Top / 開発実績 / AR/VR/MR 開発 / ホロレンズ(HoloLens)画像認識MRアプリ制作(Windows)

ホロレンズ(HoloLens)画像認識MRアプリ制作(Windows)

ホロレンズ(HoloLens)画像認識MRアプリ制作(Windows)
Data
内容

ホロレンズ(HoloLens)画像認識MRアプリ制作

ホロレンズ(HoloLens)画像認識MRアプリ制作(Windows)を制作。
業務支援のためのアプリです。

作業者は点検やメインテナンス業務の際に、ホロレンズを装着し
点検する対象物を眺めるとホロレンズが自動的にその対象物を読み取り
対象物の情報をホロレンズの画面上にホログラムとして表示します。

 

 

画像認識フレームワーク「Yolo」と「OpenCV」

リアルタイム画像認識フレームワーク「Yolo」と「OpenCV」を利用。

物体や文字を画像認識で読み取ることに成功しました。
特に難易度の高かったのがデジタル数値の文字の読み取り技術です。
OCRに近いプロセスで設計して高精度で文字を読み取ることに成功しました。

作業データや作業の査証となる画像データはサーバー側(Microsoft One Drive)
にデータ格納。

ホロレンズで業務の効率化

このアプリにより従来の業務が効率化されます。
従来の作業過程では作業のチェックをPCなどにインプットする作業がありました。
また新人などのスキルを満たさない作業者にはあらかじめトレーニングを施す必要がありました。

このアプリではハンズフリーで作業結果を登録、また目の前にマニュアルや作業の
チュートリアルを表示させることが可能で、スキルギャップを意識せずに新人でも
作業することが可能です。

今後は別で開発実装済みのホロレンズの遠隔支援アプリの機能をマージしまして
機能拡張をしていく予定です。

またホロレンズ2への対応もしております。

ホロレンズ(HoloLens)MR業務効率化支援アプリ。
C#/Unity/OpenCV/Vuforia/Python/DeepLearning(Yolo Framework)/Microsoft One Drive

 

MR(エムアール) とは

MRとは、Mixed Realityの略で「複合現実」などと訳されます。ARだけでは表現しきれないに拡張現実に仮想現実(VR)の要素を加えたり、反対に、VRに拡張現実(AR)の要素を加えたりすることによって、現実世界と仮想現実を融合させる技術です。大きく括ればMRVRARと同様に、現実の世界と仮想の世界をITの活用で融合させる技術のひとつである

 

Microsoft HoloLens|マイクロソフトホロレンズとは

HoloLens(ホロレンズ)とは、2016年に米国マイクロソフト社が開発したシースルー(透過)型と呼ばれるヘッドマウントディスプレイ(HMD)型の表示装置です。MRデバイスの先駆的な製品で、様々な産業(医療、建設、建築、製造、教育、流通、物流)の作業現場などでのビジネス活用も進んでいます。ONETECHは、2017年からHoloLens(ホロレンズ)アプリ開発を始めました。

 

Microsoft HoloLens 2|マイクロソフトホロレンズ2とは

2019年にHoloLens 2が発売されました。初代HoloLensから進化したポイントの1つとして、解像度と視野角が倍増した点があります。HoloLensの解像度がHDであるのに対して、HoloLens 2は2Kの解像度を採用。また、HoloLens 2には1度につき47ピクセルの視野角があり、初代機よりもキレイな映像を体験できます。軽量化により装着感が改善されていて、デバイスの使いやすさが向上しているのも特徴です。

【主な改良点】

視野の拡大: HoloLens 2は前作の2倍の視野角を確保
装着感の改善: 快適性が前作に比べて3倍まで向上
操作性の向上: ハンドトラッキングの改善で両手の指を認識し3Dオブジェクトを掴むことが可能
スペックの向上: プロセッサの性能アップにより使いやすさを改良
クラウド連携: Microsoft Azureとの連携強化

より産業用に特化したHoloLens 2は、まだ世の中で想像もできていないような領域や業務の改善ができる可能性があります。
デジタル技術の進歩により、世界はクラウドコンピューティング、IoT、スマートスペース、スマート工場のようなインダストリー4.0に入りました。
VR/AR/MR技術に関係するHoloLensアプリ開発は、すべての分野で作業効率を最適化します。

 

実績一覧

外食チェーン店の接客トレーニング用にVRコンテンツとアプリ開発を行いました。

物流業向けにデジタル模型で投影、3Dホログラムで表現するHoloLens(ホロレンズ)アプリを開発。

AR(拡張現実)技術を使って、スマホのカメラに映し出された自分の部屋などの空間に、家具やインテリアの3D データを、実物大で配置することできるアプリを開発

サーバー側の環境構築とアプリから画像を取得、URL発行までのサーバー側のAPIを開発しました。

マイクロソフトのホロレンズ2とIoTデバイスでの連携で MR(ミックスドリアリティ:複合現実)での業務支援を行います。