Home / 開発実績 / アプリ開発 / AI(人工知能)OCRで紙データを自動認識して管理するスマホアプリの開発

AI(人工知能)OCRで紙データを自動認識して管理するスマホアプリの開発

data
内容

AI OCRで紙データを自動認識して管理するスマホアプリの開発

日常生活で紙のデータをファイルケースなどに保管しておくことは生活の中で多くみかけられます。
このスマホアプリは、かさばりがちな紙データをスマホを使いAI OCRで自動認識で文字データを読み取り管理できるアプリです。AI (人工知能)OCRライブラリを使いました。

 

紙データをOCRで認識

紙データをそのまま写真で保管するのではなく、OCRで文字を読み取りタグ付けやコメントをつけることができます。

 

項目別にデータ化し検索性を向上

名刺で例えると、会社名、役職名、メールアドレス、電話番号などを項目別にデータ化することが可能です。紙ですとラベルなどで区別することもできますがとても不便です。AI OCRにより文字を項目別に構造化しデータ化すると検索性も向上できます。

 

名刺、領収書、証券などの読み取りに応用可能

OCRでの活字の読み取りはAI活用などで年々精度を上げています。
このアプリの応用例として領収書や証券、名刺など活用の幅は広がっております。

開発言語

Object-C/ Java/ NodeJS/ Linux/AI OCRライブラリ

 

対応範囲

要件定義:クライアント

デザイン:クライアント

仕様設計:ONETECH

製造:ONETECH

テスト:ONETECH

 

ベトナムオフショア開発での類似開発実績の紹

7セグメントディスプレイのデジタル数字認識OCRモジュール開発(SSOCR)

7セグメントディスプレイのデジタル数字を認識するモジュールを開発しました。
デバイスのデジタル数字が表示されている枠内の数字を自動解析します。決定木の手法と
SSOCR(seven segment optical character recognition)を利用しました。

このモジュールはホロレンズ(Microsoft HoloLens)、スマホなども応用可能です。

実績一覧

スマホアプリで商品パッケージをARフレームワークのVuforiaで読み取り、ARコンテンツ動画が楽しめます。 iPhone/Androidのアプリを制作しました。ARコンテンツを利用した販売促進キャンペーンにAR(Augumented Reality:拡張現実)が活用された事例です。

製造業のエンドクライアントからの要望でホロレンズMR遠隔支援アプリを制作 製造現場の複数拠点から3Dモデルも共有しながらリアルタイム通話で打ち合わせを実施できます。 UNITYとAR Foundationを利用して開発しました。

ホロレンズ、スマホで工作機械の起動手順、保守点検作業をARでガイドします。定期的な保守点検作業では作業記録を本アプリで記録して本部に送付することで業務効率化が実現できます。ポイントは、任意のARガイドの設定ができるので汎用性の高いシステムになっています。UNITYで制作しました。

お客様が該当の商品を購入して、パッケージを専用ARアプリで読み取ると人気アーティストのオリジナル動画が流れます。スマホアプリ(iOS/Andoroid) 自分の部屋の中で人気アーティストのパフォーマンスをARとして見ることができます。

クリニック向けに様々な情報を共有するポータルアプリ開発しました。システム開発後のシステムの保守も一緒にお請けしました。お仕事に役立つテクニック、アドバイス情報を配信するアプリケーションです。そのシステムの保守と運用を対応しています。

無料相談
お問い合わせ