Home / 開発実績 / ベトナム進出支援 / 【株式会社CAPA様】ベトナム駐在員事務所設立

【株式会社CAPA様】ベトナム駐在員事務所設立

【株式会社CAPA様】ベトナム駐在員事務所設立
data
内容

ベトナム駐在員事務所設立、エンジニア人材採用支援、先端技術研究開発、ベトナム進出をワンストップで提供

株式会社CAPA様の事例です。お取引先が建設業界が多くCADやBIMに強みのあるシステム会社様です。2019年4月に国家大学ホーチミン自然科学大学でジョブフェアに参加しました。AIエンジニア、UNITYエンジニアなど4名を採用することができました。また並行してベトナム駐在員事務所の設立もお手伝いしました。本格的にベトナムでの開発拠点作りをスタートしました。xR(VR、AR)、UNITY、AI、などの研究開発のベトナムオフショアラボ開発を取り組み新たな製品開発をされています。

 

ホーチミン自然科学大学のジョブフェア面接会で4名のエンジニアを採用を支援

2019年4月21日: ホーチミン自然科学大学のジョブフェアの参加
2019年4月21日: 面接会参加
※エンジニア:11人
※通訳者: 5人
2019年4月22日の週: 内定告知
エンジニア: 3名(AI、JAVA、UNITY)
ITコミュニケーター: 1名
2019年7月: ■ 社会人の2名が来日し東京・秋葉原で就業開始
■ 残り2名の大学4年生は卒業まで GROW UP JVの親会社のOneTech AsiaでIT・日本語・ビジネスマナーなどを研修を開始
2020年4月 ■ 残り2名が来日し東京秋葉原で就業開始

 

新卒の内定者はベトナムのONETECHでインターンシップ

内定者の2名は大学4年生でした。2019年10月卒業見込みで2020年1月以降来日予定です。内定を出した4月から翌年1月までONETECHでお預かりしてIT研修や語学研修などを行いました。

人材不足の解決のためにトップダウンで決断

日本では年々優秀なITエンジニアの採用が厳しくなっています。クライアントのDX(デジタルトランスフォーメーション)は確実に進み受注も順調ですがリソース不足のために仕事を断るケースも出てきている状態です。そこでベトナム人エンジニアの日本での雇用とベトナムで開発拠点作りを決断されました。トップの人事戦略決定で3年間はジョブフェアに参加すると内諾をいただきました。(現在はコロナで中断しています)

 

ベトナム駐在員事務所設立などを支援

ベトナム人エンジニア採用支援、ベトナム駐在員事務所の設立支援(登記)と管理、ラボ開発チーム構築(先端テクノロジー研究開発ライン)

 

課題をヒヤリングして先端テクノロジーの研究開発をオフショアラボで支援

ベトナム進出やエンジニア不足などをご支援していく中でお客様には課題がありました。既存の業務が忙しく新しい技術に関して提案ができていない状態ということでした。営業が取引先から「こんなことはできないか?この技術は使えないのか?」など要望を受けるがそれに応えられない状態だということでした。分野は建設業のxR関連が多かったのでオフショアラボ開発での研究開発を提案しました。営業がヒヤリングしたxR(VR、AR)、UNITY、AIなどの先端技術を使った研究を2ヶ月でカタチにしています。

 

ベトナム人エンジニアにもキャリアパスを中長期的な人事戦略、海外戦略

ベトナム人エンジニアを日本で雇用するだけでなく、数年後に帰国した時にはベトナムでも安心して働くことができる。日本を経験したエンジニアは会社にとって貴重な戦力になりエンジニアを確保できる。さらにベトナムだけでなく東南アジアをマーケットとして攻略していくという、株式会社CAPA様は中長期的にベトナムを活用した人事戦略、海外戦略を考えています。

ONETECHはベトナム進出をサポートします!

ONETECHベトナムオフショア 開発/ラボ型開発

ONETECHベトナムオフショア 開発/ラボ型開発

◆ベトナム進出ステップ

ステップ1 ラボ開発体制構築

御社開発スキルにあったエンジニアを採用します。
採用は面接会で行います。
ラボ契約なので、御社は開発に専念できます。
責任者候補(PM)、ブリッジ(BSE)などのキーマンを採用します。
この期間に、①プロジェクト管理、②バックオフィス関連業務の引き継ぎ
足りないリソース(PM、ブリッジ、プログラマー)はONETECHが提供することも可能です。
短期的に、日本人PMがベトナムへ、ベトナム人(PM,BSE)が日本へ出張しての教育も可能です。

 

ステップ2 駐在員事務所設立

オフィスはONETECHの近くもしくは同じビル、同じフロアをご提案します。
登記完了までは、3ヶ月間を見込んでください。

サービス 目的 費用 ポイント
駐在員事務所 開発拠点づくり 設立費用
33万円/初回のみ管理費用
2万円/月〜
・期間5年
・所長はOTAから選出可
・御社は常駐なし
・必要に応じて支社へ
・オフィスはOTA近郊
支社 開発拠点営業活動 設立費用
66万円/初回のみ管理費用
15万円/月〜
・代表者を複数たてるか、委任することで常駐はなし
・税務申告必要
・オフィスはONETECH近郊

 

ステップ3 自社マネジメントへ移行

ステップ1で採用した社員を御社社員として転籍。
バックオフィス関連業務を、内部か外部で実施するか検討し移管。
必要に応じて支社への昇格も検討

サービス 詳細 サービス 詳細
経営管理 ・定例MTG参加
・日本駐在員サポート(情報提供)
・各種経営情報提供、経営アドバイス
・B2Bマッチング等(紹介)
・専門家との通訳(バックオフィス関連)
・ベトナム管理者への教育
・人事・評価等のアドバイス
会計・税務・監査 ・月次・年次会計帳票(PL BS)まとめ
・決算書作成
・税務全般
・監査
総務・ITインフラ ・オフィス環境整備
・ネットワーク設定(インターネット、サーバ)
・PC、設備購入
・資産管理
法務 ・現地弁護士の紹介やアドバイス
・事案発生時対応/顧問契約の提案
経理 ・内部の経費管理
・領収書の取りまとめ
・給与計算と支払い、経費の支払い
・勤怠管理:出勤と退勤、残業の計算
人事・労務 ・現地の組織運営ノウハウの提供
・社員旅行や、各種パーティなどサポート
・社員評価基準のアドバイス
・労務、社会保険や所得税の申告
・人材採用

 

実績一覧

2017年1月ハウスメーカーのベトナム現地法人の設立支援をしました。ハウスメーカーの建築CAD業務のオフショア化を成功させました。現在では社内CAD業務はほぼ全て移管することができコストダウンと人材不足の解決に成功しました。

2016年7月ベトナム広告制作会社様の駐在員事務所の設立をしました。弊社代表のグエンラムタオが現地責任者となりました。この広告制作会社様はWEB開発、アプリ開発を多く手掛けています。特に最近はxR分野に力を入れている会社です。日本の地方都市に会社があり、エンジニアの人材不足に課題を持っておりました。

無料相談
お問い合わせ