Banner News
HOME / NEWS / GoogleスピンアウトのWaymo、完全自動運転のChrysler Pacificaを2017年に100台導入

 『はじめてのオフショア開発セミナー』 動画を公開しました。 GoogleスピンアウトのWaymo、完全自動運転のChrysler Pacificaを2017年に100台導入

2016.12.19
GoogleスピンアウトのWaymo、完全自動運転のChrysler Pacificaを2017年に100台導入

欧米自動車大手のFiat Chrysler Automobiles(FCA)は現地時間2016年12月19日、米Googleの親会社である米Alphabetが設立した米Waymoの自動運転車に、FCAのハイブリッドミニバン「Chrysler Pacifica Hybrid」が2017年に加わると発表した。

写真●Waymoの自動運転技術を装備したFCAのハイブリッドミニバン「Chrysler Pacifica Hybrid」
(出所:Waymo)
[画像のクリックで拡大表示]

FCAは、Waymoの完全自動運転車に使用する100台のPacificaの生産をすでに完了。Waymoの技術に最適化するためにシャーシやパワートレイン、構造などに変更を加えた。現在、各種センサーやテレマティクスなどの自動運転システムを組み込んでいる。2017年の早い時期にWaymoのテスト車として登場する見込み。

Waymoは、Googleが2009年より取り組んでいる自動運転車開発プロジェクトの技術を商用化する目的でAlphabetが2016年12月に設立した。Googleは5月にFCAと提携し、Pacificaをベースにした自動運転車を開発する計画を明らかにしていた(関連記事)。

Googleの自動運転車開発プロジェクトは、2015年10月にテキサス州オースチンで完全自動運転のテストを実現。カリフォルニア州マウンテンビューやワシントン州カークランドなどにも公道テストを拡大しており、米国におけるテスト走行距離は200万マイル(約320万km)以上にのぼる。

WaymoとFCAは提携発表以降、エンジニアリングチームの一部をミシガン州南東部に集めて開発プロセスを加速化。ミシガン州チェルシーとアリゾナ州ユッカにFCAが持つテスト施設、およびカリフォルニア州にあるWaymoのテスト施設で自動運転技術の広範なテストを実施したという。

Source: http://itpro.nikkeibp.co.jp/

ベトナム「Tech Day 2022」にてXRの技術を紹介

ベトナム「Tech Day 2022」にてXRの技術を紹介
News|2022.04.01

2022年3月25日、OneTechは、イベント「TechDay 2022-Digital Transformation Day」に、100を超える企業や個人と一緒に参加できることを光栄に思います。

北海道科学大学の医療者向けVR教育ツールを開発しました。

北海道科学大学の医療者向けVR教育ツールを開発しました。
News|2022.03.17

診療放射線機器の操作トレーニングをVRアプリで行います。デバイスは一体型VRヘッドセットのPico Neo2で、Unityで開発しアプリを実装しました。北海道科学大学で学生にお披露目されました。

ONETECHがベトナムXRトップ企業として紹介されました

ONETECHがベトナムXRトップ企業として紹介されました
News|2022.01.17

OCDマネジメントコンサルティングはこれからのベトナム市場でAR-VRトレンドの調査を実施しました。その中でONETECHがベトナムでXRをリードする会社として紹介されました。ベトナムでもXR、メタバ

ベトナムでもメタバースが大注目!ONETECH CEOがベトナムTVに出演

ベトナムでもメタバースが大注目!ONETECH CEOがベトナムTVに出演
News|2022.01.14

ベトナムのテレビ局(THVL)にONETECH ASIA CEO Nguyen Lam Thaoが出演 ベトナムでも昨年よりメタバースが非常に注目されています。 昨年、バーチャルリアリティテクノロジー

無料相談
お問い合わせ