Home / 開発実績 / R&D / Amazon Chime、Lambdaでリモート営業支援アプリの研究開発

Amazon Chime、Lambdaでリモート営業支援アプリの研究開発

Amazon Chime、Lambdaでリモート営業支援アプリの研究開発
リモート営業支援
data
内容

■Amazon Chime SDK、Lambdaでリモート営業支援アプリの研究開発

リモート営業支援システム(WEB会議)を研究開発しました。
お店に来客したお客さはスタッフを呼び出してオンラインで通話できるシステムです。Amazon Chime SDK、Lambda、Web会議アプリをAWS上にサーバーレス構成で作成しました。

■クライアント課題

新型コロナウイルスの影響で高まる中で、スタッフが非接触でお客様へ問い合わせする必要性が生じています。
【対象機能】
・お客様からスタッフを呼び出し
・お客様とスタッフ間の動画通話

■Amazon Chimeとは

Amazon Chime は、会議、チャット、業務上の電話を行うことを可能にする通信サービスです。Amazon Chime SDK を使って、アプリケーションに音声通話、動画通話、画面共有機能を直接追加できます。

 

■作業内容

基本設計・詳細設計・POC

■開発期間

開発期間
2020年12月から2020年2月
開発規模
2人月

■対応範囲

課題のヒヤリング
依頼書をいただき仕様把握

POC開発
エンジニアが検証しながら実証可能か検証

コーディング

フレームワーク:AWS Chime/Lambda
プログラム:Java/Node.js

環境構築
開発環境を構築し開発

システムテスト
テストレポート・環境設定手順書を作成、納品

 

■対応技術

フレームワーク:AWS Chime, Lambda
プログラム:Java/Node.js

■類似実績

・住宅販売会社の業務管理アプリ(工事計画管理)
クライアント側はPC、スマホのブラウザで対応し、エンドユーザー側はiOS/Androidアプリで実装しました。クライアントの営業担当者とエンドユーザーがチャットでコミュニケーションができるというのが特徴のアプリです。

ONETECHは、業務システムを始めさまざまなシステム開発、アプリ開発、ソフトウェア開発をベトナム オフショアで開発しています。

返信を残す

実績一覧

ONETECHはベトナムでVR(バーチャルリアリティ:仮想現実)空間でアバターでコミュニケーションができるバーチャルオフィスシステムを開発しています。 今回のアップデートで、実際のオフィスのようにエントランスからロビーを通り会議室に入室して会議ができるように更新しました。

オンライン授業が進む集団塾向けのeラーニングシステムの性能改善をしました。講師と生徒はタブレットで授業をします。最大40人が使うシステムです。画像データをbase64へエンコードすることでデータ量を改善して読み込みスピードを改善しました。

ap Systems社の「Tap Strap(タップ・ストラップ)」はVR空間でもタイピングを行うことができる”ウェアラブルキーボード”です。Oculus Questでサポートされていない日本語入力にも研究開発して対応しました。

危険が伴う場所での遠隔測定、人員不足のために測定業務を自動化したいという課題でのお問い合わせありました。そこで弊社ではiPad ProやiPhone12より精度の高いIntel RealSense LiDAR Camera L515を利用して遠隔測定アプリケーションを作成する研究開発をしました。

デジタルツインの活用として、本アプリは作業者と遠隔地にいるエキスパートとリアルタイムで作業の状況を共有することができます。今回のアップデートでARマニュアル機能と、セブンセグメントのデジタル数値を認識する機能をアップデートしました。

無料相談
お問い合わせ