Home / 開発実績 / AR/VR/MR 開発 / ARkitでつくってみたスマホシューティングゲーム(R&D)

ARkitでつくってみたスマホシューティングゲーム(R&D)

data
内容

ARkitを研究開発してみたARアプリ「AR GALAXY FIGHTING」

2017年にARkitが発表されすぐにベトナムエンジニアが企画して作りました。ONETECHでは定期的にR&Dで新しい技術に常に挑戦しています。

ARkitとは

ARKitは、Appleが提供する開発者向けのARフレームワークです。アップルがiOS端末でAR機能を実現するために、開発者向けに提供しているのがARKitです。ARkitによって専用機器を使わなくても、iPhoneやiPadのカメラで手軽にARアプリを利用できます。バージョンアップに伴って機能は改善されていき、WWDC2019ではARKit3の機能やツールが公開されました。物体を置いたイメージを実現するだけでなく、現実世界にCGを重ねられるのが特徴です。また異なる端末同士でもリアルタイムにAR空間情報を共有することが可能になります。

 

AR GALAXY FIGHTINGの特徴

AR GALAXY FIGHTINGを起動したスマホを空にかざすと空からUFOがあなたを襲ってきます。
あなたは未確認物体をスマホに搭載されたガンで撃ち落とさなければいけません。

 

実績一覧

スマホ(Android/iphone)で手軽にVR動画を楽しめる動画再生アプリを開発しました。VR動画と2D動画の両方で学べる美容業界の教育動画サービスとなります。VR動画を立体的に見る為の、VR用の再生アプリとなります。

スマホアプリで商品パッケージをARフレームワークのVuforiaで読み取り、ARコンテンツ動画が楽しめます。 iPhone/Androidのアプリを制作しました。ARコンテンツを利用した販売促進キャンペーンにAR(Augumented Reality:拡張現実)が活用された事例です。

製造業のエンドクライアントからの要望でホロレンズMR遠隔支援アプリを制作 製造現場の複数拠点から3Dモデルも共有しながらリアルタイム通話で打ち合わせを実施できます。 UNITYとAR Foundationを利用して開発しました。

ホロレンズ、スマホで工作機械の起動手順、保守点検作業をARでガイドします。定期的な保守点検作業では作業記録を本アプリで記録して本部に送付することで業務効率化が実現できます。ポイントは、任意のARガイドの設定ができるので汎用性の高いシステムになっています。UNITYで制作しました。

ONETECHはベトナムでVR(バーチャルリアリティ:仮想現実)空間でアバターでコミュニケーションができるバーチャルオフィスシステムを開発しています。 今回のアップデートで、実際のオフィスのようにエントランスからロビーを通り会議室に入室して会議ができるように更新しました。

無料相談
お問い合わせ