Home / 開発実績 / AR/VR/MR 開発 / エンタメVRコンテンツを有機ELディスプレイ搭載のVive Focus(HMD)への移植開発

エンタメVRコンテンツを有機ELディスプレイ搭載のVive Focus(HMD)への移植開発

エンタメVRコンテンツを有機ELディスプレイ搭載のVive Focus(HMD)への移植開発
data
内容

エンタメ向けVRコンテンツを有機ELディスプレイ搭載のVive Focus(HMD)への移植開発

人気のエンタメVRコンテンツをVive Focusに移植しました。
Vive Focusの有機ELディスプレイでさらにリッチなVR体験が売りです。
HTCのVRプラットフォームのVIVEPORTで配信されます。
3Dキャラクターとコミュニケーションしたり、VR仮想空間内で遊ぶことができます。
UNITYで開発しました。

 

Vive Focusの特徴

今回は話題となっているVive Focusに対応しました。ViveFocusの特徴を紹介します。

1)有機ELディスプレイで2880×1600のトップクラスの解像度

Vive Focusの搭載液晶は2880×1600とトップクラスの解像度が採用されています。
有機ELディスプレイの美しい映像は没入感やコンテンツ体験の質に優れVRとの相性抜群です。

2)外部カメラの映像をそのまま映すことのできる「パススルーモード」

ヘッドセットつけたまま外部カメラの映像をそのまま映すことができる「パススルーモード」も搭載しています。HMD装着のまま周囲の状況を確認できます。

3)動き回れるインサイドアウト・トラッキング技術外部カメラ不要のトラッキング機能

外部カメラ不要でセンサー等も必要とせずに動き回れるインサイドアウト・トラッキングと呼ばれる技術を搭載しています。センサーによってユーザーの位置を特定することができます。

実績一覧

スマホ(Android/iphone)で手軽にVR動画を楽しめる動画再生アプリを開発しました。VR動画と2D動画の両方で学べる美容業界の教育動画サービスとなります。VR動画を立体的に見る為の、VR用の再生アプリとなります。

スマホアプリで商品パッケージをARフレームワークのVuforiaで読み取り、ARコンテンツ動画が楽しめます。 iPhone/Androidのアプリを制作しました。ARコンテンツを利用した販売促進キャンペーンにAR(Augumented Reality:拡張現実)が活用された事例です。

製造業のエンドクライアントからの要望でホロレンズMR遠隔支援アプリを制作 製造現場の複数拠点から3Dモデルも共有しながらリアルタイム通話で打ち合わせを実施できます。 UNITYとAR Foundationを利用して開発しました。

ホロレンズ、スマホで工作機械の起動手順、保守点検作業をARでガイドします。定期的な保守点検作業では作業記録を本アプリで記録して本部に送付することで業務効率化が実現できます。ポイントは、任意のARガイドの設定ができるので汎用性の高いシステムになっています。UNITYで制作しました。

ONETECHはベトナムでVR(バーチャルリアリティ:仮想現実)空間でアバターでコミュニケーションができるバーチャルオフィスシステムを開発しています。 今回のアップデートで、実際のオフィスのようにエントランスからロビーを通り会議室に入室して会議ができるように更新しました。

無料相談
お問い合わせ