Home / 開発実績 / アプリ開発 / 日本ビジネス能力認定試験4級アプリ開発

日本ビジネス能力認定試験4級アプリ開発

日本ビジネス能力認定試験4級アプリ開発
data
内容

一般社団法人「日本ビジネス能力認定協会」の承認を得た公式アプリ

日本の文化は、歴史的影響で他の国の文化や習慣とは大きく異なっています。しかし、実はこの相違には日本人でもあまり気づいていません。したがって外国人はこの独特な文化や習慣を理解することは困難です。

このような状況では、外国人が日本社会に入ると、いろいろなトラブルが発生してしまいます。

外国人が日本社会に馴染むためには、日本の文化や習慣がどう成り立っているのか、なぜ自分の文化や習慣と自国の文化や習慣は違うのか知っていれば、日本の社会に溶け込むことができるでしょう。

【公式】日本ビジネス能力検定4級は、日本に興味のあるすべての人へ日本の文化や習慣の歴史的背景を楽しみながら学べるアプリです。これから日本に行く予定の外国人の方、すでに日本にいる外国人の方、日本のことをもっと知りたい外国人の方すべてに使っていただけます

[アプリストア]
App Store(iOS)
https://itunes.apple.com/us/app/id1359592562?ls=1&mt=8

Google Play(Android)

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.onetech.nihonmannar

実績一覧

スマホアプリで商品パッケージをARフレームワークのVuforiaで読み取り、ARコンテンツ動画が楽しめます。 iPhone/Androidのアプリを制作しました。ARコンテンツを利用した販売促進キャンペーンにAR(Augumented Reality:拡張現実)が活用された事例です。

製造業のエンドクライアントからの要望でホロレンズMR遠隔支援アプリを制作 製造現場の複数拠点から3Dモデルも共有しながらリアルタイム通話で打ち合わせを実施できます。 UNITYとAR Foundationを利用して開発しました。

ホロレンズ、スマホで工作機械の起動手順、保守点検作業をARでガイドします。定期的な保守点検作業では作業記録を本アプリで記録して本部に送付することで業務効率化が実現できます。ポイントは、任意のARガイドの設定ができるので汎用性の高いシステムになっています。UNITYで制作しました。

スマホの人気カードゲームの2017年のイベントに使用されたイベントアプリを開発しました。Google map apiと連携した3Dの仮想マップに人気キャラクターがARで登場します。位置情報とAR(拡張現実)を応用したiPhone /andoridのスマホ向けアプリです。

Kinectを使用したWindowsアプリケーションの開発です。このデジタルサイネージアプリは人の動きに合わせてプロジェクターで投影された大量の3Dモデルも動きます。屋外型のイベントで使用されました。

無料相談
お問い合わせ