Banner News
HOME / NEWS / ソフトバンクがNB-IoTの実証実験を公開、2017年夏に全国展開

 『はじめてのオフショア開発セミナー』 動画を公開しました。 ソフトバンクがNB-IoTの実証実験を公開、2017年夏に全国展開

2016.11.24
ソフトバンクがNB-IoTの実証実験を公開、2017年夏に全国展開

 ソフトバンクは2016年11月24日、IoT(インターネット・オブ・シングズ)向けのLTE規格であるNB-IoT(Narrow Band IoT)を利用した実証実験を報道関係者向けに公開した。NB-IoTは遠距離通信可能な低消費電力の無線技術(LPWA:Low Power Wide Area)の一つ。LTE規格の一部として規定されており、免許事業者が提供するサービスである。

 

 「現状では1基地局で1000デバイスまでしかさばけない。これだと、2020年に157億台ともいわれるIoTデバイスの接続をまかないきれない。NB-IoTを導入することで、1基地局当たりの接続台数を最大で5万デバイスまで高められる」(技術統括 モバイル技術本部ネットワーク企画統括部統括部長北原秀文氏、写真1)。NB-IoTは同社が進めている「5G Project」の一環。第1弾として2016年9月に導入した「Massive MIMO」に続く第2弾となる。

 

写真1●NB-IoT通信モジュールを手に説明する北原秀文氏
ソフトバンク 技術統括 モバイル技術本部ネットワーク企画統括部統括部長
[画像のクリックで拡大表示]
 

 同社は11月16日にNB-IoTの実験試験局免許を取得。今回の実験はこの試験局を使った。実証実験はスマートパーキングがテーマで、利用者がスマートフォンで駐車場の空き状況を調べ、空いている駐車スペースを予約。予約後、利用者が自動車をそのスペースに停車すると、IoTデバイスが自動的に管理サービスに自動車の到着を通知。利用者が用件を済ませて駐車スペースを離れると、IoTデバイスが管理サーバーに通知して課金情報などをまとめるといった具合だ。

 

 このIoTデバイスとサーバーを結ぶ間の、IoTデバイス側の最後の部分をNB-IoTがつなぐ。ハードウエア構成はシンプルで、基本的に金属センサーと電池、それにNB-IoTモジュールを搭載したIoTデバイスを地中に埋め込んでおき、センサーの状態変化をサーバーに通知する(写真2)。「スマートパーキング」のサービスとしてはまだかなり完成度が低いが、NB-IoTの実証実験には十分な内容となっている。同社ではこの実験を通じて接続性などを検証して、2017年夏に実サービスを開始する計画だ。

 

写真2●駐車スペースに設置したIoTデバイス
ここでは仮設で実験するため地上に置いているが、実際には地中に埋設する
Source: http://itpro.nikkeibp.co.jp/



2021年10月22日 (金)「バインミーバーバー 中目黒店」NEW OPEN

2021年10月22日 (金)「バインミーバーバー 中目黒店」NEW OPEN
News|2021.10.20

バインミーバーバーの4店舗目が東京の中目黒にNEWOPENしました。 コロナ禍の中苦しい状況が続きますが、”美味しさ”と”心地よさ”を徹底して お客様のからの支持もじわじわと増え続けています。 中目黒の駅から1分です。 お近くにきた際はぜひご賞味ください。

【9/2無料セミナー】海外へシステム開発アウトソーシング『はじめてのベトナムオフショア開発と成功事例紹介』

【9/2無料セミナー】海外へシステム開発アウトソーシング『はじめてのベトナムオフショア開発と成功事例紹介』
News|2021.08.26

◆コロナ禍でもシステム開発体制を維持管理できる海外アウトソーシングのオフショア開発が注目 いまだに収束が見えずにいるコロナ禍の中でも企業の生産性改革のためにDX(デジタルトランスフォーメーション)は必

【One Technology Japan】夏季休暇のお知らせ 8月11日(水)~8月16日(月)

【One Technology Japan】夏季休暇のお知らせ 8月11日(水)~8月16日(月)
News|2021.08.09

お客様各位 平素より大変お世話になっております。 【One Technology Japan】夏季休暇のお知らせ 8月11日(水)~8月16日(月)まで 上記期間中の電話、メールによるお問合せ及び回答

【受付開始】マイグレーションコスト削減セミナー開催 8月5日(木)14時

【受付開始】マイグレーションコスト削減セミナー開催 8月5日(木)14時
News|2021.07.21

オフショアを活用したマイグレーションのコストの大幅削減などのメリットや移行時のポイントについてご紹介します。VB6.0のままで継続使用するか、それともVB.NETやASP.NETへマイグレーションするか、お悩みのお客様が対象です。

無料相談
お問い合わせ