアローン型HMDでPCがなくてもVRが可能
VRヘッドマウントディスプレイのOculus Questはスタンドアローン型VRデバイスです。
独立型VRデバイスの為、高スペックPCは不要です。
Oculus Questは価格も抑えられているので効率の良い研修が可能になりました。
初心者の方でも始めやすく、トレーニングデバイスとしてこれから需要が多くなると思われます。

・多言語対応で外国人アルバイト従業員にも対応

数カ国語の多言語対応で近年増加している外国人アルバイト従業員のトレーニングも可能です。
またトレーナーと通訳などが全国に行脚していたコストが削減できます。

・VR研修でコスト削減とトレーニング品質の標準化

いままでは、トレーナーや通訳者が全国に出張して研修していました。アルバイトの勤続期間は長くはないので定期的に出張が必要です。このコストがVRトレーニングアプリによって大幅に削減可能です。
また、トレーナーのトレーニングの標準化も可能です。

・UNITYで開発しマルチデバイスに汎用的に対応

UNITYで開発していますので、様々なデバイスにアウトプットも可能です。

■開発期間

開発期間
2020年3月から2020年4月
開発規模
3人月

■対応範囲

課題のヒヤリング

企画書をご提供いただき対応方針をサポート

要件定義

コンテンツのシナリオ含めて要件定義はクライアント様にて対応いただきました

基本設計・詳細設計

クライアント様が外部設計書を作成し、内部設計をベトナムオフショア側で対応しました。

コーディング

Unityで開発

システムテスト

単体テスト、結合テストをしました。

受入テスト

クライアント様にて対応。

■対応技術

UNITY

■今後のアップデート

今後も研修トレーニングのコンテンツを追加していく予定でございます。

■トレーニングVRアプリと類似実績

トレーニング用プラント運転訓練シミュレータVRアプリ開発
外部シミュレーションソフトと連動したメータ機器を操作できるトレーニングVRアプリ

ONETECHはUNITYでAR/VRアプリの開発

AR/VR/MR開発は2015年より取り組んでおります。UNITYの技術者育成に力を入れて取り組んでいます。HoloLens/Oculus/HTC VIVE/Nreal Lightなど最新のデバイスも取り揃えています。

フロントエンド、バックエンド、サーバサイドの開発も一括して受けられます。
AR/VR/MRアプリ開発、AI開発、3DCG制作HoloLensアプリ開発に興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

 

実績一覧

ウィズコロナ時代のニューノーマル非接触型コミュニケーションとして期待されているVR会議システム、VRオフィスシステム。2020年7月のセミナーで披露しましたが、非常にお問い合わせが多く9月に再度バージョンアップを行いました。

物流業向けにデジタル模型で投影、3Dホログラムで表現するHoloLens(ホロレンズ)アプリを開発。

iOSのFace Traking with ARkitの機能を使いスマホアプリのカメラで人の顔を認識します。 実際の顔に自動的に3Dアニメーションを被せてAR(オーグメンテッドリアリティ:拡張現実)表示させることができるアプリです。

YoloフレームワークとOpenCVを利用して、物体や文字を画像認識で読み取る。データによる情報表示、サーバー側にデータ格納。ホロレンズ(HoloLens)MR業務効率化支援アプリ。

ホロレンズ2でMR業務支援システムを制作。作業の手順がARガイドとして表示。IoTデバイスと連携してデバイス情報と作業結果の情報をホロレンスアプリで保存します。