Home / 開発実績 / XR(AR/VR/MR) / 保守点検業務でiPhoneのLidarで空間の点群データを作成

保守点検業務でiPhoneのLidarで空間の点群データを作成

保守点検業務でiPhoneのLidarで空間の点群データを作成
data
内容

 

■保守点検業務でiPhoneのLidarで空間の点群データを作成

iPhoneのLiDAR技術は、空間を高精度でスキャンし、保守点検作業を革新します。ユーザーはiPhoneを対象物に向け、LiDARセンサーがレーザー光を放射し、その反射を測定。これにより、建物や機器の3Dモデルが生成され、劣化箇所や異常を簡単に検出できます。リアルタイムでのデータ分析により、効率的なメンテナンス計画が立てられ、適切なタイミングで点検が可能。作業員の安全性向上と作業効率の向上を実現します。iPhoneのLiDARによって、保守点検が効果的かつ革新的なものに変わるでしょう。

■お客様の課題

現場で作業中の空間をディジタル化にしたくて専用のCADソフトで作業中の空間を編集するため

LiDARスキャナとは

LiDARスキャナの LiDAR は「Light Detection and Ranging」略で、光で距離を測定する技術のことです。近年の自動運転技術でもLiDARは注目されています。市街地における自動運転にはLiDARが必要不可欠と言われるほどの技術です。

IPAD PROに「LIDARスキャナ」が搭載。3D認識の向上でAR開発が加速。

LiDarスキャナを利用した研究開発の依頼は2022年後半から増えています。ARの実用化が身近に迫ってきています。LiDarはもあります。

■開発期間

  • 期間:2022年12月~2023年6月
  • 規模:6人月

■処理の流れ

  • カメラとLidarセンサー起動
  • カメラを移動しながら撮影する
  • 撮影できた画像を分析して点群データを生成
  • 点群データから3Dモデルを生成
  • スキャンの座標位置をログとして記録
  • データをクラウドにアップするかローカルストレージに保存する

■今後のアップデート

本記事では、スキャンデータの編集と共有を容易にするための新しいアプローチについて述べる。スキャンデータをサーバーに同期し、ブラウザ上でリアルタイムに編集するシステムを提案する。また、外部の3Dモデルをスキャン空間に配置する機能を追加し、ユーザーが自由にデザインできる環境を構築する。注意点やユーザーのフィードバックを収集し、システムの改善を図る。最終的に、編集されたデータを他のユーザーと共有する機能を実装し、協力と知識共有を促進する。

■ベトナムオフショア開発企業 ONETECH

ONETECHは、VR/ARコンテンツ開発を始めさまざまなシステム開発アプリ開発ソフトウェア開発ベトナム オフショアで開発しています。

VR開発ベトナムでのVR開発分野において最も開発実績のある企業の一つとなっています。
AR開発ARkit、ARcoreなどを利用して多数のアプリ開発、Babylon.js、8thWallなどでのWebAR開発実績がございます。
UNITY開発ONETECHはUNITYを利用し様々なVR開発、AR開発、アプリ開発をしています。
ホロレンズ開発:ベトナムで最も多くのHoloLens開発実績のある企業の一社です。

2015年から上場企業からスタートアップ企業までお客様80社以上の250以上のプロジェクトに関わってきた豊富な開発実績があります。

 

実績一覧

ある工場で産業用ロボットの操作を実行する前のトレーニングで使用します。VRのトレーニングを通じて技術的な把握を深めリスクを軽減します。UNITYでVRアプリを開発しました。VRコントロールアプリはOculus Questデバイスで実行されるソフトウェアアプリケーションです。

WEBGLとUnityを活用して、リーシング用3DモデルをVRコンテンツで閲覧するWebVRの制作しました。 先進的な技術を活用し、最近では3DモデルとVR技術の進化は著しく、不動産業界においてVRの技術の重要性が増しています。

寿司協会様からの依頼で寿司職人向けのトレーニング補助アプリをスマートグラス「マイクロソフト ホロレンズ2」で作成しました。CGコンテンツは3DsMAXで製作し、ホロレンズARアプリはUNITYで制作しました。今回は要望を聞き取り企画から提案しアプリ制作まで実施しました。

北海道科学大学と連携して診療放射線機器の操作トレーニングのためのVRアプリを開発しました。 このアップデートでは新規シナリオが追加され、立位モードでは人体の向きを自由に変更することができるようになりました。 また、撮影時の手順を詳細にガイドするシナリオモードも実装されました。

北海道科学大学の診療放射線学科 の「VR技術を応用した医療者向け教育ツール」のVRアプリの制作を担当しました。今回は、診療放射線機器の操作トレーニングをVRアプリで行います。デバイスは一体型VRヘッドセットのPico Neo2で、Unityで開発しアプリを実装しました。

無料相談
お問い合わせ