Home / 開発実績 / R&D / VPSベースのマーカーレス型AR道案内デモアプリ開発

VPSベースのマーカーレス型AR道案内デモアプリ開発

VPSベースのマーカーレス型AR道案内デモアプリ開発
data
内容

■VPSベースのマーカーレス型AR道案内デモアプリ開発

ARの普及のために活用が期待されるVPSの研究開発の一環としてVPSベースのマーカ不要のARアプリを開発しました。
VPSにより空間認識を正確に処理しマーカーレスで屋内の道順を案内できるARアプリです。
空間を認識した上で、道順を作成するコンテンツ作成機能も実装しました。
UNITYベースでクロスプラットフォーム開発によりiOS/Android両デバイス対応

※VPS(Visual Positioning System)とは
画像から位置を測定するサービス・システム
カメラ映像とスキャン済みの空間情報の照合により、仮想と現実の空間を位置合わせするARの活用の鍵を握る技術です。

 

■お客様の課題

VPSを活用した実績、対応事例を増やして活用の場を広げたく
AR開発を提案できるパートナーを探されていました。

 

■マーカーレス型AR道案内デモアプリ開発の特徴

VPS技術を利用した正確な空間認識処理を実現しました。
正確に屋内の空間を認識し矢印のCGで行きたい部屋を案内します。
案内した部屋のコンテンツ作成機能を実装し複数の案内パターンを作成可能です。
拡張しやすいように別途VPSデータを取り込む機能も実装し他の建物パターンも追加可能

作業内容
・空間上に案内するモデルを配置してシナリオ作成
・配置したモデルを読み込んで道案内視聴
・VPS処理、取り込み機能
・簡易的なCG制作

※ARとは
AR(Augmented Reality : 拡張現実) とは、シミュレーションした環境で現実の環境を拡張しするテクノロジーです。
現実の風景の中にCGでつくられた3D映像やキャラクターなどのデジタルコンテンツやデータを重ねて表示して現実世界を拡張する技術です。

 

■システム開発期間

開発期間
2022年6月から2022年8月
開発規模
5人月

■対応範囲

課題のヒヤリング
クライアントより企画内容をヒアリングしました。

要件定義
ヒアリングした内容を元にアプリ開発仕様を弊社からご提案しました。

基本設計・詳細設計
アプリの画面定義を弊社で対応しました。

コーディング
Unity開発

受入テスト
クライアント様で対応しました。

システム保守・運用
サポート対応

 

■対応技術

Unity

 

■今後のアップデート

今後は、コンテンツ管理できる管理画面を開発しユーザーが運用できるように対応する計画があります。

 

■類似実績

現場の課題解決のためのARの応用。医療機器のARマニュアルアプリ
ARマニュアルアプリを起動して医療機器をスキャンます。ARマニュアルアプリ通してして機器を自動認識でマニュアルが表示されます。AR(オーグメンテッドリアリティ:拡張現実)

ONETECHは、Webサイトを始めさまざまなシステム開発、アプリ開発、ソフトウェア開発ベトナム オフショアで開発しています。

2015年から上場企業からスタートアップ企業までお客様80社以上の250以上のプロジェクトに関わってきた豊富な開発実績があります。

実績一覧

寿司協会様からの依頼で寿司職人向けのトレーニング補助アプリをスマートグラス「マイクロソフト ホロレンズ2」で作成しました。CGコンテンツは3DsMAXで製作し、ホロレンズARアプリはUNITYで制作しました。今回は要望を聞き取り企画から提案しアプリ制作まで実施しました。

北海道科学大学の診療放射線学科 の「VR技術を応用した医療者向け教育ツール」のVRアプリの制作を担当しました。今回は、診療放射線機器の操作トレーニングをVRアプリで行います。デバイスは一体型VRヘッドセットのPico Neo2で、Unityで開発しアプリを実装しました。

「HOUSE DECOR」とは新しい住居を探す際にパソコン操作で住宅、マンションなど床や、壁紙の変更と見積もりができるステムです。家具のグレードと色を変更できる機能、ZOOMを登録しておくとハウスメーカーの営業担当とお客さまがオンライン面談できる機能を追加しました。

クライアント様のデバイス機器とAWSソリューションと連携してデバイス機器の操作やデータを取得してダッシュボードなど可視化する 企画の元、研究開発を一貫としてAWSのサーバー構成の設計・構築を対応いたしました。

ONETECHはベトナムでVR(バーチャルリアリティ:仮想現実)空間でアバターでコミュニケーションができるバーチャルオフィスシステムを開発しています。 今回のアップデートで、実際のオフィスのようにエントランスからロビーを通り会議室に入室して会議ができるように更新しました。

無料相談
お問い合わせ