Home / 開発実績 / XR(AR/VR/MR) / UNITYで開発。産業用ロボットをVRアプリでコントロール

UNITYで開発。産業用ロボットをVRアプリでコントロール

UNITYで開発。産業用ロボットをVRアプリでコントロール
UNITYで開発。産業用ロボットをVRアプリでコントロール
data
内容

UNITY開発。産業用ロボットをVRアプリでコントロール

このアプリケーションは、ある工場で産業用ロボットの操作を実行する前にトレーニングの目的で使用します。VRのトレーニングを通じて技術的な把握を深め、実際の機器で作業する際のリスクを軽減します。UNITYでVRアプリを開発しました。

VRコントロールアプリは下記の2つの主な機能を備えたVR(Oculus Quest)デバイスで実行されるソフトウェアアプリケーションです。

  1. Control(制御): ユーザーがロボットを自由に制御して、部屋のオブジェクトと対話できます。
  2. Guide(ガイド): ロボットのシャットダウンプロセスの一連の手順をガイドします。

 

プロジェクトの目標

  • シミュレーション環境でRobot Armsモデルを利用してスタッフのトレーニングします。
  • スタッフが最小限のリスクでロボットと通信できるようにします。
  • スタッフ向けの操作プロセスをガイドします。

詳細は以下のブログでも紹介しています。

UNITYで開発。産業用ロボットをVRアプリでコントロール

アプリ開発の背景

最近FacebookがMetaと名前を変更してメタバースというキーワードが話題になっています。メタバースはビジネスの世界でも注目を集める存在なっています。また昨年よりテレイグジステンスというキーワードも浮上してきました。VR技術で遠隔操作をするという概念です。まずは今回、VRで産業用ロボットの操作トレーニングをするという目的ですが、将来はテレイグジステンスのような使い方を想定しています。

VRで遠隔存在?テレイグジスタンスの機能とは

VR(仮想現実)は、現実には存在しない空間を体験するための技術として進歩してきましたが、今日ではこの方向性とは少し異なる運用方法も注目されています。 VR技術を使ったテレイグジスタンスは、仮想空間ではなく実在する場所を遠隔から体験し、まるでそこへ本当に足を踏み入れたような感覚を提供してくれる技術です。 今回はテレイグジスタンスの概要について、ご紹介します。

 

対象の産業用ロボット

小型・超速ロボット MZ04/MZ04E

 

■開発期間

開発期間
2021年4月から2021年7月
開発規模
4人月

■対応範囲

課題のヒヤリング
対応内容をご提供いただき仕様把握

要件定義
クライアント様にて定義

基本設計・詳細設計
サーバー設計については弊社にてヒアリングしながら対応

コーディング
UNITYで開発

環境構築
サーバーをご提供いただきデータベース・サーバー構築

システムテスト
単体テスト・結合テスト

受入テスト
クライアント様が担当

システム保守・運用
対応なし

■対応技術

  • Unity Engine
  • Oculus SDK
  • CCD IK

■類似実績

スマホ(Android/iphone)で手軽にVR動画を楽しめる動画再生アプリを開発しました。VR動画と2D動画の両方で学べる美容業界の教育動画サービスとなります。VR動画を立体的に見る為の、VR用の再生アプリとなります。

 

ONETECHは、業務システムを始めさまざまなシステム開発アプリ開発ソフトウェア開発ベトナム オフショアで開発しています。

実績一覧

ホロレンズ、スマホで工作機械の起動手順、保守点検作業をARでガイドします。定期的な保守点検作業では作業記録を本アプリで記録して本部に送付することで業務効率化が実現できます。ポイントは、任意のARガイドの設定ができるので汎用性の高いシステムになっています。UNITYで制作しました。

ONETECHはベトナムでVR(バーチャルリアリティ:仮想現実)空間でアバターでコミュニケーションができるバーチャルオフィスシステムを開発しています。 今回のアップデートで、実際のオフィスのようにエントランスからロビーを通り会議室に入室して会議ができるように更新しました。

お客様が該当の商品を購入して、パッケージを専用ARアプリで読み取ると人気アーティストのオリジナル動画が流れます。スマホアプリ(iOS/Andoroid) 自分の部屋の中で人気アーティストのパフォーマンスをARとして見ることができます。

本件は2017年に弊社が作成してリリースされたVRアプリの改修です。 UNITYのバージョンアップ、Google Cardboard SDKのバージョンアップ、UIの修正などを実施しました。 VR元年に大変話題になったVRアプリの改修です。

好きなキャラクターや3DアバターがARで出現して、一緒に撮影できるARアプリを開発しました。 ARで表示したアバターは、小さくしたり大きくしたり自由に変形することできます。 アバターごとに個別のモーションを実装し、好きなキャラクターで様々なシチュエーションで撮影することができます。 自動で月額課金するアプリ内課金のサブスクリプションも実装しました。

無料相談
お問い合わせ