Banner News
HOME / NEWS / 『VR・AR・MR業務支援アプリの活用事例』セミナー動画を公開しました。

 『はじめてのオフショア開発セミナー』 動画を公開しました。 『VR・AR・MR業務支援アプリの活用事例』セミナー動画を公開しました。

2020.09.09
『VR・AR・MR業務支援アプリの活用事例』セミナー動画を公開しました。

 

先日ご好評いただきました7月2日(木)セミナー『VR・AR・MR業務支援アプリの活用事例』の動画を公開しました。
沢山のお客様より、ホロレンズ遠隔支援、VR会議アプリなどのデモアプリにご関心をお持ちいただき、
アプリのお問い合わせいただきました。
今後も引き続き開発を行っていく予定ですので、少しでもご興味がございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

『VR・AR・MR業務支援アプリの活用事例』セミナー動画を公開しました。

『VR・AR・MR業務支援アプリの活用事例』セミナー動画を公開しました。

 

 ①VR・AR・MRを業務で活かすには

 1.VR・AR・MRを業務で活かすには
・受注から見るXRのトレンド
・2020生産性の向上のためのXR

Video ①VR・AR・MRを業務で活かすには

②VRの活用事例と実績の紹介

・VR活用事例
・VR実績の紹介
 ①製品・サービスをプレゼンテーション
 ②研修・安全教育 VRトレーニング
 ③VR空間で遠隔ミーティング

Video ②VRの活用事例と実績の紹介

③ARの活用事例と実績の紹介

・AR活用事例
・AR実績の紹介
 ①製品・サービスをプレゼンテーション
 ②研修・安全教育 ARトレーニング
 ③AR空間で遠隔ミーティング

Video ③ARの活用事例と実績の紹介

④MRの活用事例と実績の紹介 活用例1

・MR活用事例
・MR実績の紹介
 ① HoloLens作業支援MRアプリ
 ② MR実績紹介
  製造作業管理システム
  検品作業管理システム
 ③ AIによる画像認識技術・文字認識技術

Video ④MRの活用事例と実績の紹介 活用例1

⑤MRの活用事例と実績の紹介 活用例2

・3Dホログラムを活用したHoloLens(ホロレンズ)
本セミナーの資料も送付可能です。以下にお問合せください。

Video ⑤MRの活用事例と実績の紹介 活用例2

⑥VR・AR・MRをオフショアで開発するには

・発注までの流れ
・VR,AR,MR開発の事前準備
・VR,AR,MR開発の注意点
・OTA代表タオから挨拶

Video ⑥VR・AR・MRをオフショアで開発するには

⑦VR・AR・MRをオフショア開発の質疑応答

・会社紹介 ・質疑応答

Video ⑦VR・AR・MRをオフショア開発の質疑応答

本セミナーの資料も送付可能です。以下にお問合せください。
https://onetech.jp/contact




2021年10月22日 (金)「バインミーバーバー 中目黒店」NEW OPEN

2021年10月22日 (金)「バインミーバーバー 中目黒店」NEW OPEN
News|2021.10.20

バインミーバーバーの4店舗目が東京の中目黒にNEWOPENしました。 コロナ禍の中苦しい状況が続きますが、”美味しさ”と”心地よさ”を徹底して お客様のからの支持もじわじわと増え続けています。 中目黒の駅から1分です。 お近くにきた際はぜひご賞味ください。

【9/2無料セミナー】海外へシステム開発アウトソーシング『はじめてのベトナムオフショア開発と成功事例紹介』

【9/2無料セミナー】海外へシステム開発アウトソーシング『はじめてのベトナムオフショア開発と成功事例紹介』
News|2021.08.26

◆コロナ禍でもシステム開発体制を維持管理できる海外アウトソーシングのオフショア開発が注目 いまだに収束が見えずにいるコロナ禍の中でも企業の生産性改革のためにDX(デジタルトランスフォーメーション)は必

【One Technology Japan】夏季休暇のお知らせ 8月11日(水)~8月16日(月)

【One Technology Japan】夏季休暇のお知らせ 8月11日(水)~8月16日(月)
News|2021.08.09

お客様各位 平素より大変お世話になっております。 【One Technology Japan】夏季休暇のお知らせ 8月11日(水)~8月16日(月)まで 上記期間中の電話、メールによるお問合せ及び回答

【受付開始】マイグレーションコスト削減セミナー開催 8月5日(木)14時

【受付開始】マイグレーションコスト削減セミナー開催 8月5日(木)14時
News|2021.07.21

オフショアを活用したマイグレーションのコストの大幅削減などのメリットや移行時のポイントについてご紹介します。VB6.0のままで継続使用するか、それともVB.NETやASP.NETへマイグレーションするか、お悩みのお客様が対象です。

無料相談
お問い合わせ