Home / 開発実績 / R&D / 研究開発R&Dで開発したSTEAM向けVR脱出ゲーム

研究開発R&Dで開発したSTEAM向けVR脱出ゲーム

研究開発R&Dで開発したSTEAM向けVR脱出ゲーム
data
内容

◆自社研究開発で開発したSTEAM向けVR脱出ゲーム

以前あるクライアンとからアミューズメントパーク向けに5分くらいで遊べるゲームがあれば。。。
というヒントをいただきすぐにベトナムサイドにお願いして作ってもらいました。
(結局発注には至りませんでした)

ONETECHが開発した、VR脱出ゲーム。UNITYで開発、HTC VIVEのVRゲームプラットフォームSTEAMで公開

◆HTC VIVE対応のアプリをUNITYで開発

HTC VIVEを選択しました。UNITYで開発しました。
UNITYはゲームを開発するためのエンジンです。AR/VR開発に利用されています。
UNITYで開発するとマルチプラットフォームに対応できるのでVIVE以外にも例えばPC、スマホにもワンソースで対応可能です。ONETECHはスマホ向けUNITYゲームをたくさん作っていた実績がありましたので1カ月ほどで完成しました。

◆脱出ゲームのゲームバランス

脱出ゲームのゲームバランスは5分くらいでクリアできるということと、HTC VIVEをはじめて使うユーザーにもわかりやすくするという要件です。謎解きの難易度とクリア時間のバランスを弊社エンジニアが設計しました。

実績一覧

北海道科学大学の診療放射線学科 の「VR技術を応用した医療者向け教育ツール」のVRアプリの制作を担当しました。今回は、診療放射線機器の操作トレーニングをVRアプリで行います。デバイスは一体型VRヘッドセットのPico Neo2で、Unityで開発しアプリを実装しました。

「HOUSE DECOR」とは新しい住居を探す際にパソコン操作で住宅、マンションなど床や、壁紙の変更と見積もりができるステムです。家具のグレードと色を変更できる機能、ZOOMを登録しておくとハウスメーカーの営業担当とお客さまがオンライン面談できる機能を追加しました。

クライアント様のデバイス機器とAWSソリューションと連携してデバイス機器の操作やデータを取得してダッシュボードなど可視化する 企画の元、研究開発を一貫としてAWSのサーバー構成の設計・構築を対応いたしました。

AR技術のVPSの研究開発の一環としてVPSベースのマーカ不要のARアプリを開発しました。 VPSにより空間認識を正確に処理しマーカーレスで屋内の道順を案内できるARアプリです。 空間を認識した上で、道順を作成するコンテンツ作成機能も実装しました。

ONETECHはベトナムでVR(バーチャルリアリティ:仮想現実)空間でアバターでコミュニケーションができるバーチャルオフィスシステムを開発しています。 今回のアップデートで、実際のオフィスのようにエントランスからロビーを通り会議室に入室して会議ができるように更新しました。

無料相談
お問い合わせ