Home / 開発実績 / R&D / HoloLens・iPhone・Android対応インテリア配置シミュレーションARアプリ開発

HoloLens・iPhone・Android対応インテリア配置シミュレーションARアプリ開発

HoloLens・iPhone・Android対応インテリア配置シミュレーションARアプリ開発
data
内容

インテリア配置シミュレーションARアプリ開発

AR(オーグメンテッドリアリティ:拡張現実)技術でマルチデバイスでインテリア配置シミュレーションアプリを開発しました。
スマホのカメラに映し出された自分の部屋などの空間に家具の実物大の3D データをAR 機能で配置することできるアプリです。

 

まずはiPhone・Android対応「ARkit」「ARcore」で開発

AR(拡張現実)ためのフレームワークApple社の「ARKit」とGoogle 社の「ARCore」を利用しました。 3D データを配置したインテリアのコーディネートを写真としても保存可能です。撮影した写真にはメモ登録もできます。家具の通販サイトや、eコマースにも応用できそうです。家具だけでなく洋服にも応用できます。2020年現在、実際のサイズで家具を配置できるようになっています。(本アプリでは未対応)

つづいてMicrosoft HoloLens対応「UNITY」でマルチプラットフォーム

つづいてMicrosoft HoloLens(ホロレンズ)でも同じアプリを開発しました。「ARKit」や「ARCore」は平面を認識しましたが、ホロレンズでは3Dマッピングができるので立体てな位置に家具を配置することもかのうです。

ARで家具を現実のように重ねることができるオブジェクトオクルージョン

現在ではマーカーがなくても水平面にデジタルコンテンツ(建具、建物、家具、インテリア、キャラクター等)を配置が可能です。今後はオブジェクトオクルージョンでデジタルコンテンツが現実のように重ねて表現することも可能となっています。(本アプリは未対応)

家具の販売だけでなく、エクステリア、不動産、住宅販売会社、通信販売会社など用途は広がりそうです。

 

AR/VR/MR開発

AR/VR/MR開発は2015年より取り組んでおります。UNITYの技術者育成に力を入れて取り組んでいます。HoloLens/Oculus/HTC VIVE/Nreal Lightなど最新のデバイスも取り揃えています。

フロントエンド、バックエンド、サーバサイドの開発も一括して受けられます。
AR/VR/MRアプリ開発、AI開発、3DCG制作HoloLensアプリ開発に興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

実績一覧

ONETECHはベトナムでVR(バーチャルリアリティ:仮想現実)空間でアバターでコミュニケーションができるバーチャルオフィスシステムを開発しています。 今回のアップデートで、実際のオフィスのようにエントランスからロビーを通り会議室に入室して会議ができるように更新しました。

リモート営業支援システム(WEB会議)を研究開発しました。 お店に来客したお客さはスタッフを呼び出してオンラインで通話できるシステムです。Amazon Chime SDK、Lambda、Web会議アプリをAWS上にサーバーレス構成で作成しました。

オンライン授業が進む集団塾向けのeラーニングシステムの性能改善をしました。講師と生徒はタブレットで授業をします。最大40人が使うシステムです。画像データをbase64へエンコードすることでデータ量を改善して読み込みスピードを改善しました。

ap Systems社の「Tap Strap(タップ・ストラップ)」はVR空間でもタイピングを行うことができる”ウェアラブルキーボード”です。Oculus Questでサポートされていない日本語入力にも研究開発して対応しました。

危険が伴う場所での遠隔測定、人員不足のために測定業務を自動化したいという課題でのお問い合わせありました。そこで弊社ではiPad ProやiPhone12より精度の高いIntel RealSense LiDAR Camera L515を利用して遠隔測定アプリケーションを作成する研究開発をしました。

無料相談
お問い合わせ