Home / 開発実績 / XR(AR/VR/MR) / 実際のオフィスをCGで再現したVR脱出ゲーム(HTC VIVE/UNITY/STEAM)開発

実際のオフィスをCGで再現したVR脱出ゲーム(HTC VIVE/UNITY/STEAM)開発

実際のオフィスをCGで再現したVR脱出ゲーム(HTC VIVE/UNITY/STEAM)開発
data
内容

◆実際のオフィスをCGで再現したVR脱出ゲーム(HTC VIVE/UNITY/STEAM)開発

実際のオフィスをバーチャルで表現したVR空間で謎解きをして15分以内に脱出するゲームです。
実際のオフィス写真を参考して3DCGコンテンツも制作

VR(バーチャルリアリティ:仮想現実)

◆印刷、出版業の企業様からのVRの依頼

印刷業界、出版業界の老舗企業からのご依頼でした。
印刷業界、出版業界は営業網を活かしてデジタル分野に積極的に進出しています。
とくにXR(VR/AR/MR)分野との相性は良いです。
そこで今回のVRを知らない顧客に向けて、VRを体験してもらおうという依頼でした。

ONETECH研究開発で開発したVR脱出ゲームを提案

今回の依頼を受けて以前R&Dで開発した脱出ゲームを提案しました。
VRを知らないお客様へ、今いる場所(オフィス)をバーチャルの世界にして謎解きをしながら
ゲーミフィケーションでVRを体験してもらうという提案です。
ONETECHの研究開発(R&D)の成果が出た案件でした。

ONETECHが開発した、VR脱出ゲーム。UNITYで開発、HTC VIVEのVRゲームプラットフォームSTEAMで公開

◆HTC VIVE対応のアプリをUNITYで開発

HTC VIVEを選択しました。UNITYで開発しました。
UNITYはゲームを開発するためのエンジンです。AR/VR開発に利用されています。
UNITYで開発するとマルチプラットフォームに対応できるのでVIVE以外にも例えばPC、スマホにもワンソースで対応可能です。

◆写真からCG制作

MAYAを使い、クライアントからもらった実際のオフィスのいくつかの写真から3DCGを制作しました。
CG制作のポイントは、コスト管理とアセットの容量(ポリゴン)管理です。CGは制約がなければ青天井で制作可能です。しかし現実的には予算コストや納期と、デバイスで最適に動かすための容量を管理しなければいけません。

◆脱出ゲームのゲームバランス

脱出ゲームのゲームバランスもクラアントからの依頼を受けて、ONETECH社員が設計しました。誰でも10分から20分くらいでゲームクリアできるバランス。HTC VIVEの使い方も含めてその時間でクリアできるように。謎解きの難易度とクリア時間をバランスしました。

実績一覧

お客様が該当の商品を購入して、パッケージを専用ARアプリで読み取ると人気アーティストのオリジナル動画が流れます。スマホアプリ(iOS/Andoroid) 自分の部屋の中で人気アーティストのパフォーマンスをARとして見ることができます。

ONETECHはベトナムでVR(バーチャルリアリティ:仮想現実)空間でアバターでコミュニケーションができるバーチャルオフィスシステムを開発しています。 今回のアップデートで、実際のオフィスのようにエントランスからロビーを通り会議室に入室して会議ができるように更新しました。

本件は2017年に弊社が作成してリリースされたVRアプリの改修です。 UNITYのバージョンアップ、Google Cardboard SDKのバージョンアップ、UIの修正などを実施しました。 VR元年に大変話題になったVRアプリの改修です。

好きなキャラクターや3DアバターがARで出現して、一緒に撮影できるARアプリを開発しました。 ARで表示したアバターは、小さくしたり大きくしたり自由に変形することできます。 アバターごとに個別のモーションを実装し、好きなキャラクターで様々なシチュエーションで撮影することができます。 自動で月額課金するアプリ内課金のサブスクリプションも実装しました。

医療系専門学校で臨床工学士向けの心臓カテーテル検査のトレーニングが行われています。研修では実際の手術の状況での機器の操作の仕方などを学ぶことには限界があります。そこで実際の医療現場に近い状況をバーチャル空間で再現して、反復練習できるVRの活用に注目が集まっています。

無料相談
お問い合わせ