TOP

 【ONETECH】流通向け商品画像認識ARアプリをOpenCVで制作中 【ONETECH】流通向け商品画像認識ARアプリをOpenCVで制作中

2019.01.29
【ONETECH】流通向け商品画像認識ARアプリをOpenCVで制作中

ONETECH ASIAの研究開発チームがR&Dで流通向け商品画像認識アプリをOpenCVで制作中です。 教師データをサーバでyoloフレームワークを利用して学習させOpenCVで画像を読み取り、商品情報をARで表示させます。Vuforiaでも実行しましたがOpenCVの方が精度が高く、スマホカメラでも複数を同時に認識できます。流通業や製造業でも十分に応用できると思います。iPhone/Android/HoloLensでも実行可能です。 外国人へ説明せずに商品説明機能で日本語かベトナム語か設定することもできます。流通へ応用できるかと思います。

                       AIで画像認識処理して商品を認識し、認識結果が紐付けたECサイトへ連携

Unityについては、周知の通りゲーム開発で多くのエンジニアに使われています。世界規模での利用者数は600万人を超えました。

また、画像処理、画像解析の需要は年々高まっています。

画像認識のOpenCVでの開発に注目が高まっています。

■本件問い合わせ

   https://onetech.jp/contact

■本件との関連実績

  https://onetech.jp/service/vr 




12月17日(木)16時から無料ウェビナー開催 『2027年に延長、SAPのERPの保守切れ問題! SAP人材不足をオフショア活用で解消』

News|2020.11.30

12月17日(木)16時から『2027年に延長、SAPのERPの保守切れ問題!-SAP人材不足をオフショア活用で解消』オンラインセミナー開催。SAP15年のコンサルタントがONETECHに参画。ホーチミンの国家大学とのSAP専攻チームと連携。2021年中にABAP200人体制を目指します。

【大好評第3弾】無料ウェビナー『オフショア開発で実現するデジタルツイン・VR・AR・MRの業務での活用セミナー』

News|2020.11.04

『オフショア開発で実現するデジタルツイン・VR・AR・MRの業務での活用セミナー』
11月27日(金)セミナーをZOOMで無料開催

〜COVID-19が後押しするニューノーマル、非接触技術デジタルツイン・XR活用〜

ベトナムオフショア開発での開発実績、研究成果報告とラボ開発の仕方

大人気の「バインミーバーバー 」ベトナムフェスティバル2020に出店!

News|2020.10.28

代々木公園で再開! Go to フェスティバル!

「ベトナムフェスティバル 2020~ベトナム・アジアの心~」

~2020年11月7日(土)・8日(日)、東京代々木公園にて開催~ Withコロナ

『オフショアでのラボ開発の成功実例紹介セミナー』 10月16日(金)ウェビナー

News|2020.09.28

企業のDX推進のためのベトナムのオフショア活用方法

ベトナムオフショア開発でのラボ開発の成功実例を紹介

無料相談
お問い合わせ

.