Home / 開発実績 / Webシステム開発 / 自動運転テストシステム、自動車CGコンテンツ制御シミュレーターUnityアプリ開発

自動運転テストシステム、自動車CGコンテンツ制御シミュレーターUnityアプリ開発

自動運転テストシステム、自動車CGコンテンツ制御シミュレーターUnityアプリ開発
非公開の場合:画像はイメージです。実際の画像は非公開となります。
data
内容

■自動運転テストシステム、自動車CGコンテンツ制御シミュレーターUnityアプリ開発

PCで定義したテストシナリオに沿って自動車の3Dオブジェクトのシミュレーションができます。運転支援テストシステムを開発。自動車3Dをスクリーンへ投影して道路に移動し障害物を避けて検査が行えます。
コンテンツ内の自動車のCGや道路、背景のCG制作も対応いたしました。

■自動運転テストシステム、自動車CGコンテンツ制御シミュレーターシステムの特徴

車の前方の情報と同期した同一情報の距離、速度/RCSのシナリオに沿って自動運転のシミュレーションすることができます。
車載カメラからの視点と車載レーダーからの情報も反映しプロジェクタでスクリーンに
投影することで室内でも実地に近い検査を実現することができました。
シナリオに基づいてセンサーとライブラリが連携します。
通信プロトコルは OSC(OpenSoundControl)を利用して実装
センサーからのデータは、車の速度、車対車の距離、カーブの情報を元に
自動車の3Dオブジェクトがシミュレーションします。

■作業内容

1.自分の車載カメラから見た室内の自動車CG制作
2.前方に表示する自動車CG制作
3.道路やマンホールなど背景CG制作
4.自動車とレーダー機器と連携させ、事前に作成したテストシナリオ
(走行、減速、加速、停止、車線変更など)に基づいて、走行する自動運転テスト機能

自動車のレーダーと自動車のカメラを融合(Fusion)した装置をテストシステム

■開発期間

開発期間
2019年7月から2019年11月
開発規模
3人月

■対応範囲

課題のヒヤリング
お客様よりシステム開発の仕様書から仕様把握

要件定義
すり合わせ会議を重ねて仕様を検討
システム部分をサポート

基本設計・詳細設計
クライアントが定義したシステムシナリオに沿って詳細設計を実施

コーディング
Maya、3ds MaxでCG制作
UNITYでコーディング作業

環境構築
Windowsアプリケーションを開発

システムテスト
単体テスト、結合テスト
ソフトウェア開発の品質基準よりバグ検出密度を設定し、障害発生件数から不具合分析を実施

受入テスト
担当エンジニアがクライアント先に出張して受入テストを実施
クライアント様側での環境にてテストを実施

■対応技術

開発言語: Unity 2017
デザイン: 3DMaxs
通信プロトコル: OSC(OpenSoundControl)

※OSC(OpenSoundControl)
アプリケーション間の通信プロトコルで、主に音楽関連のデータをやり取りすることを目的に設計
異なるアプリケーションやハードウェア間でのデータ通信を行うための規格

■今後のアップデート

今後も複数パターンのマルチレーンや複数の自動車などのシナリオに対応してアップデートしていく予定です。

■類似実績

・トレーニング用プラント運転訓練シミュレータVRアプリ開発
外部シミュレーションソフトと連動したメータ機器を操作できる
訓練トレーニングVRアプリを開発しました。

ONETECHUNITYでAR/VRアプリの開発
AR/VR/MR開発は2015年より取り組んでおります。UNITYの技術者育成に力を入れて取り組んでいます。HoloLens/Oculus/HTC VIVE/Nreal Lightなど最新のデバイスも取り揃えています。

フロントエンド、バックエンド、サーバサイドの開発も一括して受けられます。
AR/VR/MRアプリ開発AI開発、3DCG制作、HoloLensアプリ開発に興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

 

実績一覧

■診療予約システムをVB.Net(Visual Studio2019)へマイグレーション 診療予約システムを2008年からパッケージ販売しているクライアントの案件です。 今回はVB6.0からWindo

クライアント様のデバイス機器とAWSソリューションと連携してデバイス機器の操作やデータを取得してダッシュボードなど可視化する 企画の元、研究開発を一貫としてAWSのサーバー構成の設計・構築を対応いたしました。

近年、法的要件の厳格化により、企業や組織は電子帳簿の管理にますます注意を払っています。2024年には、電子取引データの電子保存義務がさらに強化される見込みです。このような法改正に適切に対応するためには

さくらクラウドでのシステム対応できるエンジニアを確保できないため、AWSクラウドへマイグレーションします。

住宅の内装を360コンテンツで回遊できるシステムを開発しました。住宅メーカーはリコーTHETAなどの360度カメラで撮影したデータをCMS(コンテンツマネジメントシステム)から簡単に登録できます。各部屋への移動を設定でき簡単に360コンテンツを作成できます。

無料相談
お問い合わせ