Home / 開発実績 / システム保守運用 / ビッグデータ広告システムをコスト重視で最低限の保守運用契約

ビッグデータ広告システムをコスト重視で最低限の保守運用契約

ビッグデータ広告システムをコスト重視で最低限の保守運用契約
data
内容

ビッグデータ広告システムをコスト重視で最低限の保守運用契約

コストを意識したシステム保守運用のご紹介です。下記システムを弊社でスクラッチで開発しました。

気象のビッグデータと連動してGoogle広告やFacebook広告を制御できる機能を追加開発しました。GoogleおよびFacebookの地域情報と広告キャンペーンと気象のビッグデータをあらかじめ設定しておき最適な広告を自動的に配信できる仕組みです。

こちらは、発注したクライアントが東京都の補助金を獲得して弊社に開発依頼がありました。
インフラアーキテクチャはAWSで構築しています。また効率的に運用するためにCMS(コンテンツマネジメントシステム)にクライアントがエラーをすぐに認知できる仕組みなども追加で導入しました。効率的に運用できるようになり、弊社との契約も最低限の金額で提供することになりました。

 

■効率運用のためのCMS開発

効率的にサービスを運用できるように本格稼働前に以下の機能を追加しました。
一部は弊社ベトナムエンジにから提案して採用していただきました。

・エラー通知
・APIバッチログの表示と正常異常判定
・キャンペーンの詳細ログ表示
・デバッグ機能

 

■システムの保守運用のながれ

弊社には標準的なシステム運用のフォーマットがあります。
お客さまの要求に応じてカスタマイズしたシステム保守運用をサポートしています。

①クライアントヒヤリング
弊社が用意した保守運用設計書に沿ってクライアントの要求をヒヤリングして整理
保守設計レベルをパッケージ提案
保守業務範囲定義

②見積もり提示
初期設定の見積もり
定期運用の見積もり
*修正などの場合の時間単価の提示

 

③運用設計
要件定義、見積に沿って初期設定実施
・システム運用スケジュール
・システムタイムチャート
・サーバーなどの自動監視項目と閾値の定義
・手動監視項目の定義
・バックアップ、リストアの定義
・障害発生時の運用定義
・案件ごとの保守レポートの提示
・運用体制定義
・Redmine(管理ツール)の提供

 

④初期設定
運用設計に応じてAWS cloud wachなどの設定

 

⑤保守運用開始
・運用設計に沿って運用開始
・本番稼働直後はシステム不安定なケースが多いため週次定例会議を実施
・緊急会議も実施
・課題発生時はRedmineで管理
・追加修正は個別に見積もりを提示し承認後に追加開発

 

⑥定期報告
・作業レポート/毎月
・サーバーなどの利用状況に応じて最適化の提案

 

⑦改善提案
・AWSなどの自動化設定などを随時提案
・サーバーなどの利用状況に応じて最適化の提案

 

■運用期間

運用期間
2022年6月から開始

 

オフショア開発を活用したシステム保守運用事例

弊社ONETECHは、ベトナムホーチミンで日本企業向けのオフショア開発をしています。特にXR開発、AWS構築運用に力を注いでいます。
オフショアでコスト削減だけでなく効率的にシステム保守運用をしております。特にAWSで構築したシステムを本番稼働後に保守運用することが非常に多くなっております。既に効率的に保守運用するフォーマットが出来上がっておりますが、さらに効率的にするために自動運用のためにコンテナ導入やCI/CDなどでの自動化の提案もしています。

博物館ガイドUnityアプリを保守でバージョンアップ対応しました。 iBeaconを利用していて博物館内に設置されたBeaconを検知してタブレットに作品・展示情報を表示 展示コーナーでは作品の解説や音声ガイドを再生

広告代理店の来店促進デジタルギフト発行システムの開発の事例です。AWSで構築運用をしています。キャリアや携帯電話などのお客様はチラシの代わりにギフトページを作ることができます。エンドユーザーは来店時にそのギフトページを見せることでデジタルギフトを受け取ることが可能です。

ある業界に特化した求人サイトの開発後のシステムやサーバーの運用保守とサーバー監視業務を実施しています。Amazon Could WatchとZabbixを利用してサーバーを監視。本サイトは弊社が開発し2020年3月にリリースして現在2年目に入ります。

 

実績一覧

大学の英語のライティングテスト自動評価システムを追加開発しバージョンアップしました。前回の浅い機械学習から今回は、深層学習のAIを採点条件を追加実装しました。

運用保守をしているLPを生成できるWebアプリケーションで1年ほど運用にあたって業務効率化のシステム追加修正を行いました。 管理画面での検索改善、ダッシュボードの拡充など

世界基準の既存オンライン教育向け動画配信プラットフォームでAWSサーバレスサービスを使って安全な教育セミナーを受講した後で試験を受験もできる。合否結果に応じて合格したら即時デジタル証明書を発行するシステムを開発しました。

住宅の内装を360コンテンツで回遊できるシステムを開発しました。住宅メーカーはリコーTHETAなどの360度カメラで撮影したデータをCMS(コンテンツマネジメントシステム)から簡単に登録できます。各部屋への移動を設定でき簡単に360コンテンツを作成できます。

保守運用中の「博物館向け学習タブレットアプリ」のリニューアルアップデートをいたしました。5月の改修に続き改善を続けています。今回はアプリのデザインと機能をリニューアルしました。弊社が開発をし2019年より保守をしています。コロナ前には年間この博物館に数百万人が訪れています。

無料相談
お問い合わせ