20年までのメコンデルタ地方観光開発、カントー市とフーコック島に注力 20年までのメコンデルタ地方観光開発、カントー市とフーコック島に注力

2016.11.23
20年までのメコンデルタ地方観光開発、カントー市とフーコック島に注力

   グエン・スアン・フック首相はこのほど、「2020年までのメコンデルタ地方観光開発全体計画及び2030年までのビジョン」を承認した。同計画では、カントー市及びキエンザン省フーコック島を同地方の観光の中心地として開発していく。

 

   具体的には、ビーチリゾートや娯楽サービスといった主要商品のほか、河川の水上生活の体験型観光やエコツーリズム、文化遺産を活かした観光などの商品の開発を強化する。更に、コミュニティベースの観光や農村観光、MICE(会議・研修、招待旅行、国際会議・学術会議、展示会を含めたビジネスイベンツ)観光などを加えて商品を多様化する。

 

(C) VIETJO

 

   また、同地方内の観光開発だけでなく、東南部地方やホーチミン市ハノイ市、南中部沿岸地方ダナン市からの訪問客、及び西ヨーロッパや北米、北東アジアを中心とする外国人訪問客の誘致にも注力する。

 

 このほか、開発に注力する国立観光区は、◇トイソン(ティエンザン省ベンチェ省)、フーコック(キエンザン省)、ナムカン・カマウ岬(カマウ省)、チャムチム・ランセン(ロンアン省ドンタップ省)、サム山(アンザン省)の5か所となっている。

 

 同計画では、2020年までに同地方を訪れる外国人観光客数を350万人、国内観光客数を3050万人に引き上げるほか、2030年にはそれぞれ650万人、4550万人へと増やす方針。観光収入は、2020年に25兆VND(約1230億円)、2030年には111兆VND(約5500億円)へと増加する見通しだ。

 

Source: http://www.viet-jo.com/news/economy

 




ラムドン省で日本のトマト栽培に成功

News|2017.04.20

南中部高原地方ラムドン省バオロック市ロックガー村に住むマイ・タイン・ニャーさん(男性・48歳)は、種苗会社の株式会社サカタのタネ(神奈川県横浜市)の苗木を用いたトマトの栽培に成功した。

ダラット:ソメイヨシノの栽培に成功、開花時期も日本と同じ

News|2017.03.28

ダラット市で栽培されているこの桜も、日本と同じ時期に開花するという。

ダラット:日本のイチゴ栽培に成功、高価でも販売好調

News|2017.03.20

代表的な企業として、同市で日本の大粒イチゴを栽培しているクリエイト・スター(Creat Star)が挙げられる。

ベトナムEC市場、年平均+25%の高成長―4G普及で更に期待

News|2017.03.09

ベトナムにおける第4世代移動通信システム(4G)サービスの本格展開に伴い、国内の電子商取引(eコマース=EC)市場が大きく成長するとの期待が高まっている。

お問い合わせ