Banner News
HOME / NEWS / “スキル”が1万種類を突破、Amazonの音声アシスタント「Alexa」が進化

 『はじめてのオフショア開発セミナー』 動画を公開しました。 “スキル”が1万種類を突破、Amazonの音声アシスタント「Alexa」が進化

2017.02.23
“スキル”が1万種類を突破、Amazonの音声アシスタント「Alexa」が進化

米Amazon.comは現地時間2017年2月23日、「Amazon Echo」などの機器で利用できる、クラウドベースの音声アシスタント「Alexa」の“スキル”(サービスや機能)が1万種類を超えたと発表した。

 

同社は2015年6月、Alexaとそのソフトウエア開発キット(SDK)「Alexa Skills Kit(ASK)」をサードパーティーの開発者に公開した。その1年後に、スキルの数は約1000種類に達し、2016年9月時点で3000種類を超えた。それから5カ月余りでさらに3倍以上に増えた。

 

同社は2016年11月に、eコマースサイトでAlexaのスキルを閲覧・管理できるようにした。それまでAlexaのスキルに関する情報を見るには、Alexa専用のサインアップが必要なAndroid/iOS用アプリ「Alexa」か、Alexaを設定するための専用Webサイトにアクセスしなければならなかった。

 

eコマースサイト内に設けた「Echo&Alexa」セクションでは、スキルをカテゴリー別に分類しており、それぞれの詳細ページでは説明、ユーザーレビュー、評価を掲載しているほか、有効/無効設定なども行える。

 

有効にしたスキルは、Amazon Echoとその姉妹製品の「Echo Dot」「Amazon Tap」や、映像配信端末「Fire TV」「Fire TV Stick」、タブレット端末「Fire HD 8」で利用できる。ただし、今のところAlexaの日本版はないので、これらの機器の日本向けモデルではAlexaを利用できない。

 

Amazon.comによると、利用者に人気のあるスキルのカテゴリーは、ニュース、ゲーム、教育/リファレンス、ライフスタイル、ジョーク/ユーモアなど。最近は、Starbucksにコーヒーを事前注文できるユニークなスキルが登場していると、AlexaおよびEchoのチーフエバンジェリスト、David Isbitski氏は述べている。

 

米VentureBeatによると、米Googleの「Google Assistant」向けスキル(Googleの場合は「アクション」と呼んでいる)の数はまだ100を超えておらず、Amazon.comのAlexaはサービスの種類で他社を大きく引き離している。だが、音声アプリケーションの利用解析調査などを手がける米VoiceLabによると、ユーザーに頻繁に使われるスキルは全体の3%にとどまっており、大半のスキルは繰り返し使われることはないという。

 

[Amazon.comの発表資料へ]




【受付開始】マイグレーションコスト削減セミナー開催 8月5日(木)14時

【受付開始】マイグレーションコスト削減セミナー開催 8月5日(木)14時
News|2021.07.21

オフショアを活用したマイグレーションのコストの大幅削減などのメリットや移行時のポイントについてご紹介します。VB6.0のままで継続使用するか、それともVB.NETやASP.NETへマイグレーションするか、お悩みのお客様が対象です。

【申し込み開始】オフショアXR活用セミナー開催 6月23日(水)13時

【申し込み開始】オフショアXR活用セミナー開催 6月23日(水)13時
News|2021.06.17

今回のセミナーでは、XRの業務活用事例のご紹介、ベトナムで製品化された「HoloLens MRマニュアルシステム」、弊社が製品化に取り組むバーチャル住宅展示&商談システム「HOUSE DECOR VR」についてもご紹介します。  

【バインミーバーバー下北沢店】6月9日に開店3周年!

【バインミーバーバー下北沢店】6月9日に開店3周年!
News|2021.06.04

バインミーバーバー下北沢店は、おかげさまで6月9日㈬に3周年を迎えます。 皆様に日頃の感謝の気持ちを込めまして、開店3周年イベントを開催いたします。 ご来店頂いたお客様には、オリジナルトートバック又は

【お知らせ】Unity Certified Professional Programmerの資格を取得

News|2021.05.27

弊社社員がUnity Certified Professional Programmer(UNITY認定プロフェッショナル)の資格を取得しました。ONETECHでは技術、品質向上、社員キャリアアップのために目標を設定した社員に向けた資格取得補助制度があります。

無料相談
お問い合わせ