HOME / NEWS / IoTウイルス「Mirai」の攻撃が活発化か、TELNETを狙ったパケットが急増

 『はじめてのオフショア開発セミナー』 動画を公開しました。 IoTウイルス「Mirai」の攻撃が活発化か、TELNETを狙ったパケットが急増

2016.11.22
IoTウイルス「Mirai」の攻撃が活発化か、TELNETを狙ったパケットが急増

国内のセキュリティ組織であるJPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は2016年11月16日、2016年第3四半期(2016年7~9月)に観測した日本宛てのパケットの分析結果を公表した。9月下旬からTCP 23番ポート宛てのパケットが急増しているという。IoTウイルス(マルウエア)「Mirai(ミライ)」が原因の可能性がある。
JPCERT/CCでは、インターネット上に複数の観測用センサーを配置し、不特定多数に向けて発信されるパケットを継続的に収集して分析。その分析結果を四半期ごとに公開している。
今回公表した2016年第3四半期の特徴は、TCP 23番ポート宛てのパケットの急増。このポートはTELNETで使われている。TELNETを狙ったパケットは以前から多いが、9月下旬からさらに増えている。

2016年7~9月における宛先ポート番号別パケット観測数上位5件の推移(出所:JPCERTコーディネーションセンター)

[画像のクリックで拡大表示]

この原因としては、TELNETを使って感染を広げるIoTウイルスMiraiの感染活動の活発化が考えられる。Miraiのソースコードはインターネットで公開されていて、誰でも入手可能だ。実際、Miraiを使ったと思われるDDoS(分散型のサービス妨害)攻撃が確認されている(関連記事:監視カメラから“史上最大級”のサイバー攻撃、IoTの危険な現状)。

JPCERT/CCの観測によると、複数の地域からのTELNET宛てパケットがまんべんなく増加しているという。これらのパケットの送信元を調べると、特定の機種の製品や、特定のISPが管理するIPアドレスが多いという。
Source: http://itpro.nikkeibp.co.jp/




【コスト削減】オフショアでマイグレーションセミナー開催 4月23日(金)13時

【コスト削減】オフショアでマイグレーションセミナー開催 4月23日(金)13時
News|2021.04.09

Microsoftの開発言語やOSのサポートが終了し、セキュリティリスク増大、ハードウェアの老朽化などが問題となっています。ベトナムオフショア開発でのマイグレーションすることによるコスト削減効果などのメリットと実績を紹介いたします。

【セミナー開催のお知らせ】 『VR/AR/MRでの業務効率化の活用例』 4月9日(金)13時

【セミナー開催のお知らせ】 『VR/AR/MRでの業務効率化の活用例』 4月9日(金)13時
News|2021.03.26

【セミナー開催のお知らせ】 『VR/AR/MRでの業務効率化の活用例』 4月9日(金)13時 〜ホロレンズAR作業ガイドアプリで保守、メンテナンス作業サポート〜 ベトナムオフショア開発でのホロレンズで

【セミナー開催のお知らせ】 ベトナム人SAPエンジニアチーム立ち上げ経験から具体的ノウハウを解説

【セミナー開催のお知らせ】 ベトナム人SAPエンジニアチーム立ち上げ経験から具体的ノウハウを解説
News|2021.02.02

(One Technology Japan) ベトナム人SAPエンジニアチーム立ち上げ経験から具体的ノウハウを解説 ~日本企業はSAP人材不足にどう対応すればよいのか?~

【ONETECHベトナム】旧正月休暇のお知らせ(2/10~2/16)

【ONETECHベトナム】旧正月休暇のお知らせ(2/10~2/16)
News|2021.01.15

【ONETECHベトナム】旧正月休暇のお知らせ2月10日(水)~2月16日(火)まで

無料相談
お問い合わせ