Banner News
HOME / NEWS / ボディカメラの装着で警官に対するクレームが93%減少

 『はじめてのオフショア開発セミナー』 動画を公開しました。 ボディカメラの装着で警官に対するクレームが93%減少

2016.10.06
ボディカメラの装着で警官に対するクレームが93%減少

実験を行った警察署における、不満申し立て件数の減少率

ケンブリッジ大学の研究によれば、警察官へのウェアラブルカメラの装着を義務付けると、警察官に対する苦情が大幅に減ることがわかった。特定の警察署にて一部の警官に対してカメラの装着を義務付けた場合、カメラを装着しない警官の振る舞いも変化するようでもあるとのこと。

データは7つの警察署から集めたものだ。2014年および2015年に収集し、記録時間はトータルで140万時間で、対象となったのは1,847人の警察官だ。データはCriminal Justice and Behavior誌に掲載され、こちらでPDFを閲覧することもできる。

カメラを装着する警察官は、1週間毎にランダムに選ばれた(全体の半数の割合で装着させた)。装着が義務付けられた警察官は、他人と話すシーンでは常にカメラをオンにしておくことが義務付けられた。カメラがどのような効果をもたらすのかについては、警官への不満の多寡を指標として用いた。たいていの警察署では、問題行動のあぶり出しのために一般市民から寄せられる不満などについて計測してもいるので、カメラの効果を確認しやすいという意味もあった。

カメラ装着実験を行う前年は、警官の行動に対する不満申し立て件数は1539件となっていた。そしてカメラの装着実験を行った2年目には、不満申し立ての件数は113件に減少したのだった。

実験を行った警察署における、不満申し立て件数の減少率

この結果を見る限り継続した研究ないしカメラの採用を本格的に検討すべきであるようにみえる。もちろん不満の申し立てが、必ずしも警察官による不適切な対応を示すというわけではないが、苦情の申し立て件数が減れば、調査のための時間も費用も削減することができる。また、研究では、カメラを積極的に採用すべきかもしれないもうひとつの変化も指摘している。

すなわち、カメラを装着した警察官に対する不満申し立てと、非装着の警察官に対する不満申し立て率に、違いが見られなかったのだ。

これはちょっと気になる話だ。公平な証拠を記録に残すカメラの存在が、警察官および市民の双方を冷静にして、カメラが存在する場合にトラブルが減少するという方が正しい帰結であるように思える。しかしカメラを装着しない警察官に対する不満申し立ても同じように減っているのだ。
「カメラで収集したデータを何度もみるうちに、警察官側に振る舞いを変えるべきだという意識が生まれたのかもしれません。それにより、コミュニケーションがうまくいくようになったという可能性もあります」と、研究のリードオーサーであるBarak Arielはニュースリリース中で述べている。「100%近く苦情申し立て件数が減っている中、他に考えられる要因は見当たりません」。

研究社たちは「contagious accountability」と名付けている。カメラに監視されていなくても、ただしい振る舞いをしようとする人が増えていく、というような意味だ。

この調査からは、警官が自らの振る舞いを大きく変えたのか、それとも苦情申し立て側(ないし被疑者など)が慎重になっているのかはわからない。両者が相乗効果を示しているのか、あるいは別の要因があるのかもしれない。そうしたことを明らかにしていくためには、さらに詳細な調査が必要ともなるだろう。ただ、調査の結果をいろいろとみてみる限り、他の要因が考えられるにしても、警官側の振る舞いが変わった可能性が高いようにもみえる。

今後、さまざまな角度からの検討が望まれるのはもちろんのことだ。しかしここに示される結果は十分に魅力的に見える。警察はウェアラブルカメラの導入に前向きであるべきなのかもしれない。

 Arielおよび共同執筆者のAlex Sutherlandは、CambridgeのFestival of Ideasにて今回の研究成果を発表することになっている。近くに住んでいて興味のある方は、ぜひでかけてみてはどうだろうか。

Source: http://jp.techcrunch.com/2016/10/04/20161003police-complaints-drop-93-percent-after-deploying-body-cameras/

ベトナムのXR市場調査でONETECH会社はトップ評価された。

News|2022.01.17

OCDマネジメントコンサルティング会社はこれからベトナム市場でAR-VRトレンドの調査を実施しました。   AR/VRに関して開発実績及び開発能力を基づいてONETECHASIAがトップ会社

ベトナムでもメタバースが大注目!ONETECH CEOがベトナムTVに出演

ベトナムでもメタバースが大注目!ONETECH CEOがベトナムTVに出演
News|2022.01.14

ベトナムのテレビ局(THVL)にONETECH ASIA CEO Nguyen Lam Thaoが出演 ベトナムでも昨年よりメタバースが非常に注目されています。 昨年、バーチャルリアリティテクノロジー

2021年11月30日に高度人材教育に向けてONETECH ASIAはSAIGON HI-TECH PARKと提携

2021年11月30日に高度人材教育に向けてONETECH ASIAはSAIGON HI-TECH PARKと提携
News|2021.12.01

現在ベトナムへ投資国は韓国→日本→シンガポールの順であります。主に製造業界およびIT業界を中心に活動しております。 ベトナムでは発展のために高度人材が必要ですが、SAIGON HI-TECH PARK

2021年10月22日 (金)「バインミーバーバー 中目黒店」NEW OPEN

2021年10月22日 (金)「バインミーバーバー 中目黒店」NEW OPEN
News|2021.10.20

バインミーバーバーの4店舗目が東京の中目黒にNEWOPENしました。 コロナ禍の中苦しい状況が続きますが、”美味しさ”と”心地よさ”を徹底して お客様のからの支持もじわじわと増え続けています。 中目黒の駅から1分です。 お近くにきた際はぜひご賞味ください。

無料相談
お問い合わせ