HOME / NEWS / Google、スマホがコントローラーになるVRヘッドセットの特許を発行

 『はじめてのオフショア開発セミナー』 動画を公開しました。 Google、スマホがコントローラーになるVRヘッドセットの特許を発行

2016.10.05
Google、スマホがコントローラーになるVRヘッドセットの特許を発行

 

 

海外メディアUploadVRは、2016年9月19日の記事において、Googleが新しいVRヘッドセットの特許を発行したことを報じた。

 

 

20160920_google_1

 

 

         同メディアによると、GoogleはスマホがコントローラーとなるVRヘッドセットの特許を2016年2月に申請し、9月15日に特許を発行した。

 

         発行された特許の画像を見ると、スマホを使うモバイル型VRヘッドセットであるものも、既存の類似デバイスのようなレンズ部分にスマホを差し込むのではなく、ケーブルでスマホとヘッドセットを接続する設計となっている。

 

         ケーブルで接続されたスマホはコントローラーとして機能し、いずれはワイヤレス接続になることも予想される。

 

20160920_google_2

 

 

         同メディアは、以上のようなモバイル型VRヘッドセットが持つ既存のVRデバイスと差別化を図れるような特徴について、2点述べている。

 

         ひとつめは、画像を見れば分かるようにレンズ部分にスマホを差し込まないので、ヘッドセットが軽くなることだ。

 

         もうひとつは、既存のVRデバイスマーケットに新たな商品カテゴリーを創出できることだ。

 

         現在のVRデバイスマーケットは、Oculus RiftやHTC社のVIVEに代表される高価なハイエンドVRヘッドセットと、Google Cardboardに代表されるような安価なモバイル型VRヘッドセットのふたつの商品カテゴリーから構成されている。

 

         Googleが特許を発行したVRヘッドセットは、既存のモバイル型VRヘッドセットよりリッチなVR体験が可能でありながら、ハイエンドVRヘッドセットより安価な言わば「ミドルクラス」の商品カテゴリーの代表となるポテンシャルを秘めている。

 

         なお、googleが開発したスマホでもリッチなVR体験を可能とするVRシステム「Daydream」の発表が、来月に行われるのではないかと噂されている。

 

         Daydreamおよび上記の特許が発行されたVRヘッドセットがミドルクラスのVRデバイスとなるか、Googleの動向が注目される。

 

 

 

Source:

http://vrinside.jp/news/google-smartphone-vr-controller-patent/

 

 




【申し込み開始】オフショアXR活用セミナー開催 6月23日(水)13時

【申し込み開始】オフショアXR活用セミナー開催 6月23日(水)13時
News|2021.06.17

今回のセミナーでは、XRの業務活用事例のご紹介、ベトナムで製品化された「HoloLens MRマニュアルシステム」、弊社が製品化に取り組むバーチャル住宅展示&商談システム「HOUSE DECOR VR」についてもご紹介します。  

【バインミーバーバー下北沢店】6月9日に開店3周年!

【バインミーバーバー下北沢店】6月9日に開店3周年!
News|2021.06.04

バインミーバーバー下北沢店は、おかげさまで6月9日㈬に3周年を迎えます。 皆様に日頃の感謝の気持ちを込めまして、開店3周年イベントを開催いたします。 ご来店頂いたお客様には、オリジナルトートバック又は

【お知らせ】Unity Certified Professional Programmerの資格を取得

News|2021.05.27

弊社社員がUnity Certified Professional Programmer(UNITY認定プロフェッショナル)の資格を取得しました。ONETECHでは技術、品質向上、社員キャリアアップのために目標を設定した社員に向けた資格取得補助制度があります。

【コスト削減】オフショアでマイグレーションセミナー開催 4月23日(金)13時

【コスト削減】オフショアでマイグレーションセミナー開催 4月23日(金)13時
News|2021.04.09

Microsoftの開発言語やOSのサポートが終了し、セキュリティリスク増大、ハードウェアの老朽化などが問題となっています。ベトナムオフショア開発でのマイグレーションすることによるコスト削減効果などのメリットと実績を紹介いたします。

無料相談
お問い合わせ