Top / 開発実績 / アプリ開発 / AI(人工知能)OCRで紙データを自動認識して管理するスマホアプリの開発

AI(人工知能)OCRで紙データを自動認識して管理するスマホアプリの開発

Data
内容

AI OCRで紙データを自動認識して管理するスマホアプリの開発

日常生活で紙のデータをファイルケースなどに保管しておくことは生活の中で多くみかけられます。
このスマホアプリは、かさばりがちな紙データをスマホを使いAI OCRで自動認識で文字データを読み取り管理できるアプリです。AI (人工知能)OCRライブラリを使いました。

 

紙データをOCRで認識

紙データをそのまま写真で保管するのではなく、OCRで文字を読み取りタグ付けやコメントをつけることができます。

 

項目別にデータ化し検索性を向上

名刺で例えると、会社名、役職名、メールアドレス、電話番号などを項目別にデータ化することが可能です。紙ですとラベルなどで区別することもできますがとても不便です。AI OCRにより文字を項目別に構造化しデータ化すると検索性も向上できます。

 

名刺、領収書、証券などの読み取りに応用可能

OCRでの活字の読み取りはAI活用などで年々精度を上げています。
このアプリの応用例として領収書や証券、名刺など活用の幅は広がっております。

開発言語

Object-C/ Java/ NodeJS/ Linux/AI OCRライブラリ

 

対応範囲

要件定義:クライアント

デザイン:クライアント

仕様設計:ONETECH

製造:ONETECH

テスト:ONETECH

 

ベトナムオフショア開発での類似開発実績の紹

7セグメントディスプレイのデジタル数字認識OCRモジュール開発(SSOCR)

7セグメントディスプレイのデジタル数字を認識するモジュールを開発しました。
デバイスのデジタル数字が表示されている枠内の数字を自動解析します。決定木の手法と
SSOCR(seven segment optical character recognition)を利用しました。

このモジュールはホロレンズ(Microsoft HoloLens)、スマホなども応用可能です。

実績一覧

タブレット学習用、鑑賞ガイドスマホをUNITYで開発しました。以前に開発した鑑賞用ガイドアプリをベースに学生向けの鑑賞ガイドアプリを開発しました。学習の一環として親しみやすい文化体験が行えるアプリです。

住宅販売会社様向けに顧客管理アプリを開発しておりましたが、その更新版を開発しました。 クライアント側はPC、スマホのブラウザで対応し、エンドユーザー側はiOS/Androidアプリで実装しました。クライアントの営業担当者とエンドユーザーがチャットでコミュニケーションができるというのが特徴のアプリです。

企業の研修コスト削減!Oculus Questで飲食チェーン接客トレーニングVRアプリ開発 VR(バーチャルリアリティ:仮想現実)コンテンツとVRアプリ開発を行いました。 新人やアルバイトの従業員がOculus QuestのHMDを装着して 飲食店にお客様が来客してからお会計までのトレーニングのシミュレーションができます。

Kinectを使用したWindowsアプリケーションの開発です。このデジタルサイネージアプリは人の動きに合わせてプロジェクターで投影された大量の3Dモデルも動きます。屋外型のイベントで使用されました。

昨今の防災意識が高まる中で、地方自治体の公式アプリを制作しました。有事の際に最寄りの避難場所を示す矢印がAR表示されるのが特徴です。ARはmetaio SDKとgoogle mapのマッシュアップで制作