Top / 開発実績 / R&D / VRオフィス空間でエアタッチタッピングで文字入力。TapStrap2ウェアラブルキーボードの研究開発

VRオフィス空間でエアタッチタッピングで文字入力。TapStrap2ウェアラブルキーボードの研究開発

VRオフィス空間でエアタッチタッピングで文字入力。TapStrap2ウェアラブルキーボードの研究開発
Data
内容

VRオフィス空間でエアタッチタッピングで文字入力。TapStrap2ウェアラブルキーボードの研究開発

 

VRオフィスの開発時にお客様からの要望で文字入力をスムーズにしたいという要望がありました。弊社で調べてTap Systems社の「Tap Strap(タップ・ストラップ)」を提案しました。これは指に”ウェアラブルキーボード”を装着してタイピングを行います。Oculus Questでサポートされていない日本語入力にも研究開発して対応しました。

Oculus Questコントローラーで文字入力するのは難しい

Oculus Questのコントローラーで文字入力を試しましたが、文字入力にとても時間がかかります。クライアントの要望はプログラミングができるレベルです。両手を使ってPCのキーボード並みの操作性が求められました。

 

Oculus Quest2では日本語入力には対応していない

また別の問題もありました。プログラミングをする際に英字と日本語を入力したいという要望でした。Facebookに問い合わせたところ2020年11月現在Oculus Questは日本語入力に対応していませんでした。そこでONETECHのエンジニアが日本語のローマ字入力ができるように開発しました。

 

ウェエラブルキーボード、TAP STRAPとは

Tap Systems社の「Tap Strap」は片手の5本指にはめて装着するデバイスです。それぞれの指にセンサーが仕込まれており、指を動かすことで文字を入力することができます。指を動かすことでキー操作や、マウスを動かしクリックすることが可能です。

Oculus Quest、Oculus Rift、Windows Mixed Reality、HTC Viveなどに対応しています。

 

実績一覧

ONETECHはベトナムでVR(バーチャルリアリティ:仮想現実)空間でアバターでコミュニケーションができるバーチャルオフィスシステムを開発しています。 今回のアップデートで、実際のオフィスのようにエントランスからロビーを通り会議室に入室して会議ができるように更新しました。

危険が伴う場所での遠隔測定、人員不足のために測定業務を自動化したいという課題でのお問い合わせありました。そこで弊社ではiPad ProやiPhone12より精度の高いIntel RealSense LiDAR Camera L515を利用して遠隔測定アプリケーションを作成する研究開発をしました。

デジタルツインの活用として、本アプリは作業者と遠隔地にいるエキスパートとリアルタイムで作業の状況を共有することができます。今回のアップデートでARマニュアル機能と、セブンセグメントのデジタル数値を認識する機能をアップデートしました。

7セグメントディスプレイのデジタル数字を認識するモジュールを開発しました。 デバイスのデジタル数字が表示されている枠内の数字を自動解析します。決定木の手法と SSOCR(seven segment optical character recognition)を利用しました。 このモジュールはホロレンズ(Microsoft HoloLens)、スマホなども応用可能です。

このアプリは作業者と遠隔地にいるエキスパートとリアルタイムで作業の状況を共有することができます。そのため、作業者の知識が乏しい状態でもエキスパートからの遠隔支援でフォローすることで作業を継続することに繋がります。