Top / 開発実績 / AR/VR/MR 開発 / VRオフィスシステム(バーチャル会議デモVER.3.0) Oculus Quest2対応

VRオフィスシステム(バーチャル会議デモVER.3.0) Oculus Quest2対応

VRオフィスシステム(バーチャル会議デモVER.3.0) Oculus Quest2対応
Data
内容

VRオフィスシステム(バーチャル会議デモVER.3.0) Oculus Quest2対応

テレワークやリモートワークで非接触型のコミュニケーション、遠隔でのコミュニケーションをどうしたら効率化できるかということが課題になっています。ONETECHはベトナムでVR(バーチャルリアリティ:仮想現実)空間でアバターでコミュニケーションができるバーチャルオフィスシステムを開発しています。

今回のアップデートで、実際のオフィスのようにエントランスからロビーを通り会議室に入室して会議ができるように更新しました。

 

HMD(ヘッドマウント)を被り続けてオフィスワークは現実的ではない

前回のアップデートでも、PCやスマホブラウザからでも手軽にバーチャル空間に入れるようにしました。現実的にはHMDを装着して業務をすることは非常に限定的です。HMDをかぶることによってブラウザよりも没入感を得ることができるメリットを生かしたコミュニケーションがVRでできるかが鍵になります。3Dモデルなどの製品を参加者で体験したりする、チームビルディングのための業務以外の余興を雑談しながらするなどが想定されます。

 

 

VR会議システム、VRオフィスシステムのフローと特徴

 

①ユーザー登録
・ユーザー登録
・アバター設定

②主催者が会議設定
・日程、会議室、プレゼン資料登録

(動画では、会議設定を部分は割愛)

③参加者(ユーザー)はログインすると受付へ

④参加する会議を選択すると、ロボットが会議室へ案内

⑤ユーザーはオフィスの中を動き回れます

⑥会議開始

⑦主催者(Oculus Quest2)で会議機能を使用
・資料をプレゼン
・レーザーペン

⑧主催者、ユーザーは音声チャット、テキストでのチャットでコミュニケーション
・音声チャット
・テキストチャット
・空間にフリーライティング
・3Dオブジェクトを表示・マルチユーザーが操作

 

現状は5人が同時アクセスですが、10人以上も同時アクセスも実現可能

 

横浜ベイスターズによるバーチャルハマスタで注目されているバーチャルスポーツ観戦したいという相談がとても増えています。

 

ONETECHはベトナムオフショア開発で研究開発としてVR会議システムを開発しました。アプリケーションの貸し出しも行っておりますので下記からお問い合わせください。

https://onetech.jp/contact

 

開発

  • UNITYで開発
  • 開発期間:2月間
  • CGはフリーアセットを利用
  • Photon Voiceで音声通話

 

実績一覧

バーチャル空間で実際にオフィスにいるかのように、VR空間上で会議や共同作業をします。 TapStrap(タップストラップ)をつかったタッチタイピングも可能です。 VRバーチャルオフィスアプリを開発しました。Oculus Questに対応しています。

橋梁やトンネルなどの保守点検業務のDX(デジタルトランスフォーメーション)のための研究開発案件です。点検履歴は通常設計図に補修箇所や補修箇所の情報を手書きで書き込んで残しています。今回はまず紙データの点検履歴をデータ化します。そしてホロレンズ上で点検履歴を現物と照査してAR表示する研究開発を実施しました。

デジタルツインの活用として、本アプリは作業者と遠隔地にいるエキスパートとリアルタイムで作業の状況を共有することができます。今回のアップデートでARマニュアル機能と、セブンセグメントのデジタル数値を認識する機能をアップデートしました。

ウィズコロナ時代のニューノーマル非接触型コミュニケーションとして期待されているVR会議システム、VRオフィスシステム。2020年7月のセミナーで披露しましたが、非常にお問い合わせが多く9月に再度バージョンアップを行いました。

2016年7月ベトナム広告制作会社様の駐在員事務所の設立をしました。弊社代表のグエンラムタオが現地責任者となりました。この広告制作会社様はWEB開発、アプリ開発を多く手掛けています。特に最近はxR分野に力を入れている会社です。日本の地方都市に会社があり、エンジニアの人材不足に課題を持っておりました。