Top / 開発実績 / Webシステム開発 / MOTマーケティング_制作・共有_顧客分析アプリ開発

MOTマーケティング_制作・共有_顧客分析アプリ開発

MOTマーケティング_制作・共有_顧客分析アプリ開発
Data
内容

■MOTマーケティング_制作・共有_顧客分析アプリ開発

WebブラウザにてMOTサイクルの図を制作・共有できる顧客分析アプリを開発しました。
オンラインセミナーや会議においてMOT(決定的瞬間)サイクルの図式を
リアルタイムで編集と共有が行えます。
商品購入のプロセスを細分化し、プロセスごとに顧客分析が行えるサイクルを図式化することができます。

■クライアントの課題

アイデアを整理する場面において、
参加者全員が 意思統一 が図れない、情報共有ができていないなどの課題があり
情報をリアルタイムで共有できるツールを求められていました。

 

■MOTマーケティング_制作・共有_顧客分析アプリの特徴

主催者は、MOTサイクルのURLを発行し、参加者にWebで共有、リアルタイムに図を編集可能

 

■作業内容

Webフロントエンド開発
・会員登録
・会員ログイン
・サイクル登録・編集
・エクセルダウンロード
・ページ閲覧URL共有

サーバー開発
・API開発

■開発期間

開発期間
2020年9月から2020年12月
開発規模
4人月

■対応範囲

課題のヒヤリング
お客様より要件書をご提供いただき仕様把握いたしました。

要件定義
UIデザイン、API仕様書をクライアント様にて作成いただきました。

基本設計・詳細設計
API仕様書を提供いただき

コーディング
HTML,CSS,Javascript、PHPでコーディング作業

環境構築
開発環境をご提供の上、開発を行う

システムテスト
単体テスト、結合テスト

受入テスト
クライアント様が担当。

システム保守・運用
本番サーバーに移行作業を対応いたしました。

■対応技術

HTML,CSS,Javascript
PHP

※MOTサイクルとは
英語で「Moment of Truth」日本語に訳すと、「決定的瞬間」
顧客接点(お客様と向き合う接点)に着目して、お客様の商品購入のプロセスを細分化し、プロセスごとに顧客満足度を高めるためにお店側がどのような対応ができるかを図式したものです。元スカンジナビア航空の社長兼CEOのヤン・カールセンは彼の著書「Moment of Truth」の中で、「ひとりの従業員がひとりのお客様に接する”真実の瞬間”が、結局スカンジナビア航空の成功を左右するのである。その瞬間こそ私たちが顧客に、スカンジナビア航空が最良の選択だったと納得していただかなければならないときなのだ」としています。初対面の第一印象は非常に大事であると説いています。

 

■今後のアップデート

MOTサイクルの図を見やすくするため、引き続きアップデートしています。

 

■類似実績

音楽系アーティスト公式_ファンクラブ管理システム開発
チケット販売時などアクセスが集中します。高負荷なユーザーアクセスに耐えるサーバーを構築し、上流工程の設計フェーズから対応いたしました。

ONETECHは、Webサイトを始めさまざまなシステム開発、アプリ開発、ソフトウェア開発をベトナム オフショアで開発しています。

2015年から上場企業からスタートアップ企業までお客様60社様以上、200以上のアプリ、70以上のWebサイトに関わってきた豊富な開発実績があります。

実績一覧

物流業界向け大手運輸会社の専用端末の配達システムを開発 集荷登録から配達までJavaで開発しました。 配送システム特徴 配送拠点から配送先へ荷物が届いたら、配送先の一番近い地域で集荷情報があればその情報はドライバーへ通知が通知して集荷業務を実施する。

最近話題のShopify(ショッピファイ)のカスタマイズ案件です。Shopify(ショッピファイ)には様々な機能を追加できるアプリケーションが用意されています。今回はサブスクリプション機能をカスタマイズして追加しました。

不良分析システムと生産管理システムを連動し製品マスタの統一化製造業向け生産管理システム開発 製造業の製造工程の最適化を実現する管理システムの追加開発 VB.Net、Oracle12cで開発

イベント企画・演出から運営までトータルにプロデュースを行う企業様の コーポレートサイト制作をお手伝いさせていただきました。 イベント企画制作の企業様のコーポレートサイト開発の一部を担当 メールフォームの機能実装を弊社で対応いたしました。

小売業向けの基幹の販売管理システムの改修と軽減税率の対応をしました。稼働開始から10年以上経過した現行システムは運用上やシステム上において要望や改善事項 が多数発生していました。また2019年10月1日から実施される軽減税率の対策をする必要もあります。