Home / 開発実績 / アプリ開発 / ビンゴゲームのWEBアプリをAndroidタブレットへUnityで移植開発

ビンゴゲームのWEBアプリをAndroidタブレットへUnityで移植開発

data
内容

ビンゴゲームのWEBアプリをAndroidタブレットへUnityで移植開発

ビンゴゲームのWEBアプリをAndroidタブレットアプリで移植開発しました。
既存の開発済みのWebシステムをUnityアプリ化。どこでもゲームに参加して楽しむことができるオンラインゲームシステムです。

■UNITYへの移植開発

Unityでのアプリ開発は最も実績の多い分野です。ONETECHには10名以上のUnityエンジニアがいます。今までもWEBからUNITY、COCOSからUNITYなど多くの移植の実績があります。

 

※UNITYとは

特徴: Unityとは、ユニティーテクノロジー社が提供している、ゲーム開発プラットフォームです。3D描画に優れていることからVR/ARの開発に活用されています。PCやスマートフォンHMDにも対応しており豊富な拡張機能があります。Unityはノンプログラミングでも簡単な開発は可能ですがONETECHではJavascript、C#などでプログラミングをしています。現在10人以上のUnity開発者が在籍しております。ONETECHはVR/ARエンジニアはUnityだけではなくフルスタックエンジニアとして責任を持ってアプリを開発しています。

 

■開発期間

開発期間
2019年10月から2019年12月
開発規模
3人月

■対応範囲

WEBアプリを提供いただき仕様把握

要件定義
クライアント様にて対応
技術的部分をサポート

基本設計・詳細設計
WEBアプリを提供いただきベトナムオフショア側で対応

コーディング
Unityで開発

システムテスト
単体テスト、結合テスト

受入テスト
クライアント様にて対応

■対応技術

UNITY

■類似実績

ARkitを研究開発してみたARアプリ「AR GALAXY FIGHTING」

2017年にARkitが発表されすぐにベトナムエンジニアが企画して作りました。ONETECHでは定期的にR&Dで新しい技術に常に挑戦しています。

 

ONETECHはUNITYでAR/VRアプリの開発

AR/VR/MR開発
AR/VR/MR開発は2015年より取り組んでおります。UNITYの技術者育成に力を入れて取り組んでいます。HoloLens/Oculus/HTC VIVE/Nreal Lightなど最新のデバイスも取り揃えています。

フロントエンド、バックエンド、サーバサイドの開発も一括して受けられます。
AR/VR/MRアプリ開発、AI開発、3DCG制作、HoloLensアプリ開発に興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

実績一覧

スマホアプリで商品パッケージをARフレームワークのVuforiaで読み取り、ARコンテンツ動画が楽しめます。 iPhone/Androidのアプリを制作しました。ARコンテンツを利用した販売促進キャンペーンにAR(Augumented Reality:拡張現実)が活用された事例です。

製造業のエンドクライアントからの要望でホロレンズMR遠隔支援アプリを制作 製造現場の複数拠点から3Dモデルも共有しながらリアルタイム通話で打ち合わせを実施できます。 UNITYとAR Foundationを利用して開発しました。

ホロレンズ、スマホで工作機械の起動手順、保守点検作業をARでガイドします。定期的な保守点検作業では作業記録を本アプリで記録して本部に送付することで業務効率化が実現できます。ポイントは、任意のARガイドの設定ができるので汎用性の高いシステムになっています。UNITYで制作しました。

スマホの人気カードゲームの2017年のイベントに使用されたイベントアプリを開発しました。Google map apiと連携した3Dの仮想マップに人気キャラクターがARで登場します。位置情報とAR(拡張現実)を応用したiPhone /andoridのスマホ向けアプリです。

Kinectを使用したWindowsアプリケーションの開発です。このデジタルサイネージアプリは人の動きに合わせてプロジェクターで投影された大量の3Dモデルも動きます。屋外型のイベントで使用されました。

無料相談
お問い合わせ