Banner News
HOME / NEWS / 【セミナー開催のお知らせ】 『VR/AR/MRでの業務効率化の活用例』 4月9日(金)13時

 『はじめてのオフショア開発セミナー』 動画を公開しました。 【セミナー開催のお知らせ】 『VR/AR/MRでの業務効率化の活用例』 4月9日(金)13時

2021.03.26
【セミナー開催のお知らせ】 『VR/AR/MRでの業務効率化の活用例』 4月9日(金)13時

【セミナー開催のお知らせ】 『VR/AR/MRでの業務効率化の活用例』 4月9日(金)13時

〜ホロレンズAR作業ガイドアプリで保守、メンテナンス作業サポート〜

ベトナムオフショア開発でのホロレンズでのMR遠隔支援、VRオフィス、VR会議、ARマニュアルシステムなどを紹介

 

ホロレンズ、スマホで保守やメンテナンスなどをAR(拡張現実)でサポート

コロナウィルスの影響や慢性的な人手不足による課題解決としてVR/AR/MRを使った業務改善が加速度的に広がっています。ONETECHではベトナムオフショア開発でお客様のニーズに合わせてVR/AR/MRを使ったソフト開発しています。既に70社以上200以上のシステムを開発してきました。今セミナーではホロレンズ、スマホでのAR(拡張現実)を利用した保守やメンテナンスの業務効率化をするアプリケーションをデモンストレーションします。

 

VR(仮想現実)でテレワークをより効果的に

COVID-19の影響で在宅勤務、テレワークなどの非接触型のコミュニケーションが注目されています。ONETECHでもAR、VR、MRを活用した業務支援アプリの開発やお問い合わせが急増しております。とくに前回のセミナーでご紹介したVR会議システムはお問い合わせが多く、VRでの住宅シミュレーション、VRオフィス、VR展示会、VRライブなど非接触型のニューノーマルコミュニケーションツールとして期待されています。

 

◆安全教育や社員研修で普及するVRトレーニングアプリ 

VR(バーチャルリアリティ:拡張現実)は、Oculus Questなどスタンドアロン型のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)の登場で、高性能PCと繋がなくても独立で高品質なVR体験ができるようになりました。これにより複数拠点でトレーナーがいなくても手軽にVRトレーニングを行うことが可能です。またコロナ禍の影響もありテレワークを支援するVR会議システムも再注目されています。

 

◆ベトナムでのオフショア開発の利点

国民性

政府レベル、民間レベルでも日本と友好な関係を保っています。勤勉でまじめな性格が多いです。オフはスポーツや旅行をしたり飲みに行ったり明るく活気のある性格です。

日本語能力

日本語学習者が6万人(世界8位:2015年)とありますが、すでに留学生は8万人(2019年)日本に滞在しているベトナム人は41万人います。2016年、全土の小学校で日本語を「第1外国語」として教えることを目指す方針を発表しています。

技術能力

政府がIT産業と教育に優遇策を施行して力を入れています。基盤となる数学、科学の分野では国際的にも上位ランクに位置しています。

人材の豊富さ・若さ  

ベトナムの国全体の平均年齢は28才です。政府は2020年中に100万人のITエンジニアを輩出しようと政策を打ち出しています。継続的に人材の供給が可能です。

地理的要因 

ベトナムとの時差は2時間です。始業時間は日本より早いので時差の影響が少ないのが特徴です。祝日が日本と比べて半分ほどしかなく稼働日数が長いのも特徴です。

 

◆VR・MR・ARアプリ開発を支えるUNITYや先端技術

2015年創業当初からONETECHはVR/AR/MRが業務に活用されると見越してこの分野に注力してきました。VR/AR/MRアプリ開発を支えているのがUNITYフレームワークです。ONETECHはベトナムでUNITY活用セミナーを定期的に開催しVR/AR/MRエンジニアの育成にも力を入れています。またCADやBIMデータとの連携、3DCGモデルでのコンテンツ制作、AI(人工知能)による画像、文字、音声認識、LiDARの活用、IoT機器との連携、クラウドサーバ連携、ライブストリーミングやチャットなどの通信技術など様々なテクノロジーの研究開発も行っています。

 

◆申込方法

下記のリンクからお申し込みください。

http://bit.ly/3emQtAT

 

◆セミナーの内容

1.VR・AR・MRを業務で活かすには

2.VRの活用事例と実績の紹介

3.ARの活用事例と実績の紹介

4.MRの活用事例と実績の紹介

5.VR・AR・MRをオフショアで開発するには

・発注の流れ(発注書、開発のための準備、注意点)

6.質疑応答

 

◆こんな方におすすめ

・VR・AR・MRアプリ開発に興味のある方

・海外へのシステム開発外注を検討している企業の方

・外国人従業員に研修をされたい方

・システム開発会社様、事業会社様

 

◆オンラインセミナー詳細

【開催日時】:2020年4月9日(金)13:00~14:30
【開催場所】:オンラインZoom予定

【定員数】:20名※ 先着順・定員になり次第締め切らせていただきます

ネットワークビジネス勧誘目的の方や、本セミナーの趣旨に添わない方、
主催者の競合サービス取り扱い企業様の申込についてはお断りする場合がございます。また講師および講演内容は、都合により一部変更になる場合がございます。

 

【スケジュール】

13:00 受付開始

13:10 主催者あいさつ

13:15  VR・AR・MR活用事例

14:00  オフショアで開発するには

14:10  質疑応答

14:30 終了

 

◆申込方法

下記のリンクからお申し込みください。

http://bit.ly/3emQtAT

 

■問合せ先■

株式会社One Technology Japan
担当:和田

TEL:03-6403-0814
MAIL:wada@onetech.jp

 

◆ONETECHのご紹介

ONETECH ASIA(ベトナムホーチミン市)は、10年以上にわたり様々なベトナムオフショア開発の経験を持つ経営者が2013年よりソフトウェアオフショア開発拠点として設立しました。2015年からは日本企業様向けにVR/AR開発を中心に成長してきました。

https://onetech.jp

 

◆ベトナムオフショア開発事例

・住宅会社の販売支援、顧客管理アプリ/システム開発

・カー用品ECサイト開発

・卸売業向け受注/出荷管理Androidアプリ/WEBシステム開発

・ホロレンズ(HoloLens)画像認識MRアプリ制作(Windows)

・nreal right MRアプリ制作

・VR業務トレーニングアプリ制作

・観光向けARアプリ開発

 

◆対応業種事例
・情報通信業
・宿泊業,飲食サービス業
・生活関連サービス業,娯楽業
・卸売業,小売業
・学術研究,専門・技術サービス業

https://onetech.jp/works

 

 

ベトナムのXR市場調査でONETECH会社はトップ評価された。

News|2022.01.17

OCDマネジメントコンサルティング会社はこれからベトナム市場でAR-VRトレンドの調査を実施しました。   AR/VRに関して開発実績及び開発能力を基づいてONETECHASIAがトップ会社

ベトナムでもメタバースが大注目!ONETECH CEOがベトナムTVに出演

ベトナムでもメタバースが大注目!ONETECH CEOがベトナムTVに出演
News|2022.01.14

ベトナムのテレビ局(THVL)にONETECH ASIA CEO Nguyen Lam Thaoが出演 ベトナムでも昨年よりメタバースが非常に注目されています。 昨年、バーチャルリアリティテクノロジー

2021年11月30日に高度人材教育に向けてONETECH ASIAはSAIGON HI-TECH PARKと提携

2021年11月30日に高度人材教育に向けてONETECH ASIAはSAIGON HI-TECH PARKと提携
News|2021.12.01

現在ベトナムへ投資国は韓国→日本→シンガポールの順であります。主に製造業界およびIT業界を中心に活動しております。 ベトナムでは発展のために高度人材が必要ですが、SAIGON HI-TECH PARK

2021年10月22日 (金)「バインミーバーバー 中目黒店」NEW OPEN

2021年10月22日 (金)「バインミーバーバー 中目黒店」NEW OPEN
News|2021.10.20

バインミーバーバーの4店舗目が東京の中目黒にNEWOPENしました。 コロナ禍の中苦しい状況が続きますが、”美味しさ”と”心地よさ”を徹底して お客様のからの支持もじわじわと増え続けています。 中目黒の駅から1分です。 お近くにきた際はぜひご賞味ください。

無料相談
お問い合わせ