Home / 開発実績 / XR(AR/VR/MR) / 教育機関向け:複数のVRデバイスで360度動画を同時視聴アプリ開発

教育機関向け:複数のVRデバイスで360度動画を同時視聴アプリ開発

教育機関向け:複数のVRデバイスで360度動画を同時視聴アプリ開発
data
内容

■教育機関向け:複数のVRデバイスで360度動画同時視聴アプリ開発

デジタル活用教育推進に伴い、教育機関向けにVRアプリを開発しました。
複数のVRデバイスからアバターを選択して360度動画のVR空間に参加することができます。
ホストはVRコントローラーを操作して、動画の一時停止やポインターで空間の特定の位置を指し示しながら授業が可能です。
複数で同じ動画を同時視聴可能で授業を効率よく学ぶことができます。

■360度動画同時視聴アプリ開発

Virtual Reality(仮想現実:バーチャルリィアリティ)を活用した新しいスタイルの学習が実現することができます。
新しいスタイルの授業で、VR上で自分のアバターを選び、先生と生徒はリアルタイムで交流し、VR体験することが可能です。
機能
・ユーザー管理(名前入力)
・360度動画を同時視聴
・360度動画ルーム作成機能
・VR空間ルームでのマーカー、レーザーポインター機能
・動画の一時停止や再生再開の操作制御
・PICO G2(3DF)機器で実装
・動画管理(デバイス内に格納)

■サイト開発期間

開発期間
2021年12月から2022年3月
開発規模
4人月

■対応範囲

課題のヒヤリング
システム仕様要件書を提供いただき仕様把握

要件定義
クライアント様にて対応

基本設計・詳細設計
画面定義、コンテンツシナリオをクライアント様で対応
内部の開発仕様設計を弊社で対応

コーディング
UNITYアプリ開発
VRデバイスはPICO G2

システムテスト
単体テスト、結合テスト

受入テスト
クライアント様が担当

システム保守・運用
対応なし

■対応技術

UNITY

■今後のアップデート

医療や教育分野においてDX(デジタルトランスフォーメーション)が推進され、その一つのソリューションとしてVR/ARの活用のお問い合わせが増えてきています。
今後もVRトレーニングのコンテンツ開発を予定しています。

■類似実績

VR技術を応用した医療者向け教育ツールの開発
北海道科学大学の診療放射線学科 菊地明泰准教授と情報工学科の和田直史准教授による
「VR技術を応用した医療者向け教育ツール」のVRアプリの制作を担当しました。

ONETECHは、Webサイトを始めさまざまなシステム開発、アプリ開発、ソフトウェア開発ベトナム オフショアで開発しています。

2015年から上場企業からスタートアップ企業までお客様70社以上の250以上のプロジェクトに関わってきた豊富な開発実績があります。

実績一覧

「HOUSE DECOR」とは新しい住居を探す際にパソコン操作で住宅、マンションなど床や、壁紙の変更と見積もりができるステムです。家具のグレードと色を変更できる機能、ZOOMを登録しておくとハウスメーカーの営業担当とお客さまがオンライン面談できる機能を追加しました。

博物館ガイドUnityアプリを保守でバージョンアップ対応しました。 iBeaconを利用していて博物館内に設置されたBeaconを検知してタブレットに作品・展示情報を表示 展示コーナーでは作品の解説や音声ガイドを再生

スマホ(Android/iphone)で手軽にVR動画を楽しめる動画再生アプリを開発しました。VR動画と2D動画の両方で学べる美容業界の教育動画サービスとなります。VR動画を立体的に見る為の、VR用の再生アプリとなります。

スマホアプリで商品パッケージをARフレームワークのVuforiaで読み取り、ARコンテンツ動画が楽しめます。 iPhone/Androidのアプリを制作しました。ARコンテンツを利用した販売促進キャンペーンにAR(Augumented Reality:拡張現実)が活用された事例です。

製造業のエンドクライアントからの要望でホロレンズMR遠隔支援アプリを制作 製造現場の複数拠点から3Dモデルも共有しながらリアルタイム通話で打ち合わせを実施できます。 UNITYとAR Foundationを利用して開発しました。

無料相談
お問い合わせ