Home / 開発実績 / XR(AR/VR/MR) / 未来を築く: 建設業界に変革をもたらすMRホロレンズアプリ

未来を築く: 建設業界に変革をもたらすMRホロレンズアプリ

未来を築く: 建設業界に変革をもたらすMRホロレンズアプリ
data
内容

未来を築く: 建設業界に変革をもたらすMRホロレンズアプリ

お客様の依頼で当社が開発した「建設業向け業務MRホロレンズアプリ」は、建設現場での作業をデジタル化し、MR技術を通じて視覚的に支援することで、効率性と精度を大幅に向上させます。このアプリは、作業指示の視覚化、業務のリアルタイム監視、そして協働作業の最適化を可能にすることで、人手不足の課題に革新的な解決策を提供します。

建設業界2024年問題

建設業界は、2024年問題として知られる深刻な人手不足に直面しています。この課題を解決するため、デジタルトランスフォーメーション(DX)に注目が集まっています。
特に、建設業界における空間コンピューティングの応用は、業務プロセスの大幅な改善と人手不足解決のカギを握ると期待されています。

新たに登場したApple Vision Proをはじめ、MR(Mixed Reality: 複合現実)技術は、現実世界にデジタル情報を重ね合わせることで、従来の作業方法を根本から変える力を持っています。
私たちのMRホロレンズアプリは、そんな未来指向の技術を駆使して、効率化と人材確保の双方の課題に対応します。

作業現場での直感的なガイダンスから、リアルタイムでの共同作業の支援まで、MR技術は作業者の能力を拡張し、限られた人手で最大限の成果を生み出すことを可能にしています。
当社は、この革新的な技術を活用し、建設業界に新たな価値を提供することを目指しています。

次世代の建設現場を想像してみてください。
そこでは、ホロレンズを通して見えるデジタルの世界が、現実の作業を支え、専門家たちが以前には不可能だったスピードと精度で仕事を進めています。
これはただの夢ではなく、私たちが今、手掛けている現実です。

 

 

MRと建設業界の交差点

建設業界は、精密な作業が求められる一方で、熟練労働者の不足が顕著です。
MR技術は、このギャップを埋める重要な役割を果たしています。
例えば、MRホロレンズを使用することで、作業者は現実世界に重ね合わされた3Dの設計図や作業指示を見ることができます。
これにより、正確な位置での穴あけや配管作業が可能になり、ミスの削減と作業のスピードアップが実現します。

また、MRは教育ツールとしても優れています。
新入社員や未熟練労働者は、ホロレンズを通じてシミュレーションされた作業手順を学ぶことができ、より迅速に現場作業に適応することが可能です。
さらに、遠隔地にいる専門家がMRを通じてアドバイスを送り、作業者のガイダンスを提供することもできます。
これは、遠隔地の専門知識を現場に「テレポート」させるようなものです。

MR技術を活用した安全トレーニングは、実際の危険を伴わずにリスクの高い状況を再現することを可能にし、建設現場の安全性を向上させます。
例えば、高所作業のシミュレーションを通じて、墜落の危険性を体験しながら安全対策を学ぶことができます。

このように、MR技術は作業の効率化だけでなく、教育と安全の面でも建設業界に多大な利益をもたらしています。現実世界とデジタル情報の統合は、建設プロジェクトを次のレベルへと引き上げる新たな標準となりつつあります。

 

 

技術的習熟度と開発力

伝統的な職人技の継承は、長年にわたる実践と経験が必要とされるプロセスです。
しかし、私たちの開発したアプリは、この過程を大幅にシンプルにしました。作業の各ステップがMRホロレンズを通じて直感的に可視化されるため、経験に関わらず、作業者は精確な指示に従って正確な作業を行うことができます。

開発の過程では、Unity 2020.3.28f1やMRTK 2.7.3などの最先端の開発ツールを使用しており、これにより高度なインタラクティブ性とユーザー体験を提供します。また、World Locking Tools(WLTs)1.5.9を用いることで、仮想オブジェクトが現実世界に安定して固定されるため、作業中のズレや誤差を最小限に抑えることが可能になります。

本アプリは、複雑な作業プロセスを単純化し、どのような技術レベルの作業者も一貫した結果を出せるよう支援します。
これにより、職人技が不足している現場でも、品質の損なわれることなく作業を進めることができます。さらに、作業習得にかかる時間の短縮は、教育コストの削減にも繋がります。

これらの革新は、技術移転の必要性を低減し、建設業界における人手不足という課題に対して現実的かつ実行可能な解決策を提供します。
本アプリは、ユーザーの技術的な背景に依存せず、すべての作業者が高い基準で作業を完遂できるように設計されています。

 

 

本アプリの技術的特徴

私たちの開発したMRホロレンズアプリは、建設業界に特化した革新的な技術を数多く採用しています。特に、Bluetoothを利用した複数のホロレンズデバイス間の連携作業と、タブレットとの連携を可能にすることで、リアルタイムでの協働作業を実現しています。

Bluetoothによるデバイス連携

このアプリでは、Bluetooth 5.0 LE技術を利用してホロレンズデバイス間での通信を行い、複数人での作業がスムーズに進行するよう設計されています。また、タブレットとホロレンズの連携により、作業管理者は作業進行状況をリアルタイムで確認し、必要に応じて指示を出すことが可能です。このシステムにより、作業の精度と効率が大幅に向上します。

ARマーカーによるコンテンツ配置

ARマーカーを使用して、仮想の作業指示や設計図を現実世界の正確な位置に配置することができます。これにより、作業者は直感的に必要な情報を得ることができ、作業ミスのリスクを最小限に抑えながら作業を進めることが可能になります。

アイトラッキングによるカウント

アイトラッキング技術を利用したカウント機能は、作業者の注視点を追跡し、特定の作業に必要な時間を正確に計測します。この機能により、作業の品質管理がさらに強化され、作業者が集中力を維持しながら作業を進めることができます。

これらの技術的特徴は、建設現場の作業をより安全で、効率的かつ正確に進めるために必要なものです。当社のアプリは、これらの最先端技術を駆使して建設業界の課題に対応し、作業プロセスの革新を実現しています。

 

 

カスタマイズソリューションと建設業界への適応

建設業界はその性質上、プロジェクトごとに異なる多種多様な要求が存在します。私たちのMRホロレンズアプリは、この業界特有のニーズに応えるために、高度なカスタマイズ性を備えています。3Dスキャン点群処理からブラウザベースの管理ツールまで、アプリは建設プロジェクトのあらゆる段階で役立つ機能を提供します。

3Dスキャン点群処理

現場の状況を正確に把握することは、計画段階での正確な設計や、作業進行中のモニタリングにおいて非常に重要です。当社のアプリは、3Dスキャン技術を利用して現場の精密な3Dモデルを作成し、これをMR環境で利用可能にします。これにより、プロジェクトチームは現実の環境に仮想的なオブジェクトや指示を重ね合わせることができ、より正確な作業が可能になります。

ブラウザ処理機能

アプリのブラウザ処理機能は、プロジェクト管理者が現場の状況をリアルタイムで確認し、必要に応じて指示を出すことができるように設計されています。これにより、現場とオフィス間のコミュニケーションが大幅に改善され、プロジェクトの進行管理がより効率的になります。

カスタマイズ可能なユーザーインターフェイス

各プロジェクトの特性に合わせて、ユーザーインターフェイスをカスタマイズすることが可能です。これにより、作業者は必要な情報を直感的に把握し、作業効率を向上させることができます。また、教育用のシナリオもプロジェクトごとにカスタマイズ可能であり、作業者の習熟度や経験に合わせたトレーニングが行えます。

このように、当社のMRホロレンズアプリは、建設業界の多様な要求に応えるためのカスタマイズソリューションを提供します。最新技術を駆使した当社のアプローチは、建設プロジェクトの品質、効率、安全性を向上させることで、業界全体の未来を切り開きます。

 

 

業務システムソリューションにおける実績

当社は、建設業界に特化した業務システムソリューションの開発を通じて、業界内の多様な課題解決に貢献してきました。電子帳簿取引やインボイス制度の改修から、在庫管理、倉庫管理、勤怠管理など、広範囲にわたる業務プロセスの最適化を実現しています。これらのソリューションは、建設業界だけでなく、物流系やタクシー会社の管理システムなど、様々な分野においてもその有効性を示しています。

プロジェクトの成功事例

  • 電子帳簿取引システム:デジタル化を推進し、請求書の処理効率を大幅に向上。昨年から10件以上の改修に成功し、顧客満足度を高めました。
  • 在庫管理・倉庫管理システム:リアルタイムの在庫情報と効率的な倉庫運営を実現。過剰在庫の削減と配送遅延のリスク低減に貢献しています。
  • 勤怠管理システム:勤怠データの正確な管理と分析を通じて、人事業務の負担軽減と労働生産性の向上を促進しています。

これらの成果は、当社の技術力と業務に対する深い理解に基づいており、顧客にとって真の価値を生み出すソリューションとして高く評価されています。特に、MRホロレンズアプリの開発においては、最先端の技術を活用し、現場作業の効率化と安全性の向上を図ることで、建設業界のデジタルトランスフォーメーションをリードしています。

将来への展望

当社は、これまでの実績を基に、建設業界における更なる業務改善と効率化のための新たなソリューション開発に注力していきます。MR技術をはじめとするデジタルツールの積極的な活用により、業界の未来を切り開く革新的なプロジェクトに挑戦し続けます。

 

 

顧客エンゲージメントとコンサルテーションサービス

当社は、ただ技術的なソリューションを提供するだけでなく、顧客との深い関係構築にも注力しています。私たちの目標は、各企業が直面する独自の課題を理解し、最適なソリューションを共に創出することです。このために、無料で利用できるコンサルテーションサービスを提供しており、プロジェクトの初期段階から密接に顧客と協力しています。

無料コンサルテーションサービス

  • ニーズの特定:顧客のビジネスモデルと業務プロセスを深く理解するためのヒアリングを実施します。
  • ソリューションの提案:顧客の課題に対応するカスタマイズ可能なソリューションを提案します。
  • 実現可能性の検討:技術的な実現可能性と経済的な利益を評価し、最適なプランを策定します。

無料見積もり

プロジェクトの規模や要件に基づいて、透明性のある詳細な見積もりを提供します。これにより、顧客はプロジェクトのコストを事前に把握し、予算計画を立てることができます。

長期的なパートナーシップ

私たちは、プロジェクトの納品後も継続的なサポートを提供し、顧客が新しい技術を最大限に活用できるよう支援します。技術的な問題が発生した場合には迅速に対応し、業務の改善と効率化を継続的に促進します。

私たちのコンサルテーションサービスは、顧客が直面する課題を深く理解し、それに対する最適な解決策を提供することに重点を置いています。建設業界におけるデジタルトランスフォーメーションの推進において、私たちは信頼できるパートナーとして、顧客と共に未来を築いていきます。

 

 

当社は、建設業界に特化したMRホロレンズアプリの開発を通じて、業界に革新をもたらしています。この技術により、作業の効率化、安全性の向上、そして熟練労働者の不足という長年の課題への対応が可能になります。私たちのアプリは、複数のホロレンズデバイスやタブレットとの連携、ARマーカーによるコンテンツ配置、そしてアイトラッキングによるカウントといった革新的な機能を駆使して、建設現場の作業プロセスを根本から変えることを目指しています。

また、私たちの提供する無料コンサルテーションサービスは、顧客の課題を深く理解し、それに対する最適な解決策を一緒に創出することを目的としています。当社は技術的なソリューションの提供者であると同時に、顧客との長期的なパートナーシップを大切にし、共に成長していくことを志しています。

建設業界におけるデジタルトランスフォーメーションは、まだ始まったばかりです。私たちはこの変革の先駆者として、業界に新たな価値を提供し続けることに全力を尽くします。未来の建設現場を想像する時、それは技術と人間の協働によって、今までにないほどの効率と安全性を実現する場所となるでしょう。当社の開発したMRホロレンズアプリの数々の技術は、その変革を現実のものとするための重要な一歩です。

ご関心をお持ちの皆様、技術的な課題やプロジェクトに関するご相談がございましたら、ぜひ私たちにお問い合わせください。共に建設業界の未来を切り開きましょう。

実績一覧

ある工場で産業用ロボットの操作を実行する前のトレーニングで使用します。VRのトレーニングを通じて技術的な把握を深めリスクを軽減します。UNITYでVRアプリを開発しました。VRコントロールアプリはOculus Questデバイスで実行されるソフトウェアアプリケーションです。

iPhoneのLiDAR技術は、空間を高精度でスキャンし、保守点検作業を革新します。ユーザーはiPhoneを対象物に向け、LiDARセンサーがレーザー光を放射し、その反射を測定。これにより、建物や機器の3Dモデルが生成され、劣化箇所や異常を簡単に検出できます。

寿司協会様からの依頼で寿司職人向けのトレーニング補助アプリをスマートグラス「マイクロソフト ホロレンズ2」で作成しました。CGコンテンツは3DsMAXで製作し、ホロレンズARアプリはUNITYで制作しました。今回は要望を聞き取り企画から提案しアプリ制作まで実施しました。

私たちは「Akooland」というアプリを開発しました。これは、紙のぬり絵と拡張現実の組み合わせである無料のARゲームです。”Akooland”は、Thiên LongグループのCOLOKITブランド向けに開発され、2023年7月8日にApp StoreとGoogle Playで公式にリリースされました。

北海道科学大学の診療放射線学科 の「VR技術を応用した医療者向け教育ツール」のVRアプリの制作を担当しました。今回は、診療放射線機器の操作トレーニングをVRアプリで行います。デバイスは一体型VRヘッドセットのPico Neo2で、Unityで開発しアプリを実装しました。

無料相談
お問い合わせ