Top / 開発実績 / AR/VR/MR 開発 / 顔認識ARカメラアプリ_APIサーバー開発

顔認識ARカメラアプリ_APIサーバー開発

顔認識ARカメラアプリ_APIサーバー開発
Data
内容

ARアプリ開発内容

iPhoneのスマホアプリのカメラで人の顔を認識します。顔を自動的に3Dにしてアニメーションさせることができるアプリです。AR(オーグメンテッドリアリティ:拡張現実)表示も可能です。
開発内容としてはサーバーの環境構築を実行しました。
アプリから画像を取得しURL発行までのサーバー側のAPIを開発しました。
定期的に画像を削除するためのジョブ作成とスケジュール化も開発しました。

ONETECHのAI開発

今回はAPIの開発のみだったので顔認識のAI処理(人工知能)の実行はしませんでしたが、ONETECHはAIの研究開発に力を入れています。Yoloフレームワークを使用した、画像認識、顔認識、OCR、などは実績があります。Yoloは、”You only look once” の略で、リアルタイム画像認識を行うアルゴリズムです。 Yolo は  Darknet という C で書かれた機械学習フレームワークを使用して実装しています。またAIでの英文字処理は、英作文自動採点のためのAI(人工知能)システム開発を開発した実績もあります。

 

AR/VR/MR開発

AR/VR/MR開発は2015年より取り組んでおります。UNITYの技術者育成に力を入れて取り組んでいます。HoloLens/Oculus/HTC VIVE/Nreal Lightなど最新のデバイスも取り揃えています。

フロントエンド、バックエンド、サーバサイドの開発も一括して受けられます。
AR/VR/MRアプリ開発、AI開発、3DCG制作HoloLensアプリ開発に興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

実績一覧

外食チェーン店の接客トレーニング用にVRコンテンツとアプリ開発を行いました。

物流業向けにデジタル模型で投影、3Dホログラムで表現するHoloLens(ホロレンズ)アプリを開発。

AR(拡張現実)技術を使って、スマホのカメラに映し出された自分の部屋などの空間に、家具やインテリアの3D データを、実物大で配置することできるアプリを開発

マイクロソフトのホロレンズ2とIoTデバイスでの連携で MR(ミックスドリアリティ:複合現実)での業務支援を行います。

VRヘッドマウントディスプレイのHTC VIVEを使用し、実際の現場で起こりうる事故を仮想空間内で体験 できる危険体験シミュレーター