Top / 開発実績 / AR/VR/MR 開発 / ベトナム駐在員事務所設立とオフショアラボUNITYアプリ開発、受託開発での業務提携

ベトナム駐在員事務所設立とオフショアラボUNITYアプリ開発、受託開発での業務提携

ベトナム駐在員事務所設立とオフショアラボUNITYアプリ開発、受託開発での業務提携
Data
内容

広告制作会社のベトナム駐在員事務所の設立とオフショアラボ開発、受託開発で業務提携

2016年7月ベトナム広告制作会社様の駐在員事務所の設立をしました。弊社代表のグエンラムタオが現地責任者となりました。この広告制作会社様はWEB開発、アプリ開発を多く手掛けています。特に最近はxR分野に力を入れている会社です。日本の地方都市に会社があり、エンジニアの人材不足に課題を持っておりました。

xR分野での成長

xR分野(VR:バーチャルリアリティ、AR:アーグメンテッドリアリティ、MR:ミックスドリアリティ)ではゲーム開発エンジンのUNITYが使用されることが多いです。一方でUNITYはゲームエンジンであるが故にゲーム会社に多数在籍しています。しかしxR分野でも広告などの手法や最近では業務に応用されることが増えてきました。ONETECHは2015年からxR分野に注目しUNITYエンジニアの育成に力を入れてきました。このクライアント様もONETECHのxRとUNITYエンジニアに期待をいただきました。

 

東南アジアでベトナムを選択

この会社様はタイやフィリピンにも拠点を構えています。タイは広告マーケティング分野での進出フィリピンはCG制作とそれぞれの特徴を生かした東南アジア進出をしているようです。システム開発、WEB開発、アプリ開発ではベトナムが東南アジアでは優位性があります。ベトナムを選んだ理由はそこにあります。

 

対応範囲

・ベトナム駐在員事務所の設立支援(登記)
・ラボ開発チーム構築(UNITY、アプリ開発)
・ベトナム駐在員事務所の管理

2017年にはベトナム人エンジニアと日本人ディレクターが交換インターンシップ

2017年には日本から1ヶ月日本人のディレクターがベトナムの当社に研修にきました。弊社UNITYエンジニアと1ヶ月間のプロジェクトを組み、スマホアプリゲームを制作しました。また同じ時期にベトナム人UNITYエンジニアが日本に研修に来ました。初めての海外で非常に貴重な体験をさせていただきました。

 

設立3年目でベトナムオフショアで50以上のスマホアプリやWEBサイトを制作

こちらのクライアント様はラボ開発と、受託開発を受注状況に応じてコントロールしています。
納品したアプリやWEBシステムは50を超えております。
特にUNITYでのVR、AR開発は常に3、4プロジェクトを制作をしている状態です。
お客様とも信頼関係を構築できてとても良い関係でお仕事をさえていただいております。

ONETECHはベトナム進出をサポートします!

ONETECHベトナムオフショア 開発/ラボ型開発

ONETECHベトナムオフショア 開発/ラボ型開発

◆ベトナム進出ステップ

ステップ1 ラボ開発体制構築

御社開発スキルにあったエンジニアを採用します。
採用は面接会で行います。
ラボ契約なので、御社は開発に専念できます。
責任者候補(PM)、ブリッジ(BSE)などのキーマンを採用します。
この期間に、①プロジェクト管理、②バックオフィス関連業務の引き継ぎ
足りないリソース(PM、ブリッジ、プログラマー)はONETECHが提供することも可能です。
短期的に、日本人PMがベトナムへ、ベトナム人(PM,BSE)が日本へ出張しての教育も可能です。

 

ステップ2 駐在員事務所設立

オフィスはONETECHの近くもしくは同じビル、同じフロアをご提案します。
登記完了までは、3ヶ月間を見込んでください。

サービス 目的 費用 ポイント
駐在員事務所 開発拠点づくり 設立費用
33万円/初回のみ管理費用
2万円/月〜
・期間5年
・所長はOTAから選出可
・御社は常駐なし
・必要に応じて支社へ
・オフィスはOTA近郊
支社 開発拠点営業活動 設立費用
66万円/初回のみ管理費用
15万円/月〜
・代表者を複数たてるか、委任することで常駐はなし
・税務申告必要
・オフィスはONETECH近郊

 

ステップ3 自社マネジメントへ移行

ステップ1で採用した社員を御社社員として転籍。
バックオフィス関連業務を、内部か外部で実施するか検討し移管。
必要に応じて支社への昇格も検討

サービス 詳細 サービス 詳細
経営管理 ・定例MTG参加
・日本駐在員サポート(情報提供)
・各種経営情報提供、経営アドバイス
・B2Bマッチング等(紹介)
・専門家との通訳(バックオフィス関連)
・ベトナム管理者への教育
・人事・評価等のアドバイス
会計・税務・監査 ・月次・年次会計帳票(PL BS)まとめ
・決算書作成
・税務全般
・監査
総務・ITインフラ ・オフィス環境整備
・ネットワーク設定(インターネット、サーバ)
・PC、設備購入
・資産管理
法務 ・現地弁護士の紹介やアドバイス
・事案発生時対応/顧問契約の提案
経理 ・内部の経費管理
・領収書の取りまとめ
・給与計算と支払い、経費の支払い
・勤怠管理:出勤と退勤、残業の計算
人事・労務 ・現地の組織運営ノウハウの提供
・社員旅行や、各種パーティなどサポート
・社員評価基準のアドバイス
・労務、社会保険や所得税の申告
・人材採用
実績一覧

ONETECHはベトナムでVR(バーチャルリアリティ:仮想現実)空間でアバターでコミュニケーションができるバーチャルオフィスシステムを開発しています。 今回のアップデートで、実際のオフィスのようにエントランスからロビーを通り会議室に入室して会議ができるように更新しました。

バーチャル空間で実際にオフィスにいるかのように、VR空間上で会議や共同作業をします。 TapStrap(タップストラップ)をつかったタッチタイピングも可能です。 VRバーチャルオフィスアプリを開発しました。Oculus Questに対応しています。

橋梁やトンネルなどの保守点検業務のDX(デジタルトランスフォーメーション)のための研究開発案件です。点検履歴は通常設計図に補修箇所や補修箇所の情報を手書きで書き込んで残しています。今回はまず紙データの点検履歴をデータ化します。そしてホロレンズ上で点検履歴を現物と照査してAR表示する研究開発を実施しました。

デジタルツインの活用として、本アプリは作業者と遠隔地にいるエキスパートとリアルタイムで作業の状況を共有することができます。今回のアップデートでARマニュアル機能と、セブンセグメントのデジタル数値を認識する機能をアップデートしました。

ウィズコロナ時代のニューノーマル非接触型コミュニケーションとして期待されているVR会議システム、VRオフィスシステム。2020年7月のセミナーで披露しましたが、非常にお問い合わせが多く9月に再度バージョンアップを行いました。