Top / 開発実績 / アプリ開発 / バスのキャッシュレス決済、QRコードリーダーと専用のAndroid端末アプリ開発

バスのキャッシュレス決済、QRコードリーダーと専用のAndroid端末アプリ開発

バスのキャッシュレス決済、QRコードリーダーと専用のAndroid端末アプリ開発
Data
内容

バスのキャッシュレス決済、QRコードリーダーと専用のAndroid端末アプリ開発

公共交通機関でのキャッシュレス化が進む中で、バスの車内でキャッシュレス決済をするためのandroidアプリ開発QRReader と Android を Selial 接続しアプリで読み込みます。Android Javaで開発。

■バスのQRキャッシュレス決済のフロー

ユーザーはバスの車内のQRコードリーダーにQRをかざします。
QRコードリーダーと連携する専用のAndroid端末アプリで決済をする仕組みです。

 

■バスのQRキャッシュレス決済の開発範囲

QRコードリーダーと連携するコンソール部分の開発を担当
QRReader と Android を Selial 接続しアプリで読み込み
Sereal通信には Usb serial controller for Androidライブラリを使用
Android Javaで開発

 

■準委任契約でアジャイル開発

下記の技術者が準委任契約で開発を担当
クライアント担当者とコミュニケーションをとりながらアジャイル開発

・Android経験:5年間
・言語:Java/Kotlin
・アプリの業務:動画画像撮影、動画画像処理、ソーシャルネットワーク、チャット、不動産、ヘルスケア、ゴルフネットワーク

 

 

■ONETECHのキャッシュレス決済の実績

普及が急速にすすむキャッシュレス決済ですが、前払い、即時払い、後払いに分類できます。

前払いは、交通系、流通系の電子マネーが当てはまり利用金額を事前にチャージしておいて決済時に引き当たられる支払い方法です。即時払いは銀行系や一部の金融国際ブランドが提供していてリアルタイムで銀行口座から引き落とされる形式です。後払いはクレジットカードが主流です。

また支払いはカードリーダーなどで読み込む接触型、近距離無線によって読み込む非接触型があります。またPaypayやLINE PAY、楽天Payといったコード読み取り型も急速に普及しています。

ONETECHではECサイトで使われるクレジットカード決済や、銀行振り込み、コンビニ支払い。キャリア支払いの開発実績はかなり多くあります。最近はサブスクリプションの課金開発のご依頼も増えてきました。サブスクリプションの開発実績ももちろんあります。また海外でよく使われているpaypalの実績もあります。今回はQRコード決済の一部の開発も担当しました。

 

■開発期間

開発期間
2019年10月から2019年12月

開発規模
2人月

■対応範囲

課題のヒヤリング
クライアントよりシステム開発仕様書から仕様把握

要件定義
クライアントが実施

基本設計・詳細設計
クライアントが定義

コーディング
Android Java

開発スタイル
アジャイル開発

システムテスト
単体テスト、結合テスト

受入テスト
クライアント側が担当

 

■類似実績

インバウンド需要の急拡大で観光施設向けの多言語対応のスマホアプリの開発実績です。iBeaconにより近接通信で展示物を鑑賞するためのガイダンスが表示されます。

 

ONETECHはUNITYでAR/VRアプリの開発

AR/VR/MR開発は2015年より取り組んでおります。UNITYの技術者育成に力を入れて取り組んでいます。HoloLens/Oculus/HTC VIVE/Nreal Lightなど最新のデバイスも取り揃えています。

フロントエンド、バックエンド、サーバサイドの開発も一括して受けられます。
AR/VR/MRアプリ開発、AI開発、3DCG制作、HoloLensアプリ開発に興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

実績一覧

タブレット学習用、鑑賞ガイドスマホをUNITYで開発しました。以前に開発した鑑賞用ガイドアプリをベースに学生向けの鑑賞ガイドアプリを開発しました。学習の一環として親しみやすい文化体験が行えるアプリです。

住宅販売会社様向けに顧客管理アプリを開発しておりましたが、その更新版を開発しました。 クライアント側はPC、スマホのブラウザで対応し、エンドユーザー側はiOS/Androidアプリで実装しました。クライアントの営業担当者とエンドユーザーがチャットでコミュニケーションができるというのが特徴のアプリです。

企業の研修コスト削減!Oculus Questで飲食チェーン接客トレーニングVRアプリ開発 VR(バーチャルリアリティ:仮想現実)コンテンツとVRアプリ開発を行いました。 新人やアルバイトの従業員がOculus QuestのHMDを装着して 飲食店にお客様が来客してからお会計までのトレーニングのシミュレーションができます。

Kinectを使用したWindowsアプリケーションの開発です。このデジタルサイネージアプリは人の動きに合わせてプロジェクターで投影された大量の3Dモデルも動きます。屋外型のイベントで使用されました。

昨今の防災意識が高まる中で、地方自治体の公式アプリを制作しました。有事の際に最寄りの避難場所を示す矢印がAR表示されるのが特徴です。ARはmetaio SDKとgoogle mapのマッシュアップで制作