Banner News
HOME / NEWS / ロボットアプリをベトナムで開発スタート

 『はじめてのオフショア開発セミナー』 動画を公開しました。 ロボットアプリをベトナムで開発スタート

2016.07.11
ロボットアプリをベトナムで開発スタート

いよいよPepperが到着し、Pepper for biz向けのエンターテインメント、
教育、会社受付アプリなどを企画し開発してまいります。

コーポレーション、ホーチミン市)のオフィスにPepperが到着した。

報道関係者各位
株式会社One Technology Japan 2016年7月12日
One Technology Japan、ロボットアプリをベトナムで開発~ソフトバンクロボティクス pepperベトナムへ上陸〜
ベトナムでのオフショア開発及びサービスの展開を行う株式会社One Technology Japan(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:河本直己)は、今後ソフトバンクロボティクス社のpepperのロボットアプリ開発に着手するため、パートナー会社のOne Technology Corporation(本社:ベトナム、ホーチミン市、代表取締役社長:グエン・ラム・タオ)へpepperを送りました。今後Pepper for biz向けのエンターテインメント、教育、会社受付アプリなどを企画しベトナムで開発してまいります。

ロボットアプリをベトナムで開発スタート

[株式会社One Technology Japanについて] 2015年10月にベトナムオフショア開発事業、メディア事業を主な事業として創業。One Technology Corporationとパートナシップを結び、ベトナムの豊富で優秀なエンジニアが日本企業向けの様々なソフトウェア開発を行います。ベトナムオフショア開発の実績が10年以上ある経験豊富なブリッジエンジニアがプロジェクトを完全サポートし日本品質を担保した開発を心がけております。またベトナムでの自社サービスの開発及びアジア向けへのサービス展開をしております。

[株式会社One Technology Japan 会社概要]

  • 会社名 : 株式会社One Technology Japan(英文社名 One Technology Japan inc.)
  • 設立日 : 2015年10月
  • 資本金 : 3,000,000円
  • 代 表 : 代表取締役社長:河本直己
  • 住 所 : 〒2130032 神奈川県川崎市高津区久地1-11-7
  • サイト : https://onetech.jp
  • メール : contact@onetech.jp

[本件に関するお問合せ先]

  • 株式会社One Technology Japan
  • 担 当 : 河本(かわもと)
  • メール : kawamoto@onetech.jp



2021年10月22日 (金)「バインミーバーバー 中目黒店」NEW OPEN

2021年10月22日 (金)「バインミーバーバー 中目黒店」NEW OPEN
News|2021.10.20

バインミーバーバーの4店舗目が東京の中目黒にNEWOPENしました。 コロナ禍の中苦しい状況が続きますが、”美味しさ”と”心地よさ”を徹底して お客様のからの支持もじわじわと増え続けています。 中目黒の駅から1分です。 お近くにきた際はぜひご賞味ください。

【9/2無料セミナー】海外へシステム開発アウトソーシング『はじめてのベトナムオフショア開発と成功事例紹介』

【9/2無料セミナー】海外へシステム開発アウトソーシング『はじめてのベトナムオフショア開発と成功事例紹介』
News|2021.08.26

◆コロナ禍でもシステム開発体制を維持管理できる海外アウトソーシングのオフショア開発が注目 いまだに収束が見えずにいるコロナ禍の中でも企業の生産性改革のためにDX(デジタルトランスフォーメーション)は必

【One Technology Japan】夏季休暇のお知らせ 8月11日(水)~8月16日(月)

【One Technology Japan】夏季休暇のお知らせ 8月11日(水)~8月16日(月)
News|2021.08.09

お客様各位 平素より大変お世話になっております。 【One Technology Japan】夏季休暇のお知らせ 8月11日(水)~8月16日(月)まで 上記期間中の電話、メールによるお問合せ及び回答

【受付開始】マイグレーションコスト削減セミナー開催 8月5日(木)14時

【受付開始】マイグレーションコスト削減セミナー開催 8月5日(木)14時
News|2021.07.21

オフショアを活用したマイグレーションのコストの大幅削減などのメリットや移行時のポイントについてご紹介します。VB6.0のままで継続使用するか、それともVB.NETやASP.NETへマイグレーションするか、お悩みのお客様が対象です。

無料相談
お問い合わせ