Top / 開発実績 / AR/VR/MR 開発 / ARkitでつくってみたスマホシューティングゲーム(R&D)

ARkitでつくってみたスマホシューティングゲーム(R&D)

Data
内容

ARkitを研究開発してみたARアプリ「AR GALAXY FIGHTING」

2017年にARkitが発表されすぐにベトナムエンジニアが企画して作りました。ONETECHでは定期的にR&Dで新しい技術に常に挑戦しています。

ARkitとは

ARKitは、Appleが提供する開発者向けのARフレームワークです。アップルがiOS端末でAR機能を実現するために、開発者向けに提供しているのがARKitです。ARkitによって専用機器を使わなくても、iPhoneやiPadのカメラで手軽にARアプリを利用できます。バージョンアップに伴って機能は改善されていき、WWDC2019ではARKit3の機能やツールが公開されました。物体を置いたイメージを実現するだけでなく、現実世界にCGを重ねられるのが特徴です。また異なる端末同士でもリアルタイムにAR空間情報を共有することが可能になります。

 

AR GALAXY FIGHTINGの特徴

AR GALAXY FIGHTINGを起動したスマホを空にかざすと空からUFOがあなたを襲ってきます。
あなたは未確認物体をスマホに搭載されたガンで撃ち落とさなければいけません。

 

実績一覧

ウィズコロナ時代のニューノーマル非接触型コミュニケーションとして期待されているVR会議システム、VRオフィスシステム。2020年7月のセミナーで披露しましたが、非常にお問い合わせが多く9月に再度バージョンアップを行いました。

企業の研修コスト削減!Oculus Questで飲食チェーン接客トレーニングVRアプリ開発 VR(バーチャルリアリティ:仮想現実)コンテンツとVRアプリ開発を行いました。 新人やアルバイトの従業員がOculus QuestのHMDを装着して 飲食店にお客様が来客してからお会計までのトレーニングのシミュレーションができます。

マイクロソフトのMRデバイスHololens2向けに建設予定の倉庫を3Dでホログラムでプレゼンテーションが可能です。プレゼンターがiPadでホロレンズ側の3Dホログラムを動かすしながら説明ができます。

iOSのFace Traking with ARkitの機能を使いスマホアプリのカメラで人の顔を認識します。 実際の顔に自動的に3Dアニメーションを被せてAR(オーグメンテッドリアリティ:拡張現実)表示させることができるアプリです。

YoloフレームワークとOpenCVを利用して、物体や文字を画像認識で読み取る。データによる情報表示、サーバー側にデータ格納。ホロレンズ(HoloLens)MR業務効率化支援アプリ。