Top / 開発実績 / アプリ開発 / スマートホームが推進。IoTスマート家電を制御、スマホからBluetoothで電灯をコントロールするスマホアプリ開発

スマートホームが推進。IoTスマート家電を制御、スマホからBluetoothで電灯をコントロールするスマホアプリ開発

スマートホームが推進。IoTスマート家電を制御、スマホからBluetoothで電灯をコントロールするスマホアプリ開発
Data
内容

■スマートホームが推進。IoTスマート家電を制御、スマホからBluetoothで電灯をコントロールするスマホアプリ開発

スマートホームを実現するIoTスマート家電を制御するスマホアプリの開発実績。
IoT電灯をBluetooth を使いスマホアプリで制御します。
クリスマスやハロウィンなどの季節イベントにより電灯の色を変えたり、音楽に反応して電灯を点滅させたりすることをスマホアプリでコントロールします。

Bluetooth接続にも対応。 スマホだけで基本操作が可能に。

朝の自然光のような目覚めをサポートするタイマー機能で眠りをサポート

雰囲気作りができるおすすめの点灯設定
外出時の操作・セキュリティ
音楽とのシンクロ
最大50個の電灯でイルミネーションのような演出が可能

 

スマートホームとは

スマートホームとは、IoTやAI、センサーやGPSで家電などを自動コントロールすることで快適な暮らしを実現する住宅のこと。多様なデバイス(機器)を組み合わせて、家の電化製品の制御など住む人のニーズに合わせた利便性を提供する。
自動化による省力化、警備や見守りで安全な暮らし、節電などの省エネの実現をすることができます。

■開発期間

開発期間
2016年5月から2016年7月
開発規模
3人月

■対応範囲

クライアント様より企画書をご提供いただき仕様把握

要件定義
クライアント様にて対応
技術的部分をサポート

基本設計・詳細設計
クライアント様が画面定義書を作成の上、内部設計をベトナムオフショアで対応
既存のガイドアプリをベースに設計

コーディング
Object-C/Javaで開発

システムテスト
単体テスト、結合テスト

受入テスト
クライアント様にて対応

■対応技術

Xcode/Java

 

■スマホアプリ開発の実績

iBeaconを利用した多言語対応のインバウンド向け鑑賞ガイドアプリをUNITYで開発
2020オリンピックに向けインバウンド需要がますます拡大しています。
インバウンド需要を見据え、他言語でのガイダンス

ONETECHはベトナムオフショアでスマホアプリを開発

2015年より200以上のスマホアプリを制作していきました。ネィティブアプリの開発、ハイブリッドアプリの開発など要望に応じて対応しています。オフショアのコストメリットだけではなく、クロスプラットフォーム言語での開発によりアプリ開発をリーズナブルに開発するご支援をしております。

実績一覧

タブレット学習用、鑑賞ガイドスマホをUNITYで開発しました。以前に開発した鑑賞用ガイドアプリをベースに学生向けの鑑賞ガイドアプリを開発しました。学習の一環として親しみやすい文化体験が行えるアプリです。

住宅販売会社様向けに顧客管理アプリを開発しておりましたが、その更新版を開発しました。 クライアント側はPC、スマホのブラウザで対応し、エンドユーザー側はiOS/Androidアプリで実装しました。クライアントの営業担当者とエンドユーザーがチャットでコミュニケーションができるというのが特徴のアプリです。

企業の研修コスト削減!Oculus Questで飲食チェーン接客トレーニングVRアプリ開発 VR(バーチャルリアリティ:仮想現実)コンテンツとVRアプリ開発を行いました。 新人やアルバイトの従業員がOculus QuestのHMDを装着して 飲食店にお客様が来客してからお会計までのトレーニングのシミュレーションができます。

Kinectを使用したWindowsアプリケーションの開発です。このデジタルサイネージアプリは人の動きに合わせてプロジェクターで投影された大量の3Dモデルも動きます。屋外型のイベントで使用されました。

昨今の防災意識が高まる中で、地方自治体の公式アプリを制作しました。有事の際に最寄りの避難場所を示す矢印がAR表示されるのが特徴です。ARはmetaio SDKとgoogle mapのマッシュアップで制作