Top / 開発実績 / AR/VR/MR 開発 / 橋梁やトンネル保守点検業務をサポートするHoloLens2(ホロレンズ)ARアプリ研究開発

橋梁やトンネル保守点検業務をサポートするHoloLens2(ホロレンズ)ARアプリ研究開発

橋梁やトンネル保守点検業務をサポートするHoloLens2(ホロレンズ)ARアプリ研究開発
Data
内容

橋梁やトンネル保守点検業務をサポートするHoloLens2(ホロレンズ)ARアプリ研究開発

橋梁やトンネルなどの保守点検業務のDX(デジタルトランスフォーメーション)のための研究開発案件です。点検履歴は通常設計図に補修箇所や補修箇所の情報を手書きで書き込んで残しています。今回はまず紙データの点検履歴をデータ化します。そしてホロレンズ上で点検履歴を現物と照査してAR表示する研究開発を実施しました。AR(オーグメンテッドリアリティ:拡張現実)

 

橋梁やトンネル保守点検業務の課題

橋梁やトンネルの定期点検は国土交通省に5年に1回の頻度で実施することを義務付けられています。トンネルは全国に約1万本、2メートル(m)以上の橋は約70万橋存在します。

点検方法は現場に行って、紙ベースの過去の補修履歴と現物を照らし合わせます。紙の補修履歴は手書きされているケースが多く照査の作業にはとても時間がかかります。
また、危険な場所での業務や作業補助のため複数人で点検業務を行うことが通常です。

 

HoloLens ARアプリの技術課題

設計図上の点検履歴である紙データをデジタル化しテキストやマーク等を透過でAR表示できるか。
テキストやマーク等のデータが視認できるか。
現物と履歴データを重ね合わせることができるか。

 

HoloLens ARアプリの要件 STEP1

・HoloLensアプリでハンズフリー作業ができる
・紙ベースの点検履歴をデータ化し現物に投影する
・過去の点検履歴データと現物の位置を合わせてAR表示
・オフラインでも作業ができる(通信環境が悪い場所でも使用できる)

 

HoloLens ARアプリの研究開発結果

・HoloLensアプリでハンズフリー作業ができる OK
・紙ベースの点検履歴をデータ化し現物に投影する OK
・過去の点検履歴データと現物の位置を合わせてAR表示 OK
・オフラインでも作業ができる(通信環境が悪い場所でも使用できる)OK

 

HoloLens ARアプリの要件 STEP2へ

・過去の大量の紙データの手書き文字をOCRでデジタル化
・UIの設計
・現場写真をAR表示
・クラウド連携

 

 類似実績

7セグメントディスプレイのデジタル数字認識OCRモジュール開発(SSOCR)

 

実績一覧

バーチャル空間で実際にオフィスにいるかのように、VR空間上で会議や共同作業をします。 TapStrap(タップストラップ)をつかったタッチタイピングも可能です。 VRバーチャルオフィスアプリを開発しました。Oculus Questに対応しています。

デジタルツインの活用として、本アプリは作業者と遠隔地にいるエキスパートとリアルタイムで作業の状況を共有することができます。今回のアップデートでARマニュアル機能と、セブンセグメントのデジタル数値を認識する機能をアップデートしました。

ウィズコロナ時代のニューノーマル非接触型コミュニケーションとして期待されているVR会議システム、VRオフィスシステム。2020年7月のセミナーで披露しましたが、非常にお問い合わせが多く9月に再度バージョンアップを行いました。

2016年7月ベトナム広告制作会社様の駐在員事務所の設立をしました。弊社代表のグエンラムタオが現地責任者となりました。この広告制作会社様はWEB開発、アプリ開発を多く手掛けています。特に最近はxR分野に力を入れている会社です。日本の地方都市に会社があり、エンジニアの人材不足に課題を持っておりました。

企業の研修コスト削減!Oculus Questで飲食チェーン接客トレーニングVRアプリ開発 VR(バーチャルリアリティ:仮想現実)コンテンツとVRアプリ開発を行いました。 新人やアルバイトの従業員がOculus QuestのHMDを装着して 飲食店にお客様が来客してからお会計までのトレーニングのシミュレーションができます。