Home / 開発実績 / XR(AR/VR/MR) / 保守運用中のタブレット学習、博物館ガイドアプリをUNITYで追加開発

保守運用中のタブレット学習、博物館ガイドアプリをUNITYで追加開発

保守運用中のタブレット学習、博物館ガイドアプリをUNITYで追加開発
data
内容

保守運用中のタブレット学習博物館ガイドアプリをUNITYで追加開発

博物館ガイドUnityアプリを追加開発しバージョンアップしました。
iBeaconを利用し、博物館内に設置されたBeaconを検知してタブレットに作品・展示情報を表示
展示コーナーでは作品の解説や音声ガイドを再生
以前に開発した以下のアプリで弊社で保守運用をしています。

タブレット学習用、博物館ガイドアプリをUNITYで開発

■追加修正点

・ガイドCGマップの読み込み処理改善
読み込みに5秒以上かかっていましたが、段階的に読み込むように対応して即時閲覧可能に改修
・メモリ負担となっているコンテンツの最適化
・キーボードアプリの再提案、入力ライブラリの改善
・写真撮影不具合対応

アプリアップデート対応
ONETECHではWEBシステムやアプリの制作後の保守運用も実施しています。

今後もユーザーの使い勝手が良いアプリにするため、アプリ保守でバージョンアップする予定です。

■開発期間

開発期間
2021年8月から2022年1月
開発規模
5人月

■対応技術

UNITY

オフショア開発を活用したXR開発事例

弊社ONETECHは、ベトナムホーチミンで日本企業向けのオフショア開発をしています。特にXR開発には力を注いでいます。
2015年から数多くのXR開発事例がございますが、今回はその中でも美術館や博物館や遺跡や文化財などに活用した事例をご紹介します。

観光地を活性化。AR技術で遺跡に建造物を再現、VRでも体験できる観光地向けAR・VRアプリ開発

観光地や地域活性化のためのAR/VRの活用例です。AR×遺跡×建造物復元したiPhone/Androidアプリの制作実績です。UNITYで開発。主な機能として遺跡に建造物を復元、VRで過去の建造物内をウォークスルー、クイズラリーやAIチャットボットでの観光案内機能が搭載されています。

博物館のAR活用。iBeaconを利用した多言語対応のインバウンド向けUNITYアプリ開発

インバウンド需要の急拡大で観光施設向けの多言語対応のスマホアプリの開発実績です。iBeaconにより近接通信で展示物を鑑賞するためのガイダンスをAR表示します。

ONETECHはUNITYでAR/VRアプリの開発
AR/VR/MR開発
AR/VR/MR開発は2015年より取り組んでおります。UNITYの技術者育成に力を入れて取り組んでいます。
HoloLens/Oculus/HTC VIVE/Nreal Lightなど最新のデバイスも取り揃えています。

フロントエンド、バックエンド、サーバサイドの開発も一括して受けられます。
AR/VR/MRアプリ開発AI開発3DCG制作、HoloLensアプリ開発に興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

実績一覧

スマホ(Android/iphone)で手軽にVR動画を楽しめる動画再生アプリを開発しました。VR動画と2D動画の両方で学べる美容業界の教育動画サービスとなります。VR動画を立体的に見る為の、VR用の再生アプリとなります。

スマホアプリで商品パッケージをARフレームワークのVuforiaで読み取り、ARコンテンツ動画が楽しめます。 iPhone/Androidのアプリを制作しました。ARコンテンツを利用した販売促進キャンペーンにAR(Augumented Reality:拡張現実)が活用された事例です。

製造業のエンドクライアントからの要望でホロレンズMR遠隔支援アプリを制作 製造現場の複数拠点から3Dモデルも共有しながらリアルタイム通話で打ち合わせを実施できます。 UNITYとAR Foundationを利用して開発しました。

ホロレンズ、スマホで工作機械の起動手順、保守点検作業をARでガイドします。定期的な保守点検作業では作業記録を本アプリで記録して本部に送付することで業務効率化が実現できます。ポイントは、任意のARガイドの設定ができるので汎用性の高いシステムになっています。UNITYで制作しました。

ONETECHはベトナムでVR(バーチャルリアリティ:仮想現実)空間でアバターでコミュニケーションができるバーチャルオフィスシステムを開発しています。 今回のアップデートで、実際のオフィスのようにエントランスからロビーを通り会議室に入室して会議ができるように更新しました。

無料相談
お問い合わせ