Home / 開発実績 / XR(AR/VR/MR) / ARでフレンドとコミュニケーションできるSNSアプリ開発

ARでフレンドとコミュニケーションできるSNSアプリ開発

ARでフレンドとコミュニケーションできるSNSアプリ開発
data
内容

■ARでフレンドとコミュニケーションできるSNSアプリ開発

位置情報でARなどのコンテンツを配置してフレンドとコミュニケーションできるSNSチャットアプリを開発しました。
フレンドとしてユーザー同士でチャットとして利用する以外の機能も実装しました。
特定の場所を指定してARコンテンツや画像/動画、音声などを配置して特定のユーザーにのみ配信できます。
ユーザーはARコンテンツを送信し、特定の場所に近づくとプッシュ通知が送信されます。
特定の場所でのみ視聴と閲覧が可能なARコンテンツを配信可能です。
フレンド同士でのみメッセージは送受信が可能。
コンテンツ閲覧できるのも、フレンド同士でなければ見ることができません。

フレンドに限定公開できるSNSのARアプリです。

■ARでフレンドとコミュニケーション_SNSアプリの特徴

ARコンテンツをユーザーが設定してフレンドに配信
プレゼントを受信したユーザーは、特定の場所に行くことで閲覧可能になります。
AR、動画、VR、音声、画像を位置情報を利用して配置できる新しいSNSアプリです。

アプリ機能
・アカウント登録・ログイン機能
・パスワード紛失再発行機能
・フレンド機能
・チャット機能
・運営お知らせ機能
・PUSH通知
・アカウント編集
・フレンド管理
・コンテンツ登録・編集機能
・コンテンツ配信・視聴
・クエスト機能

■開発期間

開発期間
2022年4月から2022年11月
開発規模
11人月

■対応範囲

課題のヒヤリング
サービス概要資料を確認の上、機能概要、機能一覧を弊社から提案

要件定義
クライアントからサービス概要をヒヤリングし機能要件書を作成

基本設計・詳細設計
アプリの画面定義書、システム構成、シーケンス図の設計書を作成

コーディング
アプリ側はUnityで開発
サーバー側は、Node 14, Mysql

AWSクラウド環境構築
AWSアーキテクチャ構成を作成の上、提案
クライアントのAWSアカウントで構築
最適なCI/CDを実装

システムテスト
単体テスト・結合テスト
セキュリティテスト、負荷テストを実施

受入テスト
クライアント様が担当

システム保守・運用
体制を検討中

■対応技術

Unity/C#
Node 14, Mysql
aws amplify sam terraform

■今後のアップデート

今後は、保守しながら追加開発でスタンプ機能など追加しいく予定です。

※CI/CD とは?
CI/CD とは、アプリケーション開発のステージに自動化を取り入れて、顧客にアプリケーションを提供する頻度を高める手法
統合およびテストのフェーズからデリバリー、デプロイメントに至る、アプリケーションのライフサイクル全体を通じて、継続的な自動化と継続的な監視が導入

※ AWS amplifyとは?
AWS Amplify は、フロントエンドのウェブ/モバイルデベロッパーが AWS でフルスタックアプリケーションを簡単に構築、出荷、ホストできるようにする完全なソリューション

■類似実績

・Swiftで開発、リフォーム業界企業向けコミュニケーション、チャットアプリ開発
リフォーム業界の会社様向けのコミュニケーションチャットアプリを開発しました。
LINEのように、多くの人とチャットで会話ができるコミュニケーションアプリです。

ONETECHは、業務システムを始めさまざまなシステム開発アプリ開発ソフトウェア開発をベトナム オフショアで開発しています。

実績一覧

ONETECHはベトナムでVR(バーチャルリアリティ:仮想現実)空間でアバターでコミュニケーションができるバーチャルオフィスシステムを開発しています。 今回のアップデートで、実際のオフィスのようにエントランスからロビーを通り会議室に入室して会議ができるように更新しました。

お客様が該当の商品を購入して、パッケージを専用ARアプリで読み取ると人気アーティストのオリジナル動画が流れます。スマホアプリ(iOS/Andoroid) 自分の部屋の中で人気アーティストのパフォーマンスをARとして見ることができます。

ゴルフのグリーン上のラインを読むためのARアプリの研究開発です。iPhone13 proのLiDARを使い、Unityで開発したアプリでは、画面上にグリーンの傾斜をメッシュで表示します。最終的に地面の傾斜や摩擦などを物理エンジンで計算してカップまでをARでラインを表示します。

本件は2017年に弊社が作成してリリースされたVRアプリの改修です。 UNITYのバージョンアップ、Google Cardboard SDKのバージョンアップ、UIの修正などを実施しました。 VR元年に大変話題になったVRアプリの改修です。

本アプリは定期的に点検業務が必要なある機器の点検手順をARで補助するホロレンズアプリです。業務の標準化による人手不足の解消などに役立つソリューションとなります。UNITYで開発しました。HoloLensは、現時点では最も優れたMRのデバイスの一つでもあります。

無料相談
お問い合わせ