ハノイ市軍医大学病院で「囊胞(のうほう)性肺線維症」を患う6歳男児への生体肺移植手術に成功した。

" /> 岡山大学病院、ベトナムで男児への生体肺移植に成功―海外2例目

 岡山大学病院、ベトナムで男児への生体肺移植に成功―海外2例目 岡山大学病院、ベトナムで男児への生体肺移植に成功―海外2例目

2017.02.28
岡山大学病院、ベトナムで男児への生体肺移植に成功―海外2例目

 岡山大学病院の肺移植チームは21日、ハノイ市軍医大学病院で「囊胞(のうほう)性肺線維症」を患う6歳男児への生体肺移植手術に成功した。岡山大学病院の肺移植チームにとって、2011年にスリランカで初の肺移植を行って以来、海外での移植手術は今回が2例目となる。

 

 臓器移植医療センターの大藤剛宏教授らによる手術は、21日午前10時過ぎに始まり、約6時間半後に終了した。男児に人工心肺を取り付けて両肺を取り除き、並行してドナーの父と叔父からそれぞれ片方の肺の下部を摘出し、男児へ移植。男児の容体は安定しており、順調にいけば約2か月で退院できる見通しだ。

 

 「囊胞性肺線維症」は、肺に空洞ができて膿(うみ)がたまり、呼吸不全などを引き起こす難病。今回、岡山大学病院らの肺移植チーム計29人がベトナムへ渡航し、医療器具なども日本から持ち込んで手術が行われた。

 

 これに先立ち、同大学の教授らは2016年10月以降ベトナムに2回渡航し、男児を診察すると共に医療機関の設備などを確認。ベトナムからも医師と看護師が岡山大学病院を訪れ、肺移植を3例にわたり見学するなど、今回の手術に向けて準備が進められた。

 

 岡山大学病院の肺移植は、2017年2月現在で日本国内最多の164例に上っており、世界トップクラスの成功率を誇っている。

 

Source: http://www.viet-jo.com




ラムドン省で日本のトマト栽培に成功

News|2017.04.20

南中部高原地方ラムドン省バオロック市ロックガー村に住むマイ・タイン・ニャーさん(男性・48歳)は、種苗会社の株式会社サカタのタネ(神奈川県横浜市)の苗木を用いたトマトの栽培に成功した。

ダラット:ソメイヨシノの栽培に成功、開花時期も日本と同じ

News|2017.03.28

ダラット市で栽培されているこの桜も、日本と同じ時期に開花するという。

ダラット:日本のイチゴ栽培に成功、高価でも販売好調

News|2017.03.20

代表的な企業として、同市で日本の大粒イチゴを栽培しているクリエイト・スター(Creat Star)が挙げられる。

ベトナムEC市場、年平均+25%の高成長―4G普及で更に期待

News|2017.03.09

ベトナムにおける第4世代移動通信システム(4G)サービスの本格展開に伴い、国内の電子商取引(eコマース=EC)市場が大きく成長するとの期待が高まっている。

お問い合わせ