Home / 開発実績 / R&D / iPhoneの LiDARスキャンでゴルフのラインを表示するARアプリの研究開発

iPhoneの LiDARスキャンでゴルフのラインを表示するARアプリの研究開発

iPhoneの LiDARスキャンでゴルフのラインを表示するARアプリの研究開発
data
内容

iPhone のLiDARスキャンでゴルフのラインを表示するARアプリの研究開発

本件はゴルフのグリーン上のラインを読むためのARアプリの研究開発です。
iPhone13 proのLiDARを使い、ゴルフのグリーンとホールとボールをスキャンします。
Unityで開発したアプリでは、画面上にグリーンの傾斜をメッシュで表示します。
最終的に地面の傾斜や摩擦などを物理エンジンで計算してカップまでをARでラインを表示します。

 

LiDARスキャナとは

LiDARスキャナの LiDAR は「Light Detection and Ranging」略で、光で距離を測定する技術のことです。近年の自動運転技術でもLiDARは注目されています。市街地における自動運転にはLiDARが必要不可欠と言われるほどの技術です。

IPAD PROに「LIDARスキャナ」が搭載。3D認識の向上でAR開発が加速。

LiDarスキャナを利用した研究開発の依頼は2022年後半から増えています。ARの実用化が身近に迫ってきています。LiDarはもあります。

LiDARセンサーアプリケーション特徴

iPhone 13proのLiDARセンサーでグリーンとホールとボールをスキャンします。
3Dスキャンした情報はUNITYアプリでARメッシュ表示されます。
さらにUnityアプリケーションで物理演算をしてグリーンの傾斜と摩擦(事前設定)して
最適なラインを表示させます。

 

開発期間

  • 期間:2022年10月~2022年12月
  • 規模:2人月

対応範囲

要件定義

  • 弊社で要件定義をまとめました。

基本設計・詳細設計

  • 基本設計書と詳細設計書を作成しました。最適なラインを表示する計算の設計は弊社エンジニアが行いました。

コーデイング

  • 弊社でUnityコーデイング規約に沿ってコーデイングしました

システムテスト

  • 単体テスト実施しました。またベトナムのゴルフ場で検査を何度も実施してお客様と事前に擦り合わせた精度を実現しました。

LiDARセンサーアプリ開発の技術

  • 開発言語:Unity

今後のアップデート

まだLiDARカメラの精度の問題などで実用にできるほどのアプリにはなっておりませんが、
検証の結果、ある程度ラインを最適に表示できることがわかりました。

今後はLiDARを使ったARアプリはさらに進化すると考えられます。
実用に向けたPDCAを実行していく予定と聞いています。

スマホアプリでゴルフなどのスポーツを今までとは違った方法で楽しむ時代が近づいています。

 

 

ONETECHの参考実績

危険が伴う場所での遠隔測定、人員不足のために測定業務を自動化したいという課題でのお問い合わせありました。そこで弊社ではiPad ProやiPhone12より精度の高いIntel RealSense LiDAR Camera L515を利用して遠隔測定アプリケーションを作成する研究開発をしました。

ラボ契約でWebARの研究開発の概要をご紹介します。パノラマカメラやLidarカメラで取得したデータを点群化してVPSとして処理します。xyzの座標データを元に任意の位置にARコンテンツをThree.js、8thWallなどのWebARフレームワークで表示します。

 

実績一覧

AR技術のVPSの研究開発の一環としてVPSベースのマーカ不要のARアプリを開発しました。 VPSにより空間認識を正確に処理しマーカーレスで屋内の道順を案内できるARアプリです。 空間を認識した上で、道順を作成するコンテンツ作成機能も実装しました。

ONETECHはベトナムでVR(バーチャルリアリティ:仮想現実)空間でアバターでコミュニケーションができるバーチャルオフィスシステムを開発しています。 今回のアップデートで、実際のオフィスのようにエントランスからロビーを通り会議室に入室して会議ができるように更新しました。

リモート営業支援システム(WEB会議)を研究開発しました。 お店に来客したお客さはスタッフを呼び出してオンラインで通話できるシステムです。Amazon Chime SDK、Lambda、Web会議アプリをAWS上にサーバーレス構成で作成しました。

オンライン授業が進む集団塾向けのeラーニングシステムの性能改善をしました。講師と生徒はタブレットで授業をします。最大40人が使うシステムです。画像データをbase64へエンコードすることでデータ量を改善して読み込みスピードを改善しました。

寿司協会様からの依頼で寿司職人向けのトレーニング補助アプリをスマートグラス「マイクロソフト ホロレンズ2」で作成しました。CGコンテンツは3DsMAXで製作し、ホロレンズARアプリはUNITYで制作しました。今回は要望を聞き取り企画から提案しアプリ制作まで実施しました。

無料相談
お問い合わせ