Home / 開発実績 / XR(AR/VR/MR) / 作業現場における危険体験をVRでリアルに体感_VR安全トレーニングアプリを開発

作業現場における危険体験をVRでリアルに体感_VR安全トレーニングアプリを開発

作業現場における危険体験をVRでリアルに体感_VR安全トレーニングアプリを開発
data
内容

■作業現場における危険体験をVRでリアルに体感_VR安全トレーニングアプリを開発

安全教育の危険体験シミュレーションのVRコンテンツ制作とアプリ開発を行いました。
VRヘッドマウントディスプレイのHTC VIVEを使用し、実際の現場で起こりうる事故を仮想空間内で体験することができます。
危険体験シミュレーションによる安全教育

■研修やトレーニングのコストがクライアントの課題

安全について座学で勉強したり聞いたりしても、実際に自分で体験していない
危険性の高い業務などは説明のみでは身につかないなど課題がありました。

■VR安全トレーニングアプリの特徴

バーチャルリアリティ(VR)技術を活用して、作業者のリスクや事故の発生プロセスを学ぶ体験型の安全教育アプリを開発しました
あらゆる状況を再現し、よりリアルな事故演出を実現し事故シミュレーション対応
現実では難しい、事故による危険体験をVRで実現。
VRヘッドマウント
ヘッドマウントディスプレイは、HTC_VIVEで対応しました。
トレーニングデバイスとしてこれから需要が多くなると思われます。

・UNITYで開発しマルチデバイスに汎用的に対応

UNITYで開発していますので、様々なデバイスにアウトプットも可能です。
UNITYの物理エンジンで事故発生時の衝突の衝撃を再現するのに苦労しました。

■開発期間

開発期間
2020年2月から2020年3月
開発規模
2人月

■対応範囲

課題のヒヤリング
企画書をご提供いただき対応方針をサポート

要件定義
コンテンツのシナリオ含めて要件定義はクライアント様にて対応いただきました

基本設計・詳細設計
クライアント様が外部設計書を作成し、コンテンツのシナリオに沿って内部設計を弊社で対応しました。

コーディング
Unityで開発

システムテスト
単体テスト、結合テストをしました。

受入テスト
クライアント様にて対応。

■対応技術

UNITY

■今後のアップデート

今後も危険体験、安全教育のVRトレーニングのコンテンツを追加していく予定でございます。

■VR安全トレーニングVRアプリと類似実績

[Oculus Quest]企業の研修コスト削減!飲食チェーン接客トレーニングVRアプリ開発
Oculus Questで飲食業の従業員向けの接客トレーニングVRアプリの開発

VRの技術進歩によりいまVR研修やVR安全教育が注目されています。
スタンドアローン型のHMDにより高スペックのPCがなくてもハイクオリティな
VR体験が低コストで可能になりました。
教育、研修、訓練といった体験が重視される分野で、
最新のAR、MRを取り入れ、最良の教育ソリューションを提供します。

ONETECHはUNITYでAR/VRアプリの開発
AR/VR/MR開発は2015年より取り組んでおります。UNITYの技術者育成に力を入れて取り組んでいます。HoloLens/Oculus/HTC VIVE/Nreal Lightなど最新のデバイスも取り揃えています。

フロントエンド、バックエンド、サーバサイドの開発も一括して受けられます。
AR/VR/MRアプリ開発AI開発3DCG制作、HoloLensアプリ開発に興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

実績一覧

好きなキャラクターや3DアバターがARで出現して、一緒に撮影できるARアプリを開発しました。 ARで表示したアバターは、小さくしたり大きくしたり自由に変形することできます。 アバターごとに個別のモーションを実装し、好きなキャラクターで様々なシチュエーションで撮影することができます。 自動で月額課金するアプリ内課金のサブスクリプションも実装しました。

医療系専門学校で臨床工学士向けの心臓カテーテル検査のトレーニングが行われています。研修では実際の手術の状況での機器の操作の仕方などを学ぶことには限界があります。そこで実際の医療現場に近い状況をバーチャル空間で再現して、反復練習できるVRの活用に注目が集まっています。

ある工場で産業用ロボットの操作を実行する前のトレーニングで使用します。VRのトレーニングを通じて技術的な把握を深めリスクを軽減します。UNITYでVRアプリを開発しました。VRコントロールアプリはOculus Questデバイスで実行されるソフトウェアアプリケーションです。

寿司協会様からの依頼で寿司職人向けのトレーニング補助アプリをスマートグラス「マイクロソフト ホロレンズ2」で作成しました。CGコンテンツは3DsMAXで製作し、ホロレンズARアプリはUNITYで制作しました。今回は要望を聞き取り企画から提案しアプリ制作まで実施しました。

北海道科学大学の診療放射線学科 の「VR技術を応用した医療者向け教育ツール」のVRアプリの制作を担当しました。今回は、診療放射線機器の操作トレーニングをVRアプリで行います。デバイスは一体型VRヘッドセットのPico Neo2で、Unityで開発しアプリを実装しました。

無料相談
お問い合わせ