Home / 開発実績 / 3DCG制作 / スマートフォン用ゲームアプリ_バトルエフェクトCG制作

スマートフォン用ゲームアプリ_バトルエフェクトCG制作

スマートフォン用ゲームアプリ_バトルエフェクトCG制作
data
内容

■スマートフォン用ゲームアプリ_バトルエフェクトCG制作

スマーフォンの大人気RPGゲームアプリの戦闘シーンのバトルエフェクトを対応いたしました。
魔法発動時のエフェクトです。シルエット・要素・動きについては、弊社からご提案しながら内容を固めていきました。UNITYで対応しました。

 

■クライアントの課題

現在中国のオフショア外注先中心にアウトソーシングしているが
外注費の高騰やカントリーリスクを踏まえベトナムに外注先を増やしたい。
3DCG制作のリソース不足
3DCG制作のコスト削減をしたい

■制作時の注意事項

・カラーの割合イメージの定義
・今回は、エフェクトテイスト・クオリティラインのご説明資料をご提供いただき
そちらを元に理解を深めました。
・シルエット・要素・動きについては、弊社からご提案しながら内容を固めていく手法をとりました。

■バトルエフェクト制作期間

制作期間
2020年6月から2020年7月
規模
1人月

■対応範囲

1.仕様理解
下記の資料を提供いただき仕様理解を行いました。
・テイスト・クオリティライン資料
・制作ルール
・シェーダー一覧
・アセット命名規則
・エフェクト構造説明資料
・制作指示書

2.アニメーション・エフェクト
UNITYで制作しました。

3.プロジェクト管理
マスタースケジュールの提示後、弊社で詳細スケジュールを管理
品質管理者が作品レビューを行い品質をチェックの上、ご提出しました。
チェックバックは1回のみで納品することができました。

4.セキュリティ環境
クリエーターとの秘密保持契約を締結
入退室管理(指紋認証システム)

■使用ソフト

UNITY

※Shader(シェーダー)
対象物の表面の描画における陰影処理を行うプログラム
陰影をつけたり、表面の質感をつけたり、凹凸の設定をする等です。

■今後のアップデート

今後もキャラクターのバトルエフェクトが増やしていく予定です。

5Gの実現によりハイクオリティRPGが増えていき
ハイクオリティなCG制作の需要が高まっていくと期待しています。

ONTECHは、制作ノウハウを活かし様々なジャンルのCG制作を行います。

実績一覧

WEBブラウザで家具やソファーなどのインテリアのシミュレーションができるアプリケーション向けのコンテンツのCG制作 WEB向けですので家具一点あたり容量制限は200KB〜400KB 3Dモデルとノーマルマップがセットになった状態でfbx形式で納品。ソフトはMAYA、3DSMAXを使用

ある商品(消費財)のAI画像認識のための教師データ用のCGを制作しました。商品の現物を参考にしながら酷似したCGモデルを制作しました。CGモデルをUnityで様々な角度や陰影をつけた画像をAIの学習データとして抽出します。Unityのツールも開発しました。

ARアプリで利用する自動車の車両の外装およびパーツのリモデリングを実施MAYAデータをいただきクライアント指定のクォリティーとポリゴン数で制作一部のパーツには実際の写真からテクスチャリングを担当3DS MAXで制作

ゲーム会社の背景3DCG制作(オフショアラボ契約) 制作開始から3年後に配信されるオンラインゲームのバックグランド3DCG制作をラボ契約で実施 2年間で毎月10人の体制で制作

ARでショッピング体験できるサービスのアバターの3Dモデリングを対応いたしました。

無料相談
お問い合わせ